にすぎのコンサル日記

飲食店繁盛のコツを日々掲載!

コスト高で上昇した売価を見直す時⇒⇒⇒基本MDを再考しよう

2016-11-08 22:11:48 | 繁盛のコツ
今年になって、特に春先あたりから外食チェーンの数字を見ていても鈍化傾向が出始めている。 低価格業態が少し元気になってきているのも景況感からなのだろう。 いずれにしても、“2020年に向かって盛り上がる”、“2020年までは大丈夫”という事ではなくなって来ているようだ。 マクロに言えば、消費税増税のインパクトがジリジリと影響しているのだろう。 下記は経産省から出ている数値である。 こ . . . 本文を読む
コメント

成熟時代の飲食店経営成功のコツ 【無料レポート】

2016-10-05 08:37:01 | ご案内
今、市場全体が伸びない外食業界の中で最も元気のある企業のひとつが「鳥貴族」です。 2016年8月現在のグループ総店舗数は495店舗に達し、本気で2000店舗を目指している日本を代表する外食企業です。 そんな鳥貴族を率いる大倉社長も創業は9坪の小さなお店からの出発でした。 30年かけて今に至った外食経営の道のりから多くのことを学んでこられたと思います。 そんな大倉社長のお話から、飲食 . . . 本文を読む
コメント

【離職率0% 28ヶ月連続売上前年越え】  という脅威の実績

2016-09-29 01:42:16 | ご案内
離職率0% 28ヶ月連続売上前年越え 11期連続増収増益の外食チェーンの年間最優秀店長賞を獲得した 28才店長が採ったマネジメントとは!? ぜひ、ご興味のある方は下記より無料レポートをお読み下さい http://www.funaisoken.co.jp/seminar/011377.html#_ga=1.124016778.1250683853.1459582292 きっとあなたの . . . 本文を読む
コメント

現場チェックの大切さ

2016-09-13 10:32:29 | 繁盛のコツ
この1週間、2社のご支援先で自店舗での食事をする機会があった。 いずれの会社も夜業態であるため、通常のコンサルティングの際には店舗で食事をする機会はなかなか取れていなかった。 しかし久し振りにその機会があったが、 いずれのお店でも数点改善のポイントがあった。 お店の営業はなかなか100点満点になることは無いが、必要なことは絶えず100点満点を目指そうとする日々のPDCAサイクル . . . 本文を読む
コメント

業態ブラッシュアップを幹部が出来るようにならないと真の意味で会社の成長とは言えない

2016-08-14 09:00:01 | 繁盛のコツ
私どものあるご支援先で今年2月に会社としてはじめて取組んだ新業態の店舗がオープンした。 数字的には非常に好調な滑り出しで私どもも大変嬉しく思っていたが、一方で、やはり新業態であるために立上げ当初は至らない点が多々見受けられた。 このような話はどんな会社であれ、新業態の1号店目の立上げ当初は修正修正の繰り返しであるため、仕方がない部分はもちろんある。 私個人としては「この改善がどれくらい . . . 本文を読む
コメント

主力事業において本質的なシェアアップ対策を講じよう

2016-08-13 11:11:00 | 繁盛のコツ
この春先から景況感が怪しくなってきた印象を受ける機会が増えてきた。 ある好調な上場居酒屋チェーンでは25ヶ月連続で前年対比を超えていたが4月、5月と既存店が前年割れを記録。 私のご支援先のあるチェーンでも好調を持続していた業態が月によっては既存店が昨対を割るケースが時々起こるようになってきている。 先日ニュースに出ていたが、爆買いの象徴だったラオックスも純損益で赤字転落になったとのこと . . . 本文を読む
コメント

私たちが運営する経営研究会は「オープンイノベーション」という特徴が最大の強みです

2016-07-18 13:30:30 | ご案内
本日は海の日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか!? さて、本日は私たちが運営する経営研究会の特徴についてお話をしたいと思います。 お時間のあるときにゆっくりお読み下さいませ。 まず私たちが運営する経営研究会とは「飲食業に絞った経営者の方々の勉強会」です。 http://funai-food-business.com/inshoku/association/ 現在100社を超 . . . 本文を読む
コメント

過去最高売上と過去最高利益の更新からみえること

2016-07-10 10:37:35 | 繁盛のコツ
昨日上海から戻ると、ある会員企業様より嬉しいメールが届いておりました。 概ね決算の数字が出揃い、ほぼ確定しました。 売上が8.8億円で経常利益が0.7億円でいずれも過去最高の更新となりそうですとのこと。 社長なりに色々と振り返りをされていた。 (1)前期頭に出店したお店がしっかり利益を出したこと。 (2)既存店が基本的には売上上昇ベクトルを作れたこと 特に(2)に関しては、複 . . . 本文を読む
コメント

看板には「何屋」かハッキリわかるように大きく書きましょう

2016-06-28 09:01:43 | 繁盛のコツ
ご無沙汰しております。 久し振りのブログ更新です。 さて、最近つくづく感じるのは「何屋かはっきりしていない店頭看板」が非常に多いということ。 たとえば 「 とんかつ 二杉 」という店の場合、まず大きく訴求すべきは「とんかつ」という何屋かわかるメッセージである。 特に店頭看板は「新規客を取り込む」役割なので、「二杉」を大きく書いても新規客には何屋なのかわからなければ入店の動機付けにはならない . . . 本文を読む
コメント

コンプライアンスについて

2016-04-18 14:33:30 | 繁盛のコツ
最近コンプライアンスについて考えさせられることが時々ニュースをにぎやかします。 先日もある会社のローストビーフのことが問題になっていました。 こういったニュースをみていて感じることは 「当事者にとってはもはや日常的に行われていることで“当たり前”になっていることが、世間が期待することと大きくズレている」怖さです。 ニュースになるならないは一旦おいといたとしても、こういったこ . . . 本文を読む
コメント

成長企業に学ぶ 1DAY現地視察セミナー@愛知県

2016-03-19 15:39:19 | ご案内
今回の視察セミナーは愛知県にて4月13日に開催させていただきます。 愛知県の2つの成長企業のトップにご講演いただきます。 昨年まではフードビジネス経営研究会の会員様のみのご参加でしたが、今年は拡大企画として研究会会員企業様以外の方にもご参加できるようにしております。 研究会会員企業様だけでご参加が100名を越えるかと思われます。 会員以外の方々のご参加につきましては、お席には限りが . . . 本文を読む
コメント

市場環境の変化によってお店も変わる

2016-02-25 07:54:55 | 繁盛のコツ
昨日は九州の会員企業様へおじゃましてきました。 あるお店の業態転換をこの度行います。 きっかけはナショナルチェーンの大量進出。 その店舗は最盛期月商2500万円売る繁盛店でしたが、その後、同一価格帯のナショナルチェーンがまず3社登場。 わずか9ヶ月間の間に同一価格帯の競合店が3店舗発生し、その時の既存店前年対比は最大瞬間風速で昨対60%程度。 その後、さらに同一価格帯の競合店が . . . 本文を読む
コメント

地方駅前30坪で月商1400万円オーバーを続ける大衆酒場モデルの作り方

2016-02-20 18:09:06 | 繁盛のコツ
前回、『居酒屋ビジネスの有望性』という投稿を上げさせていただきましたが、本日もそれに続いて、居酒屋業態について触れたいと思います。 私たちの会員企業様で昨年4月に駅前立地で開発された「大衆酒場モデル」がその後も繁盛を継続されております。 オープン初月は月商2000万に迫る勢いで、オープン景気を実感しました。 その後、どの程度の売上水準で落ち着くのかなと興味を持って見守っておりましたが、 . . . 本文を読む
コメント

居酒屋マーケットの有望性

2016-02-06 12:05:43 | 繁盛のコツ
最近の居酒屋マーケットを見てみると、「バル」という切り口が増えている。 肉バル、魚バル、鳥バル、割烹バル、餃子バルなどなど。 いずれも食材や主力カテゴリーが店の顔としてフロントに出ていて、それに加えて女性客の取り込みやカジュアルさを付加することで客層の幅を広げているように思う。 ただ、あまりずれ過ぎると本質から離れ、コケている店も続出しているように思う。 しかし、キチンとポイントを . . . 本文を読む
コメント

食べログNO1の行列4時間待ちのとんかつ店  20年間売上を伸ばし続ける経営とは!?

2016-02-02 12:16:35 | ご案内
今回大阪八尾市にある全国食べログNO1の大繁盛とんかつ店 マンジェのオーナー坂本様に当社セミナーにご登壇いただきます。 とんかつ店経営者の方ならば一度は足を運んだり、噂をお聞きになられたりしたこともあるかと思います。 その繁盛っぷりたるや、平日でも4時間の行列です。 そして、20年間売上を伸ばし続けてこられた経営のコツをこの度、特別にご講話いただきます。 私も以前、平日夜にお店に . . . 本文を読む
コメント