ギャンブル依存症と戦うんだ!

タイトルとは全然関係のない日常の記録を綴っていきます

昨日の喧嘩はすごかった

2016年10月14日 | 日常(平成25年4月~)
昨日は4回目の結婚記念日でアーノルドは仕事を休みました。

毎年記念日には旅行に行くのですが、体調が優れない私を気遣い近場でお祝いすることになっていました。

普段は早起きのアーノルドですが、ちょっと寒かったせいか、なかなか起きてきませんでした。

あれは私が洗濯物を干している最中だったので7時過ぎだったかな?

裏のお宅からガチャーンと何かが割れる音が聞こえてきました。

そして奥さんの「もうー!」と叫ぶ声も。

毎回このくらいの時間に始まるのですが、今回は様子が違いました。

いつもは「うるさい!」と怒鳴るご主人ですが、「ワシが言ってるんじゃないぞ」と逃げ腰なのです。

また奥さんに対し「いい加減にして!」と叱責する女性の声と「もうちょっと小さな声で」とたしなめる男性の声も聞こえてきます。

起きたアーノルドが寝室の窓を開け、コッソリ「あの声は娘とその旦那だな」と教えてくれました。

大事になる前に止めてくれるという安心感からか、仲裁役が居ると余計にヒートアップするんですね。

その後30分に渡り、奥さんの叫び声と物の割れる音が当たり中に響き渡っておりました。

ここはのどかな田園地帯です。

このところ朝夕は寒いくらいですので、どこのご家庭も窓を閉めきっています。

聞こえてくるのは鳥の鳴き声か虫の声くらい。

ほんと、静かなんですよね。

だから余計に目立つんですよ。

でもご近所さんは誰もその話題に触れません。

皆さんもうすっかり慣れっこなのでしょうが、私は毎回ヒヤヒヤしながら終わるのを待っています。

だって殺人事件が起きると必ずご近所のインタビューシーンが流れるじゃないですか。

「あそこはしょっちゅう夫婦喧嘩をしていましたよ」とかなんとか。

ということは周囲もいつかはこうなるんじゃないかと予見していた可能性が高いってことですよね。

でも誰も気に留めない。

またいつものことだと受け流す。

もしくは自分のところに火の粉が降りかからないようにしているのかも知れない。

逆恨みでもされたらそれこそ厄介だとアーノルドは言います。

話のついでに裏の奥さんについてもう少し述べます。

今年の夏は喧嘩以外にも私を悩ませる出来事がありました。

夜中の電話相談とゲーム中のBGMです。

7月のある日から、毎晩のように奥さんが電話で話している声が聞こえてきました。

長い時で延々1時間半。

話の内容からすると友達ではなく電話占いっぽい。

それが原因か7月の終わりにご主人と大喧嘩になり、8月から9月にかけてゲームに熱中していました。

だいたい夜中の1時くらいから始まって終わるのは5時くらい。

ご主人が就寝してから起床するまでの間ってところですね。

時々誰かと会話しながらやっています。

奥さんは60代後半。

スカイプで話しながらゲームをやっているんだとしたら、私よりパソコンを使いこなしています。

温和なアーノルドもこれには怒り心頭で、区長さんに苦情を言いに行ったほどです。

あ、もしかすると昨日の喧嘩はそれが原因だったのかも。

いつもはぶっきらぼうなご主人だけど、なんだかご主人が気の毒に思えてきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害年金の更新 | トップ | 一度は行ってみたい場所、日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む