goo

「一帯一路」は人類の希望

一帯一路」は人類の希望

 この14日と15日、中国北京で「一帯一路」国際協力サミットが開かれた。

 このサミットには国連事務総長ら70を超える国際機関代表団、130を超える国の代表(うち29か国は首脳クラス)、総勢1500人が参加した。
(首脳が参加した国・・・アルゼンチン、ベラルーシ、チリ、チェコ、インドネシア、カザフスタン、ケニア、ラオス、フィリピン、ロシア、スイス、トルコ、ウズベキスタン、ベトナム、カンボジア、エチオピア、フィジー、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パキスタン、ポーランド、セルビア、スペイン、スリランカ、キルギス)

 「一帯一路」というのは、ユーラシア大陸の東の果てから西の果てまで、陸と海の道に沿って、巨大な経済ベルトを建設しようという構想だ。これは2013年に中国の習近平主席がみずから提案し、すでに3年あまりの実績を積み上げてきた。

 いまや大陸横断鉄道はいくつものルートが完成し、中国の各地とヨーロッパの各地を結ぶ大経済動脈ができつつある。中国と東南アジアを結ぶ鉄道網も建設ラッシュ。パキスタンの港湾と中国内陸部が鉄道で結ばれ、中国内陸部とヨーロッパの輸送路は80%も短くなった。
今年の1月18日には、中国東部の町浙江省義烏市を出発した貨物列車が、18日間かけてイギリスのロンドンに到着した。12000キロを走破した。

(ロイター/Stefan Wermuth)

 列車は途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランド、ドイツ、ベルギー、フランスを経由。英仏海峡トンネルを経てロンドンに到着した。

 中国が2013年から始めた「一帯一路」構想の一環として、同国と鉄道網で結ばれた欧州の都市は、ロンドンが15カ所目となる。海の道も各地で港湾建設が進む。

 習近平氏はサミットの開幕式に出席して、基調演説を行った。彼は「一帯一路」建設の基本的な考え方について次のように述べた。
「この4年間で、世界の100以上の国と国際組織が『一帯一路』構築を積極的に支持し、参加した。国連総会や国連安全保障理事会などの重要決議にも、『一帯一路』構築の内容が盛り込まれた。『一帯一路』構築は徐々に理念から行動へ、ビジョンから現実へと変わり、実り多い成果を上げている」。 彼は、「一帯一路」を建設するにあたり、五点に関して意見をのべた。
(1)「一帯一路」を平和の道に。
(2)「一帯一路」を繁栄の道に。
(3)「一帯一路」を開放の道に。
(4)「一帯一路」を革新の道に。
(5)「一帯一路」を文明の道に。

 とくに、一点目の「平和の道に」では、各国は互いの主権、尊厳、領土保全を尊重し、互いの発展路線と社会制度を尊重し、互いの核心利益と重大な関心を尊重しなければならない。と述べた。(以上、詳しくは「北京週報」検索)

 これは、TPPなどとは明らかに違う。 TPPには多国籍企業が、企業立地国の制度が不公平だとして立地国政府を訴えることができる条項があり帝国主義的な性質は明らかだ。

 中国はこれまでの各国との通商の実務の中で、意見の違いはあっても、対等の立場で議論によって解決するという原則を貫いており、それが大きな信頼を勝ち得ている理由である。

 習近平氏がかかげる原則は、第二次世界大戦後、帝国主義から解放されたアジア・アフリカの振興独立国が1955年4月18日、インドネシアのバンドンに集まって確認した平和10原則を土台にしている。

平和10原則
1.基本的人権と国連憲章の趣旨と原則を尊重する。
2.全ての国の主権と領土保全を尊重する。
3.全ての人類の平等と大小全ての国の平等を承認する。
4.他国の内政に干渉しない。
5.国連憲章による単独または集団的な自国防衛権を尊重する。
6.集団的防衛を大国の特定の利益のために利用しない。また、いかなる国も他国に圧力を加えない。
7.侵略または侵略の脅威・武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立をおかさない。
8.国際紛争は平和的手段によって解決する。
9.相互の利益と協力を促進する。
10.正義と国際義務を尊重する。

 これは戦後の非同盟運動の基本精神となったものだが、「一帯一路」はこの精神を具体的に体現し、発展させようという試みともいえる。

 今回面白いのは、東南アジアの国がこぞって首脳クラスが参加したこと。安倍首相が一生懸命に「外遊」して作ろうとしていた対中国包囲網は、誰にも相手にされていないことは明らかだ。それで日本だけが孤立してはいけないということで、直前になってあわてて自民党の二階幹事長、経団連の榊原会長らが参加を決めた。今井尚哉(いまいたかや)首相秘書官も現地を訪れている。(今井尚哉は、安倍の側近中の側近。「一億総活躍社会」「アベノミクス」「新三本の矢」という言葉も発案。元通産事務次官の今井善衛はおじ。今井敬・元経団連会長もおじ。安倍家と今井家は縁戚関係。「安倍の耳元でささやき続ける男」「安倍を影であやつる男」と言われる。)今井が行っているということは、現地に指揮所があるのと同じで、日本のあわてぶりがわかる。

 さらに韓国も朝鮮も代表を送っていることは注目だ。何らかの接触があるのかないのか? 

 そしてチリ、アルゼンチンなど南米の国も参加している。これは世界的な経済のわくぐみを大きく変える可能性を秘めているということだろう。安倍を早く辞めさせて、しっかりとこの流れに参加することが、日本の平和と繁栄の道であると思う。         
(いんば)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 安倍政権、中...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。