dd-cubeを共に造りましょう

希望に満ちた、夢の、世界に1つだけの、環境を配慮した、家を建てる
外断熱住宅 HOME建設の代表 二戸 堅一のブログ

地盤調査結果

2009年03月29日 08時52分22秒 | 工事状況
船橋市T様邸地盤調査

3月26日にジャパンホームシールド㈱にて地盤調査を5ポイント行いました。



造成地で約1mの盛土をしているので、盛土部分がちょっと心配でしたが、

造成から1年経っていたことと、造成会社が建築も行っている会社だったので

安心はしておりました。

調査結果は5ポイントすべてN値3以上でした。

地盤改良は必要なくベタ基礎の判定が出ました。

これが、造成後すぐの調査だったら地盤改良の判定が出ていたかもしれません。

お客様にとっては余計な費用が掛からず、本当によかったです。

地盤改良が必要と判定が出れば、約100万円の出費になってしまいますから

大変です。

 土地選びは本当に大切です、不動産やお客さんは見えるところ価格や環境

だけで判断しがちですが、見えない部分の地盤や、水道、下水、造成などに、

多額の費用が掛かってしまっては、安い買い物も高い買い物になってしまいます。

土地選びの際は不動産だけではなく、実際に工事を行う建築会社と共に土地

探しを行うのが、最高の土地選びにつながるでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

T様邸 地祭り

2009年03月25日 08時21分34秒 | 工事状況
いよいよ着工ですね。

 去年の8月にご契約をしてから、何度も足を運んでいただきお打合せをかさね、

1月にはお子さんが生まれ「おめでとうございます」、2ヶ月間打合せが出来ませんでしたが

昨日すべての打合せが終わりました。約7ヶ月間お疲れ様でした。


3月24日(火)大安、AM10:00から地祭り

 朝起きたらあいにくの雨、天気予報では9時ごろには上がるという予報でしたが、

9時30分になっても止みません、現場で待機していたら鳶さんから電話が入り

「申しわけございません、渋滞の為15分ほど遅れます。」10時になっても雨は止まず、

「まいったなー」と思いながら鳶さんの到着を待っておりました。鳶さんが到着して

竹を立てて縄をはり準備完了、さあ始めようと思った時には雨が上がり、テントを

用意していたのですが使わずに行うことが出来ました。



建築地盤には最高の『雨降って地固まる』ですね。

T様 地祭り おめでとうございます。

明日は地盤調査をジャパンホームシールド㈱にて行います。

 T様はお子さんも生まれ、打合せも終わり、早く引っ越したいという気持ちで一杯に

なってきました。当社としても1日でも早く引渡しが出来るように、確実な工程表を作り

工事を進めて行きたいと思っております。

でもオープンハウスの予定は入れさせて下さい。

大工さん、業者の皆さんご協力よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土地のご契約おめでとうございます。

2009年03月21日 09時02分12秒 | Weblog
H様、S・K様、土地の契約、決済おめでとうございます。

 お客様のライフスタイルにあった土地を色々ご提案させて頂き、その度になんども

足を運んで、決断、S・K様は契約、H様は決済、本当におめでとうございます。

これからは共に、本当の家造りをして行きましょう。

 昨日は、S・K様のご自宅にお伺いして来ました。新居へ持ち込みたい家具や祖父の

趣味だった陶芸品、お父様の手作りの家具や趣味だった水彩画、庭には灯籠や梅など

の樹木がたくさんありました。

お客様の思い出を確認する為にお伺いさせて頂いたのです。

今まではラフプランのご提案でしたが、これからは本当の家造りを、お客様の思い出を

取り入れながらプランニングして行きたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い

致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高気密・高断熱で耐震等級3

2009年03月12日 20時15分30秒 | 家とは

トステム東京ショールーム

トステムショールーム東京

先週行く予定だったのですが、急な用事が入ってしまい昨日、トステムの

ショールームに行って来ました。商品入替の為に工事中(休刊日)だったの

ですが私の為に、SW工法事業部の中川様、小田切様、当社担当の広田様

ありがとうございました。

スーパーウォール工法(SW)についてとても詳しく説明をしていただき、断熱・気密・

耐震がすぐれている工法だと言うことがよくわかりました。




スクリーンでの説明も解りやすかったのですが、お客様にとっては実物の見学

や体感によって理解がえられると思いました。

SWは内断熱、
dd-cubeは外断熱ですが、工法は違っても高断熱・高気密・耐震の

3点はこれからの住宅には絶対に欠かせないと再確認出来ました。

dd-cubeの断熱・気密はSWとほぼ同じで、光熱費の平均が約2万円/月です。

耐震については今後、トステム21世紀住宅研究所の
スーパーストロング構造体にて

耐震等級3を取得できます。

これからも、
dd-cubeは高断熱・高気密・耐震そして design dream をかたちに

していきます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家が人を病気にする

2009年03月10日 11時47分17秒 | 家とは

健康な住まいを手に入れる本(コモンズ)より 
















第1章 家が人を病気にする

 執筆者の寺澤政彦様は仙台市で診療所を開いており1990年頃から家が原因の患者さんが増えてきたことに気付かれたようです。

それは、乳幼児期(3歳以下)のアトピー性皮膚炎が食事を改善してもよくならなくなってきたからです。ちょうどそのころ、次のようなケースを経験したそうです。

・新築の家に引っ越したり、畳替えをしてから、湿疹が悪化した。
・山形から盛岡に引っ越したら、食物アレルギーがよくなった。
・仙台の家に居る時は大豆や小麦にも反応して湿疹が悪化するのに、九州の実家に帰るとアレルギー症状が出ない。

 寺澤先生が色々調べてたどりついたのが建物の内部にひそむ化学物質の影響でした。現在は平成15年7月の建築基準法改正により第28条の2【居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置】にてクロルピリホス及びホルムアルデヒドの2物質について最低基準を定められております。ということは、平成15年7月以前の建物は危ない・・・!

 この本には寺澤先生が経験した、家が原因の症状がいろいろ書かれております。

・新築住宅に入居後、数日でひどい下痢に襲われた。
・ぜんそくが悪化して失神、じんましんに悩まされつづける。
・合格祝いの改装がアダに。
・塗料が原因で湿疹が悪化、激しいせきや嘔吐。
・新築のせいで離婚・・・!
・ひどい熱とせきの原因は防虫剤だった。
・安全な材料で新築したらアトピーが治った。
など様々な実例が記載されております。

 健康な暮らしには住環境が大切だということがわかります。

こんな症状の人は要注意だそうです。

・室内より屋外にいるほうが気分が良い。
・キャンプや旅行、あるいは入院のときなどに体調がよくなる。
・花粉症、ぜんそく、湿疹、頭痛、筋肉痛、疲労感、関節痛、ふさいだ気分、イライラなどの症状が、家や建物を出て数時間から数日で消える。戻ると、数分から数時間で症状が再発する。
・一年中で室内に居る時間がもっとも長い冬に、さまざまな症状が悪化する。屋外で過ごす時間が長い夏は、調子がよい。
このような症状の人は家や職場の建物を疑ってみたほうがよいということです。

 今は温暖化CO2削減と言われており、気密・断熱性をたかめて光熱費をおさえるという外断熱工法がやっと増えてきており、当社は設立から外断熱を基本仕様にしております。
気密性がよいということは、換気設備を設けるのはもちろんのこと、設計のときには空気の循環も考慮しながら吹抜けを設けるなどして、健康で環境にやさしい住まいを築いていきたいと考えております。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建て替えそれとも土地から

2009年03月03日 10時58分36秒 | Weblog
現地を見てからのご提案

前回の内覧会に来ていただいたS様は建替えるか?土地からか?

悩んでおられました。

内覧会の時は、たくさんのお客様が来てじっくりとお話が出来なかったので、

再来場していただき、色々な話をしながらお客様のライフスタイルや今後の

ライフプランなどをうかがいました。

今現在の土地は南角地で日当たりが最高、静かな場所で、地盤もよい地域の

土地です。建替えるには最高の条件だと思いながら現地を見てきました。

プランを考え始めると・・・、土地の大きさが38坪、50・100% 希望のプランを

入れるには土地が狭い、寝ている間も頭の中でプランが浮かんできます。

一つのプランが出来たので事務所に来ていただき見てもらいました。

プランを見ていただくとまた新たな思いが出てきます。

資金計画を考えると建て替えがいいのかな?

ライフスタイルを考えると土地からがいいのかな?

どちらに決断しても、今後もお客様だけの最高の間取りを造り上げます。

同時進行で、今の土地を売って新たに土地探しもご提案をしております。

お客様のライフスタイル、ライフプランにあった土地、通勤やお子様のこと、

お買い物、病院、地盤などを考えながら現地を見てから土地のご提案も

してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加