日常のいろは歌

日常の様々なことをありのままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議な魅力の高杉晋作

2017-03-06 21:39:55 | 歴史
▼高杉晋作の本を1冊読み終わりました。
幕末を代表する志士ではあるけど、結局何がその魅力なのか、知ってるようで曖昧だったので、生い立ちからじっくり追ってみようと思ったのが動機です。

▼高杉晋作は大政奉還の半年前に亡くなっており、明治新政府の国家体制作りにそこまで影響を与えていません。
薩長盟約も賛成だったようですが、あまり薩摩藩を重要視していた訳ではないみたいで、関心は薄い。
京都にいた時間もあまり多くなく、京都での激動の政局にそこまで関与してはいません。

▼では何がすごいのか、当時の時代背景から人間関係、置かれた環境などを考慮してもっと深く考える必要があります。
ただ現時点で思うことは、功山寺挙兵から藩内内戦への勝利、藩論の転換、ここが晋作の決定的にすごいところです。
功山寺挙兵、自らが初代総管の奇兵隊を始め諸隊幹部は決起反対の姿勢で晋作について来ず、有志のわずか数十人での決起でした。
しかし、晋作が具体的行動を起こし、数々の成功を収めていくにつれ諸隊も晋作につくようになり、それが藩内内戦の勝利に繋がりました。

▼最初の功山寺挙兵はあのタイミングでなければ成功しなかっただろうし、さらに晋作でなければ成し遂げられなかったでしょう。
あのまま誰も動かなければ長州藩の藩論は変わることなく、少なくとも四境戦争には敗北を喫していたでしょう。戦わずに頭を下げ、領地替えがあったかもしれません。
仮に晋作以外の誰かがその後決起しても、1年遅れれば動乱の幕末では他藩に遅れを取り、存在感が薄れていたのは間違いありません。
こう考えていくと、高杉晋作の果てしない行動力は、確かに日本を変えたのです。

▼読んだ本に晋作の行動の根っこが分かるエピソードがありました。
功山寺挙兵の後、藩の俗論派(保守派)と晋作らの正義派(武備恭順派)がぶつかった大田・絵堂の戦いの時です。
井上馨は晋作の同志として共に藩の本隊と戦っていましたが、実はその反逆行為に真剣に悩み、もし世子公(次期藩主)が俗論派の側から出馬すれば、馬前で諫言して切腹するしかないと進軍をためらっていました。
ここで晋作は迷うことなくこう言ったのです。

▼非常時に議論に明け暮れ、書物の勉強に熱中し、いたずらに理屈をこねるのは大馬鹿者であり、かえって「不忠不義」となる。「口舌之忠義」でなく、「実地之忠義」を尽くすのは今この時をおいてない。世子公の出馬が本当ならば、これをむしろ絶好の機会として受け止め、周囲に従う兵士をすべて打ち倒して、世子公を我が陣営に主君として迎え入れれば宜しいではないか。


▼まさに晋作の行動原理を表していますね。
口舌の徒となるのではなく、行動の人たらんとする。
正しいと信じることは行動に移してこそ、忠義となり、後からでも理解して付いてきてくれるが必ずいる。
吉田松陰先生の影響も見て取れます。

▼個人的には、もっと現実的に行動して実利を上げていった桂小五郎、大久保利通、広沢真臣、西郷隆盛らが幕末のキーパーソンだと思います。
それでも、他の追随を許さない高杉晋作の天才的な行動力は、志士の中でも不思議な魅力を放っています。
もっといい面も悪い面も含めて、高杉晋作のことが知りたくなってしまいました。
あぁ、すでに立派なファンになっちゃった…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東行4日目!!!! 鎮魂の場所 | トップ | 萩藩校明倫館 剣槍稽古場 他... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。