超人少年伝説

源氏物語千年 紫式部が突然現れ 紫式部氏思想を書くことになった

後期資本主義

2016-10-13 04:59:46 | Weblog

国家の絶対性は、発振である。
これを支える軍事であり、偽札である。
これが作用と反作用の法則である。

            *
この国家体制は、やがて発振し、支離滅裂となる。
出だしは民主主義、そして資本主義を通し、バベルの塔は崩れ落ちた。

*
永遠の成長は砂漠の水であった。
成長がサチュレーションすると、崩壊が起き始めた。
これが国家体制の崩壊である。

*
政治経済は壊れ、ネズミとゴキブリの争いとなった。
マネーに住み着く、ネズミとゴキブリである。

これが後期資本主義である。
証明終わり。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類の生き方 | トップ | 金権はパラドックス・ホール... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL