読書な日々

読書をはじめとする日々の雑感

一年ぶりの天野街道

2016年10月14日 | 日々の雑感
一年ぶりの天野街道

一年ぶりに上さんと天野街道ハイキングに行った。曇り空の下、8時過ぎに出発。まだ気温は上がっていない。20度くらいだろうか。でもすぐに汗が出て来るので、上着を脱いだり、また冷えてくると着たりで、調子が悪い。

どうも調子が悪いので、最初は風邪気味なんだろうかと思ったが、考えてみると、時間的にも糖分を補給する頃だなと思い、アメちゃんを舐めてみる。するとちょっと元気が戻ってきた。どうも糖分が足りなくなっていたためにしんどかったみたい。

ちょっと晴れてきて、体も温まり始めて、コース的にも、アケビが見られる場所になる。あるある、あちこちにぶら下がっているが、今年は夏が暑かったせいか、もうほとんどが口を開いて、中身もすっかりなくなっている。残念。それに今年は棒とかを使っても手の届くところにないので、一つも収穫できなかった。

足は痛くなったが、気持ちは心地よい疲れのなか、やっと金剛寺に着いた。2時間45分くらいで到着。11時20分のバスで河内長野市ラブリー・ホールに行き、ケーズキッチンでランチをして帰った。

過去の天野街道ハイキング
2015年はこちら
2014年はこちら

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『仁義なき宅配』 | トップ | なんという奇遇 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む