人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

滋賀の西国観音札所・「長命寺」と「観音正寺」へ

2017-08-07 17:35:47 | 日記

滋賀県の巡拝・散策の旅その2は、西国観音霊場札所の「長命寺」と「観音正寺」の2ヶ寺を採り上げます。
この酷暑の中での古寺巡拝は相当な体力と気力が必要ですが、数百段に及ぶ階段や読経のわずか10分程度の間に顔に滴る汗との戦いなど、修業を超えるものがあります。しかしそれはそれとして、この時期故に味わえる貴重なる体験と言えましょう。


 

 

            

 

 * ↑(4件) 西国三十三所観音霊場第31番札所 「長命寺」

「長命寺(ちょうめいじ)」は、滋賀県近江八幡市にある天台宗単立の寺院で、山号はいきや山、本尊は千手十一面聖観世音菩薩。推古天皇27年(619)の創建で、開基は聖徳太子。西国三十三所観音霊場第31番札所。
この寺は琵琶湖湖岸からの808段に及ぶ石段があり、今は車で途中まで行けるものの、かっては西国札所難所の一つ。古くより長寿健康の石段と言われるものです。
室町時代建立の本堂や江戸初期建立の護摩堂とともに、慶長2年(1597)建立の三重塔が威厳ある境内の雰囲気を大いに高めています。

 

 

 

 

 

 * ↑(4件) 西国三十三所観音霊場第32番札所 「観音正寺」

「観音正寺(かんのんしょうじ)」は、滋賀県蒲生郡安土町にある天台宗単立の寺院で、山号は繖山、本尊は千手千眼観世音菩薩。推古天皇13年(605)の創建で、開基は聖徳太子。西国三十三所観音霊場第32番札所。
この寺は433mの繖山の山頂近く、中世から戦国にかけての山城跡にあり、かってはここも西国難所の一つ。今では境内近くまで車で行け大変便利になった寺です。
平成5年の火災で本堂と共に本尊千手観世音菩薩が焼亡したものの、平成16年に白檀寄木造の本尊が開眼、柔和な面持ちで迎えてくれます。

      < 滋賀県地区参拝・散策の旅その2 「長命寺」と「観音正寺」 / 2017.8.3 >

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹生島にある湖上の札所・西... | トップ | 守山市の「第一なぎさ公園」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。