ギャンブル依存症と戦うんだ!

タイトルとは全然関係のない日常の記録を綴っていきます

末の妹、突然やって来る

2017年05月12日 | 日常(平成25年4月~)
昨日、居間でテレビを観ていると突然勝手口のドアが開き「姉ちゃんいる?」の声が。

直ぐに末の妹だと分かりました。

私「どちら様?」

妹「私やんか」

私「何しに来たんや?」

妹「挨拶に来たの」

私「バイバイ」

妹「もうー姉ちゃん!いけずやなー」

私「足痛いからそっちまで行きたないねん」

妹「お姉ちゃんに話があるねん」

私「私はない」

妹「ほんなら携帯の番号教えて」

私「面倒くさいやっちゃな」

ぶつぶつ言いながら勝手口に行くと、ガリガリに痩せた末の妹が立っていました。

私「一段と痩せて」

妹「うん、こっちにおる時から比べると10キロ以上痩せてもうた」

私「両手の親指と人差し指で輪っかを作って、ふくらはぎの一番太いところを囲んでみ」

妹「こんな感じ?」

私「余裕で輪っか作れてるやん
  あんた、サルコぺニアになってんのとちゃう?」

妹「ううん、私センイ症やねん」

私「繊維筋痛症のこと?」

妹「そう、それ」

妹「姪から頸椎ヘルニアって聞いてるけど?」

妹「元々そうやねんけど、子宮全摘の手術をした後から全身が痛みだしたんよ」

私「手術がトリガーになってもうたんやな」

妹「サルなんとかって何?」

私「早い話が加齢による筋力低下や
  将来寝たきりになるか、それで予測ができるねん
  繊維筋痛症には運動が効果的やねんて
  40代半ばでそれではあんたも困るやろ」

妹「私も姉ちゃんみたいになるんやろか?」

私「私のは根神経炎による障害やから、サルコぺニアとは違う」

妹「分かった、運動を心掛けるわ」

私「ところであんた、挨拶に来た言うけど手ぶらかいな」

妹「ごめん、気がつけへんかった」

私「毎度のことやないか」

結局何を伝えたかったのか聞かずじまいでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢のコラボ | トップ | ウェルフェア2017に行きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む