にすぎのコンサル日記

飲食店繁盛のコツを日々掲載!

1拠点あたりの収益最大化はこれからの飲食店経営のセンターピン

2018-01-13 23:18:50 | 繁盛のコツ
新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、 今後、日本の国内市場は人口減少に伴い、立地格差が生まれます。 すでに地方ではその傾向が顕著になっており、 人口減少による市場規模減少と、 人口減少による労働力減少のダブルパンチがその要因です。 そんな中、飲食店経営の戦略的視点では、 【どこで商売をするのか?】 という視点は非常に重要になります。 . . . 本文を読む
コメント

「どう高く売るか!?」のワナ

2017-12-24 13:13:08 | 繁盛のコツ
いま、多くの飲食店では「上昇するコストをどう価格転嫁するか!?」という議論がされている。 しかし、これに関しては短期的な目線では「収益の確保」に繋がるかもしれないが、 長期的な目線で見たときに果たして業績につながっていくのか!?という目線ではかなり懐疑的な部分がある。 (インフレトレンド下にある中国マーケットなどはこの視点は非常に重要である) 大切なことは ①顧客が持続的に満足す . . . 本文を読む
コメント

顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)の最大化

2017-12-13 11:18:49 | 繁盛のコツ
この週末、当社の社員研修で3日間上海へ行ってきました。 いつも上海へは仕事でよく行きますが、 空港とオフィス、クライアント先等を行ったり来たりです。 今回は、 ゆっくりと講演を聞かせていただいたり、街中を巡ってみたり、バス内でガイドさんに市民生活について解説いただいたりと、 いつもと違う非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。 いつもと違う動きでしたので、色々な気付きや学びがあ . . . 本文を読む
コメント

イノベーションは「スピーディーな共同作業」が鍵となる

2017-11-29 15:07:05 | 繁盛のコツ
1年前にシリコンバレーのグーグル本社におじゃました際に、 「イノベーションはスピーディーな共同作業が鍵となる」と教えていただいた。 この言葉が非常に真を得ていて事あるごとにこの言葉を思い出します。 イノベーション=「革新」と訳すとなんだか大そうに聞こえるかもしれないが、経営における「発展」や「発達」といった言葉に置き換えてみてもいいと思います。 つまり、「現状よりも良くなる」ために . . . 本文を読む
コメント

大衆中華食堂から「餃子バル」への転換で 事業収益性が大幅に向上した事例紹介

2017-08-06 14:54:40 | 繁盛のコツ
【経営のコツは時流適応】 当社の会員企業の成功事例から、「時流適応」の大切さを再確認したいと思います。 広島市に本社を構える餃子の皮メーカー(井辻食産株式会社)の外食事業部門は事業採算性が低く、苦戦していました。 長い歴史の中で様々な外食事業にチャレンジをしてきた同社ですが、「出店→閉店」を繰り返していました。 そんな中で、現社長井辻龍介氏が時流適応に徹底的にこだわり「いま外食マーケットで . . . 本文を読む
コメント

人材不足の悩みから解消される取り組みが業績を安定させる「最初の第一歩」

2017-08-05 18:41:25 | 繁盛のコツ
いま多くの飲食店の現場で「人材不足」が大きな悩みになっている。 今後ますますこの流れは加速する。 この流れを乗り越えて持続的な安定成長を実現するには以下のポイントが必須と言える。 ① 人材が定着する環境の整備(社員の労働時間の短縮、休日増など) ② 新卒採用を行い 戦力化できる体制を整える ③ 優秀な女性パートスタッフを積極的に社員登用し、分業化を進める そして、人材不足の悩み . . . 本文を読む
コメント

人材不足に悩む飲食店における「求人・採用成功事例(最新版)」

2017-05-28 12:29:53 | 繁盛のコツ
今年3月に全国の有効求人倍率は1.45倍を記録しました。 これはバブル期並みの高水準で26年4ヶ月振りのことです。 一方、私達の外食業界の有効求人倍率は3.3倍超とさらに厳しい状況です。 そして、東京都にいたってはなんとなんと7倍超と非常に厳しい採用環境になっています。 (これは700の求人に対して100人の求職者しか存在しないということです・・・) そんな非常に厳しい採用環境の中で様 . . . 本文を読む
コメント

飲食店における働き方改革の第一歩は「生産性の向上」

2017-05-02 12:35:36 | 繁盛のコツ
連日ニュースをにぎわす「働き方改革」というキーワード。 これらは大企業にスポットが当たったテーマだけではなく、今後、中小企業や私達の外食マーケットでも必須の経営課題になってきます。 多くの外食の現場ではまだまだ長時間労働は解決されていませんが、少しずつでも改善に向けて一歩を踏み出そうとするお店や会社が増えてきています。 これら「時流」への対応力がこれからますます求められる時代になり、こ . . . 本文を読む
コメント

ニクバル参入のすすめ

2017-01-29 16:13:13 | ご案内
一昨日、当社の会員企業様であり、 かつ私の長いクライアントでもあるご支援先でローカルの駅前立地でニクバルを新規オープンされました。 オープン初日のランチ、ディナーと営業をみさせてもらいましたが、 行列で大繁盛の滑り出しでした。 30坪の物件ですが、 日販40万〜50万の滑り出しです。 この会員様では、郊外型の店舗を中心に成長を続けておりますが、 もう一段スピード感のある成長を目指すために、駅 . . . 本文を読む
コメント

地方の町における人口減少時代の和食店のあり方=これからの縮図

2016-12-25 14:00:50 | ご案内
いよいよ2016年もあと数日で終わろうとしています。 今年は、消費税の増税延期の発表があったり、アメリカ大統領選挙ではトランプ氏が勝ったりと、様々な出来事がありました。 外食業界では、様々な業態が成熟化が進み、各社、モデルチェンジや新業態開発など動きが活発になりました。 また、人材採用マーケットにおいては外食関連の職業別有効求人倍率が地域によっては8倍を越えたり、地方都市でも3倍超のエリ . . . 本文を読む
コメント

コスト高で上昇した売価を見直す時⇒⇒⇒基本MDを再考しよう

2016-11-08 22:11:48 | 繁盛のコツ
今年になって、特に春先あたりから外食チェーンの数字を見ていても鈍化傾向が出始めている。 低価格業態が少し元気になってきているのも景況感からなのだろう。 いずれにしても、“2020年に向かって盛り上がる”、“2020年までは大丈夫”という事ではなくなって来ているようだ。 マクロに言えば、消費税増税のインパクトがジリジリと影響しているのだろう。 下記は経産省から出ている数値である。 こ . . . 本文を読む
コメント

成熟時代の飲食店経営成功のコツ 【無料レポート】

2016-10-05 08:37:01 | ご案内
今、市場全体が伸びない外食業界の中で最も元気のある企業のひとつが「鳥貴族」です。 2016年8月現在のグループ総店舗数は495店舗に達し、本気で2000店舗を目指している日本を代表する外食企業です。 そんな鳥貴族を率いる大倉社長も創業は9坪の小さなお店からの出発でした。 30年かけて今に至った外食経営の道のりから多くのことを学んでこられたと思います。 そんな大倉社長のお話から、飲食 . . . 本文を読む
コメント

【離職率0% 28ヶ月連続売上前年越え】  という脅威の実績

2016-09-29 01:42:16 | ご案内
離職率0% 28ヶ月連続売上前年越え 11期連続増収増益の外食チェーンの年間最優秀店長賞を獲得した 28才店長が採ったマネジメントとは!? ぜひ、ご興味のある方は下記より無料レポートをお読み下さい http://www.funaisoken.co.jp/seminar/011377.html#_ga=1.124016778.1250683853.1459582292 きっとあなたの . . . 本文を読む
コメント

現場チェックの大切さ

2016-09-13 10:32:29 | 繁盛のコツ
この1週間、2社のご支援先で自店舗での食事をする機会があった。 いずれの会社も夜業態であるため、通常のコンサルティングの際には店舗で食事をする機会はなかなか取れていなかった。 しかし久し振りにその機会があったが、 いずれのお店でも数点改善のポイントがあった。 お店の営業はなかなか100点満点になることは無いが、必要なことは絶えず100点満点を目指そうとする日々のPDCAサイクル . . . 本文を読む
コメント

業態ブラッシュアップを幹部が出来るようにならないと真の意味で会社の成長とは言えない

2016-08-14 09:00:01 | 繁盛のコツ
私どものあるご支援先で今年2月に会社としてはじめて取組んだ新業態の店舗がオープンした。 数字的には非常に好調な滑り出しで私どもも大変嬉しく思っていたが、一方で、やはり新業態であるために立上げ当初は至らない点が多々見受けられた。 このような話はどんな会社であれ、新業態の1号店目の立上げ当初は修正修正の繰り返しであるため、仕方がない部分はもちろんある。 私個人としては「この改善がどれくらい . . . 本文を読む
コメント