大平登山口まで④…正面に高取山

 源氏河原から峠を越え、ヘアピンカーブの途中の枝垂れ桜が植えられた土手の階段を下ると真弓川に出ます。
 正面に高取山の削られてできた雛壇が見えます。
 その雛壇に続く南側の滝谷山は日々削られて低くなっています。
 写真の手前のフェンスが川で、道の先は真弓自治会館、その右奥は松石寺の参道になります。
 ここを通るたびにある心配事がよぎります。
 お盆の迎え火で家に来るときは山を背にしてその変化に気づかなかったご先祖様も、送り火で戻るときは山を正面に見ます。
 ご先祖様の記憶にある高取山とは余りにも異なるので、迷ってしまうのでは…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 大平登山口ま... 大平登山口ま... »