日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

- 猪との遭遇 -

2017年10月05日 | その他

 先日、福島県大熊町の帰還困難区域に仕事で行った帰りに、道路脇で休憩していたら、車の前方に猪が現れました。
 帰還が可能になった住民が、“猪に襲われるのが怖くて自宅に帰ることができません”と言うのをテレビで見たのを思い出し、車に突進してくるのではないかと身構えましたが、猪はジッとこちらの様子をうかがっているだけでした。


猪が出現

 しばらくすると、猪は道路の反対側の藪に向かってゆっくりと歩き出しました。その後すぐに、猪の居た場所から子供の猪がトコトコ出てきて親の後をついて藪の中に消えて行きました。
 親猪は、子供の安全を確認するために車の様子を伺っていたわけです。
 親猪は2m、200kgぐらいあって迫力十分ですが、子猪はかわいいものです。子供を思う親の様子は人間と変わりありません。
 帰還困難区域では嫌われ者になっている猪ですが、親子の様子を見ているとなんだか可哀そうになりました。猪の親子に“がんばれ”と言って良いものか複雑な気持ちでした。


猪の子供も出現

コメント
この記事をはてなブックマークに追加