YMCA西中田保育園 - 元気で明るい保育園 -

1999年4月に開園した保育園です。保育園の日常をお知らせするブログを開設しました。皆さんお越しください。

人形劇を楽しみました  ~てんたん人形劇場~

2016-10-18 16:21:35 | 日記

みなさん、こんにちは

前回のブログより、更新があいてしまいました。

「今日も更新していないな…。」と思いながら、アクセスしてくださっていた方がいらっしゃったかと思います。ありがとうございます。

保育や事務の合間にできるだけ更新し、子どもたちの様子をお知らせしていきと思いますので、今後もしつこくアクセスしていただければ幸いです

 

 

さて、昨日(10月17日)に、人形劇がありました。

今回は「仙台市震災復興のための芸術家派遣事業」の一環で、塩釜市在住のてんたん人形劇場さんが来てくださいました。

久しぶりの人形劇。

登園した子どもたちは朝から「今日人形劇だね」と話しとても楽しみにしているようでした。

本格的な音響や舞台が準備され、大人もわくわくしながら始まりを待ちます。

 

 

最初のお話は「たったか たったか たったかた

シンプルなまるちゃんとしかくちゃんのお話です。

セリフは「たったか たったか」のみ。

しかし、そのかわいらしい動き、人間のようななめらかな動作が子どもたちを一気に引き込みます。

言葉がないからこそ、人形の動きに集中し、「次はこうなるかな?」と想像力が膨らみます。

子どもたちから、たくさんの笑い声と「がんばれ~」と応援する声がひびいていました。

0歳の赤ちゃんから年長さんまで本当に集中して見入っていました。

 

たったかのお話の後は、二つ目のお話は「ごんぼさん にんじんさん だいこんさん

よく知られたお話かと思ったら…。

こちらも、人形がとても可愛かったです。

 

 

二つの話の間には、てんたん人形劇場の転太さんよる、マジックのようなおもしろいコーナーもありました。

スタッフも誘われて、布で遊びました

 

 

 

 

人形劇が終わった後は、年長児が人形作りにチャレンジ!!!

こちらがてんたん人形劇場の転太さんこと土屋さんです)

発泡スチロールでできた丸い頭に、穴を開け目玉をつけます。

手袋をつけたら、頭に指を入れて、あっという間に完成です。

みんな、自分の人形ができて、嬉しそうです。

 

「早く自分の人形でやってみたい!!」と子どもたちはやる気満々です。

さっそく、転太さんと一緒に人形の動かし方を練習します。

 

先ほど見たばかりの「たったか たったか たったかた」の主人公のように、歩いたり、ジャンプしたり、山をのぼったり…。

 

 

最後は暗幕をつけた舞台の裏で、本当の人形劇のように動かしてみました。ピアノの音に合わせて揺れたり、グーパーしながら躍らせるなど、とても上手にできていました。

 

 

午前中だけの短い時間でしたが、大声をだして笑い、自分の人形をつくり、そして演じる、というたくさんの経験ができました。

すばらしい時間をありがとうございました

 

 

てんたん人形劇場さんのブログはこちらです⇒http://blogs.yahoo.co.jp/ta818ge120na61

 

フリー保育士 あっけ

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆わくわくふれあいあそびが無... | トップ | クリスマスペイジェント(聖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。