にしさんの2017

勝利・前進

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名字の言より

2017-06-02 08:48:13 | Weblog

月の初めの「一日」を「ついたち」とよむ。

続く二日、三日、四日は「日」を「か」と読む。
また、「ついたち」は「つきが立つ」という意味の「つきたち」から転じた読みという。
旧暦では月の満ち欠けを暦の基準にしていた。
1ヵ月の始まりは「新月」の日。月が見えない状態から満月に向かって少しずつ膨らみ始める。
その日を「月が立つ日」といにしえの日本人は捉えた。
もちろん新暦の今では月の満ち欠けと暦は一致しない。
きょう1日は「上弦の月」である。

昼は夏至の向って強さを増す太陽の輝きとともに、夜は上弦の月から満月へと。、


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライン | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事