日刊真琴コール!

アイスリボン所属のプロレスラー真琴選手について日々思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレゼントなにかな

2006-10-05 | さくらからお知らせ
このブログを書いているさくらです。
真琴に入浴剤と手紙をいただきました。

「…お体に気をつけ(?)これからも…」←この?が気になりました。なんだ?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日刊真琴コール!のコメント欄にありました質問にお答えします

2006-10-01 | さくらからお知らせ
真琴観察ブログ「日刊真琴コール!http://blog.goo.ne.jp/nitimako/」の『メカマミーVS真琴決定!』のコメント欄に質問がありましたので、お答えします。
さくらは普段モバイルでしかサイトをみておらず、過去の記事に対するコメント投稿に目を通すことを頻繁に行っていません。
ほかの方にも同様の疑問があるかと思いこちらでお答えします。
コピーがモバイルでできませんので、お手数ですが、質問内容は「日マコ」のコメント欄をご覧下さい。


まずアイスリボンですが、プロレスラーを主体としたアクションチームです。
様々な団体のプロレスラーに出場していただいています。その中で、プロレスデビューしていない、アイスリボンにしか出場しない選手もいます。

りほ、真琴、ホノ、牧場みのりの4名です。
りほは我闘姑娘の聖菜の妹で、うみ☆きっずとして体操に参加しています。
ホノも同じくうみ☆きっずになります。

先日9月17日ネオさんの後楽園大会で、りほ&真琴がプロレスデビューしましたが、所属はアイスリボンとなっています。
彼女たちはずっとアイスリボン所属ではなく、プロレスデビューするとすれば(今のところ我闘姑娘の可能性が高いのですが)ゆくゆくはどこかの団体へ移籍する形になるかと思います。
アイスリボンで色々な団体の選手とふれあううちに、我闘姑娘だけでなく様々な選択肢の中から選ぶことになると思います。

りほ&真琴については9月17日のデビューを想定しておらず、9月24日我闘姑娘がシーズンラストマッチで全カードもが発表済みということもあり、試合を組むことができませんでしたので、所属はそのままアイスリボンとなっております。

シーズン3のはじまりに移籍になるかもしれませんし、アイスリボン所属のままになるかもしれませんし、我闘姑娘自体のシステムがかわるかもわかりませんので、まだなんともいえない状況となっています。
我闘姑娘のリングは純血メンバーでやっていきたいと、さくらえみは考えてきましたが、私の一存ですべてを決定しているわけではありませんので、今後どうなるか未定です。彼女たちが我闘姑娘所属となり我闘姑娘のリングに上がるのか、アイスリボンからの参戦という形になるのか、我闘姑娘では試合をしないのかはこれから決まっていくと思います。

我闘姑娘では今年に入ってから選手が退団することがありました。せっかくデビューしても続けることができないのであれば、また退団者がでてしまうというイメージの問題もあり、契約に慎重になっています。
また我闘姑娘とアイスリボンの各種問い合わせについても対応先が別になっています。
スタッフの人数が少ない我闘姑娘にご迷惑をおかけしたくありません。アイスリボン、アイスリボン4選手に関してのお問い合わせは→iceribbon@mail.goo.ne.jpまでお願い致します。


またアイスリボン所属の真琴&牧場みのりが我闘姑娘のもぎりやセコンドをやっていることに関しては、単に人手不足の為にお願いしています。
また本人たちの勉強の場とさせていただいています。


また、アイスリボンのポスターが我闘姑娘のあおい&あいかであることに関してですが、ポスターをつくる際に参戦される選手のポスターへの写真使用の許可をいただいています。たまたま制服でふたりの写真を撮る機会があり、その写真がイメージに合ったため提供していただき使用しています。
今回はふたりですが、次は木村&あおいになるかもしれませんし、イラストになるかもしれませんし、真琴になるかもしれませんし、全く関係ない写真になるかもしれません。使用できる素材のなかから良いものを選ばせていただきました。


またマスコミさんの扱いについてですが…これは非常に言いづらいです。
基本的にすべてのことに目を通すことは不可能なため、耳に入って来た場合のよっぽど困ること(日程や時間など)以外については、こちらから訂正はお願いしていません。
試合結果や、途中経過、技名に関して正確さを求めるのは当たり前のことだとは思います。
ただ、なんといっていいかわかりませんが、その数はとても多くいちいち事細かに指摘することは…、そこまでこだわりマスコミさんとの関係をギスギスさせたくないとの思いもあります。
ファンのみなさまを第1に考えたいです。でもマスコミさんがいてみなさまに情報をお伝えできるので、ちいさなこだわりは他でフォローできるようにもしていきたいとおもっています。

我闘姑娘、アイスリボンに関しては取材していただけるだけでありがたいという気持ちもあります。
ではマスコミの責任とはと思われるかも知れませんが、団体とマスコミさんで協力し合いながらみなさまに少しでもプロレスを楽しんでいただきたいと思う気持ちは一緒ですので、よりよく改善していきたい気持ちはつねに持っています。



長くなりましたが、みなさまの疑問に少しでもお答えすることができましたでしょうか。

今後もみなさまと一緒に我闘姑娘、アイスリボンの楽しさを共有していけるように努めていきたいと思います。


さくらえみ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめに

2006-09-26 | さくらからお知らせ
こんにちは。さくらえみです。
「日刊真琴コール!」の書き手です。
このブログでは、さくらえみからみたプロレスラー真琴選手を綴っていきます。
アイスリボン所属の、まだ小さい小さい存在の真琴選手をみなさんに知っていただけたらなと思います。

さくらえみについては、我闘姑娘旋風曲や、ミクシィを読んでいただければどんな人物かわかっていただけるかと思います。

文中では真琴選手のことは「真琴」と呼び捨てにさせていただきます。
コメントに真琴選手からのレスがつくことはありませんが、真琴選手はすべて読んでくれていると思います。また中傷や批判等、さくらの判断でお断りなく削除させていただく場合があります。ご了承ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加