札幌西区手輪の会

昼★第1~3木曜10~12時/夜☆毎週木曜19時~20時45分
札幌市身体障害者福祉センター※部屋入口のボードで要確認

11月30日 夜の部例会

2017年11月30日 20時18分49秒 | 例会

今日は手話やジェスチャーを使って手話劇を行いました

つのグループに分かれて

「三匹の子豚」「シンデレラ」「白雪姫」

このつの物語を手話で表現をして楽しみました。

 

各グループでの練習の際には

「正しい表現は?」や「表情に注意しよう!」

「風を表現するにはどうしたらいいかな!?」など

それぞれ伝えるための工夫を話し合いながら取り組んでいました

 

練習後は他グループの前で発表です。

各グループで独特な表現や踊りを取り入れるなどして

多くの工夫が見られ参加している人たちの笑顔が終始絶えませんでした

 

いつも以上に笑い声が響くとても明るい雰囲気の例会となりました。

 

手話劇を通して改めて手話表現を覚えたり、

表情の大切さに気づいたり、などの伝えるための工夫を学べたと思います。

 

今後も楽しくみんなで交流して学んでいきたいですね 

                                       もん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 9日 夜の部例会

2017年11月10日 20時17分31秒 | 例会

本日の例会、前半は『同音異義語を表現3』

ん?なんか『2』の時のブログもはらぺこりーなだったような気が・・・

 

おっと失礼!それはさておき、本日の担当の願いで、『同音異義語3』を開催。

早速、『1』、『2』の復習から。

はてさて、あれぇ?どんな単語を学習したっけ???

もはや、記憶が・・・

進行役の遅☆汗さんも困っちゃうね

 

「私、参加していました!」と新会員のさん。

今年の初級講習会修了生です。

そんな初々しい方の助けも借りて進みます

復習の後は、本日の同音異義語。

銀髪少女帯さんが、ピックアップしてくれた同音異義語を学習。

なかなか難しい。

最後の「所払い」は、皆さん普段使いませんね。

ろうのさんもわからない。

要するに「クビ」ですと、遅☆汗さん。

同音異義語は、意味を捉えて表現すると良いというアドバイス、

いただきました

 

後半は、初級グループは『講習会復習⑦』

マロさん、お願いしま~す♪

 

後半、初級グループは見学に来た3名の初級受講生を交え進みました

内容は受講生に合わせ、学んだ手話を使って自己紹介。

まず、受講生からスタートしました。

覚えたばかりの手話で頑張る姿が印象的でした

 

久しぶりに参加してくれたろうの小学生、

Kちゃんには先生になってもらい

ゆっくりとした手話表現をお願いしました。

途中、ちゃん とろうのさんの会話になり・・・

私たちはテニスの試合を見ている状態・・・

やっぱりろう者同士の手話は速い!!!

 

必死で通訳しましたが、伝わったでしょうか

 

マロさん、ありがとうございます

 

中級以上のグループ、後半は『DVDの読取り』です。

・・・DVD始まりましたが、

最初の話し手のお名前の読取りから、

「わからない」という声・・・。

もちろん、はらぺこりーなも例外なく???

ろう者の年齢、育った環境、

癖などによっても表現の仕方が違います。

学習会などに参加する度、たくさんのろう者とふれあい、

お話することの大切さを痛感します

そして、読取り、声に出してみる。

なかなかできない。

 

DVDを短く区切って、

参加者何人かに読取って声に出してもらい、確認します。

通訳者が表現するとこうなります。

コジロさんの出番です。

聞き慣れた表現、言葉になっていて、さすが!!

 

遅☆汗さんに指名され、読取りに挑戦したはらぺこりーな。

「青年部」と「結婚した」しか読取れず、

「?」がいっぱい。

先は長いのだ

でも、今よりもっと楽しくおしゃべりするために頑張る

なので、ろうの皆さん、例会に来てくださいね。

お待ちしております♪

 

今日の例会終了前、10分間は『サイレント』の時間。

手話に集中し、手を動かす。

聴こえないことを理解する時間を設けてくれました

 

参加された皆さん、いかがでしたか? 

このブログをご覧の皆さんも一緒にやりましょう!

ぜひ見学に来てくださいね~

いつもはてながいっぱいのはらぺこりーなでした。


                    はらぺこりーな    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 2日 夜の部例会

2017年11月08日 20時09分06秒 | 例会

しばらくです。

最近遅刻参加気味の西郷ツンが途中参加の現場からお伝えします


前半は「対で覚えよう~」

今日の担当は、ベテランのWNSKさん。

対でドンドン教えています。

色・味いろいろ使えます

薄い⇔濃い

今度は、顔の回りに指をやって・・・

考える、もし、しつこい、不思議、毒

怪我、伊達、積丹、羨ましい・・・・

ろうあ者も後半の対話に備えて5人も来ていただいていたので、

ろうあ者によって表現が違うという事も学習できました。

特に西郷ツンは、“羨ましい”と“毒”の口元から垂れてくる物

(よだれ、泡)によっての表現の違いに感心しました

 


さて、分間休憩をとりまして、

後半は、初級と中級以上のにわかグループに分かれました。

初級は、初級講習会を終えた方も見学に来てくれてとても新鮮な感じです

司会進行は、講習会でも健聴講師を務めたMMMKさん、

YGAIさん、SSYYさん、NMYKさん、

そして我らの西郷ツン・・・・・あれ、この感じ、なんかどっかで??

なんか初級講習会とほとんど変わらないんです

ただひとつ違うのは、MMMKさんが妙に柔らかな優しい雰囲気なんです~。

さて、雰囲気も伝わったことですし、何を皆で話したかというと、

中級講習会に向けての空間の使い方を学びました。

例:今は、会社にいて家に帰る表現、家に帰ったら連絡する

手の向きによってさまざまな表現があるんだなを感心した西郷ツンでした

見学にいらして頂いたみなさん入会お待ちしています。

それでは、中級のはらぺこりーな☆さ~ん

 

☆中級レポート byはらぺこりーな☆


中級以上のテーマは、「ろう者との対話」1対1で会話する。

今日は、先輩や事務局からの呼びかけもあり、

参加してくれたろう者は5人

ろう者5人と中級以上の参加者9人が対面になり、

時間制限2分で次々と移動し、全員それぞれ会話しました。

講習会で講師も務めるろうのKさん、対面のサークル員、

一人ひとりにあった話題。

ホー と感心!!

話が弾み時間が足りな~いというペアも

はらぺこりーなはどんな話か、興味津々!

思わず写真も取り忘れ・・・ 自分の番。

あっ、しまった。

せっかくたくさん来てくれたのに、失敗

どんな様子だったか、気になる方はぜひ例会に来て体験してね

例会の後のとんでんでろうのHさんを囲んでおしゃべり。

たまたまお蕎麦を食べに来た先輩とも交流し、

充実した一日が終わったのであります


                     はらぺこりーな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 2日 昼の部例会

2017年11月08日 20時08分09秒 | 例会

コジロです

あっという間に11月!

年のせいか一年の早いこと早いこと・・・

・・・っと気を取り直して



前半は「秋の単語」を出し合おうということで、

さすがに食欲の秋ですね~

果物、野菜やキノコなど実りの秋がいっぱいでした。

老人クラブのMさんが用事で来られて、

ちょっとの時間でしたがろう者の手話の特徴や

伝わる手話表現などを解説してくれました。

『南瓜(かぼちゃ)』にもいろんな表現があって楽しい時間でした。

余談ですが漢字の「瓜」の覚え方は

「瓜(うり)にツメあり、爪(つめ)にツメなし」

って知ってました?

 


後半はコジロは中級グループに入り

「カタカナ語の手話表現について考える」。

『バリアフリー』『ユニバーサルデザイン』『ハイブリッド』など

担当者が準備した言葉を見て『ハイブリッド(カー)』はかなり普及していて

手話も浸透してきているとろう者のHさん。

さらに「手話表現だけでなく言葉の意味も正しく理解して伝えられるように」と。

このブログを書きながら「新しい手話」シリーズを手にしております。

新しく生まれたカタカナ語に対応した新しい手話が開発されていて

手話の成り立ちや、解説などを読み学ぶことができました。

継続・持続・記憶・・・


                   コジロ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月12日 夜の部

2017年11月07日 17時48分56秒 | 例会

10月12日は初級講習受講生を交えての会でした。

約35人名近くの出席で紐を引いて

長さを競ったり手話を使わないで

身振りで表現し言葉にしてのゲームで

小さなお子様も参加して下さいまして

楽しいひと時を過ごす事出来ました。  

 銀髪少女帯  

 

  

今日の例会夜の部は、初級講習会受講生をお誘いしての交流会でした。

受講生5名とそのお子さん3名の参加がありました。

 

受講生には3つのテーブルに別れて座ってもらい、

好きな飲み物とお菓子で、最初は歓談。

私とテーブルが一緒の受講生は、

同じテーブルのろう者とお子さん同士が

仲の良い同級生だったという、すごい偶然!

しかも、そのことを頑張って

手話と身振りで話されて、通じていましたよ。

スゴイ


 

そのあと、ゲームを2つ。

1つ目は、大きな袋から10㎝くらいの

何本も出ている紐の中から、

1人1本ずつ5人が引っぱります。

あっ、短いという人。

まだ抜けないと長~い人。

各テーブルで5本をつなぎ合わせて、長さを競いました。

縛り方関係なく、1位・2位・3位は、明らかな勝敗でした。

子供の欲のないパワーって素晴らしい。

圧倒的な1位でした。

 

2つ目は、手話禁止のジェスチャーゲーム。

受講生から指名されて始まりました。

問題は、ゲーム担当のアンジーさんの独断で、

段々と難易度が上がっていくし、

表現時間もアンジーさんが決めるというものでした。

形の有るものから、形の無いもの、

最後の方には、△△している××などの文章になっていました。

そんな難問に対して、みんな照れることなく頑張っていたし、

答えるメンバーも一生懸命考えて当てていました。

こんなに楽しいジェスチャーゲームは

初めてと思えるものでした。たぶん他の人も・・・

そして、ゲームではあったけれど、

ジェスチャーの最後の指さしがあると

何を表現したいのかがはっきりすることや

形を表すのも良いけれど

自分がその物になって動くことも大切と

表現方法についての基本の学習も

忘れられてはいませんでした。

さすが健聴講師。

 

たぶん受講生も楽しかったハズ

先ずは、4回の見学に来てもらえるといいなぁ~

待ってま~す。

  なな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加