暇人短剣符
暇人の日常散策、世界中の友との再会を夢見て日々上昇中。





る寒空の朝、玄関での会話。

ベビーシッター(以下ベ)「今日なんですけど、夕方から雨が降るっていうじゃないですかー。帰りのタクシー代いただいていいですか?」
母親「え?そちらの会社の方から出ないんですか?(交通費含めた契約料金を払っているはずなのに・・)」
ベ「いや、それが出ないんですー。いただけませんかぁ?」

ここで、母親は考えます。もう、出かけないと時間に間に合わない。そして、赤ちゃんはこのベビーシッターに預けないといけない。ここでごねたら、密室になる我が家、わたしの赤ちゃんに何をされるかわからないっ・・・

これは物語でしょうか?わたくしがこの話を友人から相談されたとき、「ベビーシッターをチェンジしてもらえばいい。」といいました。チェンジ希望の理由はベビーシッター派遣会社の耳に入り、そしてその問題のベビーシッターは解雇されるでしょう。これで解決するか?
いいえ、同じ脅威は付きまといます。そのとき、そのベビーシッターは解雇の原因になった家と赤ちゃんを知り尽くしているのですから。

わたくしは解決策は何か、検討しました。答えは会社側が率先してベビーシッターが癒着しないようにローテーションさせるという、効率の悪いものです。これを実践している会社がどれだけあるでしょうか。そもそも、このような問題あるベビーシッターはごく一部で表面化しにくいのです。託児所では先日もニュースであったように、問題が絶えません。共働きが増えていくのに、どうすればこの国の少子化の原因となる育児問題を解決できるでしょう!

          †          †

・・・ですが、時代は進んでいました。

CareSquare

このサイトはシッターとそれを必要としている家庭をミートさせるSNSです。シッターは登録後、SNS上にいる実際の知り合いを通じて乳幼児の世話をします。その結果はCareSquareでコメントや評価として残ります。それを見た別の家庭はマイミクと同じようにオファーをかけます。
シッターのプロフィールには料金や保有資格、経歴の他、どの時間帯が空いているのか予定を見ることができるようになっています。ちょっと旅行で1日あけるとか、急な出張でも対応できます。

目的意識のあるSNSが有用であることは前回お話しました。これはその成功例の一部でしょう。

問題がわたくしたちの中にあるとすれば、それを解決できるのもきっとわたくしたち自身です。1日でも早く、日本にもこのようなインフラができることを切願します。

注:文中でも述べましたがこのような問題のあるシッターはごく一部と考えます。シッター会社の選定、シッターとの十分なコーディネートで問題が回避できることはいうまでもありません。

FC2ブックマーク ECナビにブックマーク Save This Page to Reddit Save This Page to YahooMyWeb Save This Page to newsvine Save This Page to digg Save This Page to delicious Add to Technorati Favorites! ドリコムRSSクリップ この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 面白い内装で... 真実はいつか... »
 
コメント
 
 
 
へぇぇぇぇ~~ (ひな)
2007-01-10 10:36:37
ベビーシッターは専門外だけど同じようなことがホームヘルパーにも通用するんではないかな~

対象年齢は違うけど生活能力的にはホームヘルパーを頼むような方は随分低いですから。。。ま、これに限らず老人保健施設、特別養護老人ホームなど、介護保険が適用となるような施設でも結構明るみに出ないような問題も多々あるみたいだし。
 
 
 
深刻な問題ですよねぇ…。 (ドラゴンすけ)
2007-01-10 23:59:29
親のいない密室で赤ちゃんをブルンブルン振り回したり床に落としたりするありえないベビーシッターをテレビで見たことがあります…。
依頼人に受けた仕事を責任感を持ってやり遂げる。
その気持ちさえあればこんなことには…。
と思いますが、甘いですね。
そのシステムがうまく機能することを願います(>_<)
 
 
 
コメントありがとうございやす! (暇人)
2007-01-11 00:02:16
>ひなさん
うん。そのとおりですね。日本ほど高齢化社会が進んだ国はないでしょうから、介護もあわせてこのSNSを立ち上げるとさらに有効だと思います。
信頼は広告とか会社じゃなくて、個人同士で得ることがSNSでは可能だと思います。
というわけでひなさん立ち上げお願いしますなんちゃって!
 
 
 
コメントありがとうございます! (暇人)
2007-01-11 00:08:22
>ドラゴンすけさん
最初に責任感があったとしても、その後常に保ち続けれるかという問題もありますね。このインフラだと毎回評価されていくわけですから、最新のそのシッターのテンションをつかむことができますね。
依頼人にしても丸投げするわけではなく、歩み寄る姿勢を見せないと信頼は築けないと思います。きっとそういうところからシッターはテンションを保てなくなるんだと思いますし。雇う側、雇われる側、どちらの力も、このSNSを成功させるためには必要不可欠だと考えます。
 
 
 
現実問題ですね。 (yagarix-manufactry)
2007-01-12 15:21:57
◇ベビーシッターも極論他人ですし。近頃のニュースを見ていると、人を信頼することに後ろ向きにさせるものばかりですね。大切な家族、我が子を人に任せるには多くの情報から最も信頼できるものを探すほかないでしょう。

◇ベビーシッターはいい例ですね。今後も世の中の動きに合わせて、新たなニーズがわいてくると思います。それは、既存のサービスに新たな要求が加わるのかもしれないし、新たなサービスができることであるとか。。
求める”安全性”のレベルが高まれば、必然的に情報量も増えて、ユーザーは情報の波に苦しんでしまったり。
さて、その情報を欲しいときに欲しいものを発信元が明確な状態で取得できるツールがSNS。(でよかったでしょうか)

◇評論家になってはいけないので、実践SNSですね!!暇人さんのブログから少しずつ勉強していきます。

 
 
 
コメントありがとうございます! (暇人)
2007-01-13 01:54:36
>yagarix-manufactryさん
>求める”安全性”のレベルが高まれば、必然的に情報量も増えて、ユーザーは情報の波に苦しんでしまったり。
確かにそのとおりですねでも、信頼できるからこそ波に苦しんでいないと信じていますよ
SNSの代表として言えば、たとえばmixi。普通の名前やプロフィール、その文字自身には意味はないけど、その人と学生時代でも会社でもいいんですが表面には見えない「知り合い」という背景の情報が大量にありますよね。一緒にどこにいったとか、部活をいっしょにやったとか、そういう思い出(=情報)が多ければ多いほどSNSでは信頼が強くなるんですね
そういう意味では、もうyagarixさんは十分SNSを実践していると思いますよ
よかったら、こちらも見てみてください。興味深いですよ
http://e-words.jp/w/SNS.html
 
 
 
はじめまして (Ayachant)
2009-01-12 16:22:11
はじめまして!いきなり書き込み失礼します。以前に、アメリカと日本における女性の、家事と仕事の両立の仕方の違い、について書かれたエッセイを読んだことがあり、その中に、「大きな違いは、お金で割り切ってベビーシッターを雇うことが多いアメリカに対し、日本人はどちらも自分でどうにかしようと悩む傾向がある」と書かれていたのを思い出しました。が、日本でもベビーシッターさんにお願いする方が多いんですね。大切な赤ちゃんをお願いするためにも、そういったシステムが有効的に利用されるといいですね!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。