人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

泉涌寺塔頭の名刹「雲龍院」の魅力

2016-12-20 15:46:52 | 日記

京都散策の旅その3は、泉涌寺塔頭の「雲龍院」です。
「雲龍院(うんりゅういん)」は、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派の寺院で、泉涌寺別格本山。山号は瑠璃山、本尊は薬師如来。応安5年(1372)の創建で、開基は後光厳天皇。
この寺には皇族の位牌堂・霊明殿があるほか、豊臣秀吉建立の大仏殿の礎石、大石良雄(大石内蔵助)筆「龍淵」、大黒天立像(走り大黒天)、そして書院の「悟りの窓」など、見どころいっぱいで、誠に魅力溢れる名刹と言えます。
過去に何度も訪れてはいますが、近くに行けば必ずや導かれる京都お気に入りのスポットの一つです。

           < 京都市東山区 泉涌寺塔頭「雲龍院」 / 2016.12.17 >

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都「両足院」の若冲「雪梅... | トップ | 安城市歴史博物館での「若冲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。