イワンの部屋

(C) 2009-2017 copyrights.blog.goo.ne.jp/nismo_z33

1年生の孫の作文が・・・

2017年02月13日 15時49分34秒 | その他
印旛地区教育研究会 国語研究部(印教研国語研究部)が発行している文集、「ひざし第69号 小1,2,3年生」に、次男坊の孫の書いた作文が選ばれました。
年1回の発行で69号という歴史ある文集で、国語の教科書にも文集から採用されることがあります。



読んでみると、学校のグランドにある「つきやま」での遊びが、上手く表現されていますね。



選ばれるだけあって、なかなか良い作文でした・・・じぃじバカでした(笑)

作文で優秀賞をもらったと聞いたときは、あらそうなのって感じくらいに思っていたのですが、印教研国語研究部の文集だったので少しびっくりでした。
次男坊の転勤で孫は札幌に戻ってきましたが、才能を伸ばすには印旛地区に居たほうが良かったのかも、と思う感じです。
転勤ですから仕方が無いですね。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫の藻岩山スキー授業・・一... | トップ | 北大構内を久々に歩いて »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
作文 ()
2017-02-13 17:21:30
素晴らしい作文ですね。
学校のその「つきやま」が目に浮かぶようです。
でもよく下を見てしまって、怖くなって泣いた話を書けましたね。
素直で勇気のある子なんですね。
つい引き込まれて全文を読みました。
怖くなくなった、もう下を見ても大丈夫という逞しさが感じられます。

作文 (tango)
2017-02-13 18:54:04
素晴らしい感性ですね
やはりジ~ジ様の知性・センスを見事に
受け継いでいらっしゃる
素直な目線・素直な表現・
その場その場の情景と心がわかります
私も作文は大好きですが、はるかかなた
から
拍手を送りたいです!
おやまを大事にする心もすでに育って
いるのですね(^◇^)
花まるです^^ (saeko)
2017-02-13 19:52:03
読んでて、「つきやま」が大好きというお孫ちゃんの気持ちが
じんじんと響いてきます。
一年生ですか? 素晴らしい文を書くのですね。
これじゃ、じぃじバカにもなっちゃうでしょう。
優秀なお孫ちゃんたちに囲まれて、
イワンさん、幸いっぱいもらってますね!
おめでとうございます☆
Unknown (そらママ)
2017-02-13 21:28:47
こんばんは、
1年生でこんな素晴らしい作文が書けるのですか凄いですね。
読んでいて築山の様子やどれ程築山が好きなのかよく分かります、
流石イワンさんのお孫さんですね、
おおいに自慢してください、
これから益々楽しみな孫ちゃんですね。
Unknown (ゆーみん)
2017-02-13 22:40:23
イワンさん、こんばんは~
お孫さんの作文読みました!
「つきやま」の描写が素晴らしいですね。
ろっくくらいみんぐのようなお山^^ よく観察してますね。
突然下を見た時の怖かった様子や緊張感もよく伝わってきます。
これから、カッコイイたくましい男子に成長することでしょう♪

藻岩山のスキー授業、イワンさんも一緒に行ったんですね!
スキーの特訓の成果が出てよかったですね。
カメラを持って滑るイワンさんも目立っていたんでしょうね~
自慢のお孫ちゃん達、ときどきまたブログに登場させてくださいね(*^^*)
信さん (イワン)
2017-02-13 22:59:42
「ぐらんどじゅうにひびくこえでなきました。」ですものね。大きな声で泣いたのでしょうが、泣いたことを書くというのも、素直な書き方ですね。
で、下を見て怖くなった・・・スキーに乗って下を見ると怖くなって尻もちをついた・・・作文を読んでなるほど、と思いましたよ(笑)
tangoさん (イワン)
2017-02-13 23:06:27
文の組み立ては、1年生に教えて出来るものではないので、この子の持っている才能なのでしょう。
私は作文が苦手で嫌いですが、長所を伸ばしてあげる環境にしてあげたいですね。
Saekoさん (イワン)
2017-02-13 23:13:39
文の組み立てもしっかりしていますし、感情の表現もしっかりと書けていますね。
少し楽しみなところです。

お互い、孫に楽しみなところがありますね。

そらママさん (イワン)
2017-02-13 23:18:50
文集を見て、読んでみて驚きました。
印教研国語研究部の発行している文集でしたからね、ちょっと自慢したくなってしまいました(笑)
ゆーみんさん (イワン)
2017-02-13 23:30:29
そう、「ろっくくらいみんぐのようなお山」・・「ろっくくらいみんぐ」という言葉が、どこで覚えて出てきたのか、ですが、こまかいことは無しにして、自分なりの表現で書けています。

スキー・・一緒に行っちゃいましたね(笑)
孫も見てほしかったようですし、褒められたかったのでしょう。
じぃじも、見られたかったのもあります(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。