読書な日々

読書をはじめとする日々の雑感

『憂い顔の「星の王子さま」』

2017年06月02日 | 評論
加藤晴久『憂い顔の「星の王子さま」』(書肆心水、2007年)

サン=テグジュペリの『星の王子さま』は2005年に独占的出版権が切れて、それまで岩波書店の内藤濯訳だけだったのが、続々と翻訳本が出版された。この時点で13本もあったという。内藤濯訳の誤訳を中心に、これらの後継翻訳本のすべての誤訳を検討して、書いたのが、この本だということだ。

私も、少し前に加藤恭子の『星の王子さまをフランス語で読む』を読んだのがきっかけで、『星の王子さま』を少しずつ読んで、自分なりの感想を書いたりしたことがあったが、この時に指摘した、加藤恭子の説明の間違いが、当たり前のことだが、この本でも136~140ページで指摘されている。

上の本については、こちら
私自身による読みの試みについては、(1)(2)(3)(4)

ただ、だれがこのreflexionsの主なのかという問題は、やはり難しいようだ。前後の関係から星の王子さまであると書いているが、ではなぜきちんと所有形容詞を明記しなかったのかと問われば、実際にreflexionsの前に所有形容詞を明記している場合もいくつかあり、理由を説明することは難しいという。

私はフランス語で読むのを途中でやめてしまったが、昨日知り合いのフランス語の先生に話してみたところ、この先生も授業で『星の王子さま』をフランス語で読み通したが、解釈が難しいところがたくさんあったと言っていた。

自信があるのなら自分で翻訳を出すのもいいが、自信のないところがあるのなら、翻訳本など出すべきではない。どう見ても、そういうことを考えもしないで分からないところは「意訳」すればいいやみたいな調子で出している本が多いというのが、この著者の批判である。
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『まわり舞台の上で荒木一郎』 | トップ | 『walk in closet』 »
最近の画像もっと見る

評論」カテゴリの最新記事