読書な日々

読書をはじめとする日々の雑感

金剛山ハイキング

2017年05月20日 | 日々の雑感
金剛山ハイキング

高野山町石道登頂練習ハイキング第一弾として金剛山に上がった。

8時15分のバスで河内長野駅前を出発して30分で登山口に到着。そこからほぼずっと急登の正面登山道を上がること1時間10分、10時すぎに社務所前に到着。ゆっくり歩くを心がけたおかげか、それほどしんどい思いをすることもなかった。というか、わりと楽に上がった。

社務所前には、南海バスのバス停にある時刻表の塔があり、一瞬、ここまで南海バスがくるのかなと勘違い。よく見ると(バスは来ません)と書いてある。

今日は山登りだけが目的ではないので、すぐに下山コースに進む。同じ道を下りるのではなくて、ロープウェー駅のほうへ下りるコースだ。こちらはしばらくは山の稜線を歩くかんじで、ゆるやかに下って、途中から一気に下りる。

もともと車が通れるようになっている道なので、急だが舗装がしてある。ちょうど高野山町石道の最初の急坂みたい。下りのほうが足が疲れてきた。1時間くらいでロープウェー乗り場まで下りてくる。そこから車道をしばらく歩いて、マス釣り場に着く。

金剛山にはあちこちにマス釣り場があるが、その一番高いところにあるもの。ここでは、マスの塩焼きが食べれる。今日のもう一つの目的がこれ。


マスの塩焼き定食を注文する。マスの塩焼き、ご飯、お吸い物(味噌汁ではない)、フキの佃煮、こんにゃくのマヨネーズあえで1000円。マスは意外と蛋白で、たっぷりと塩が付いているが、それほど塩辛くなくて、いいお味だった。

13時2分のバスで河内長野駅に到着。帰宅して昼寝した。
ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『「レ・ミゼラブル」を読む』 | トップ | こんな国に未来はない »
最近の画像もっと見る

あわせて読む