西山のキノコ⑱

 今日は、この秋1番の秋晴れになりそうです。

 明日の10月例会は松石寺尾根を登ります。
 この尾根筋路には松石寺の新四国八十八カ所の石仏の1部があり、山際村の林弥右衛門が奉納したものが見られます。
 愛甲郡山際村(現厚木市山際)の林弥右衛門と呼べば、幕末には、豪商の聞こえもあり「相模川の水は涸れても日野屋の身上は絶えぬ」と噂された酒造店で、日野屋を称するところから、先祖は近江国の出身者であろうと言われています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 西山のキノコ⑰ 西山のキノコ⑲ »