松石寺尾根③

 この尾根を「松石寺尾根」と呼んでいるのは、写真の石仏のあるところから稜線まで、尾根の北側に寺山が続くからです。
 この新四国八十八箇所石仏群についての詳細は、『野立ちの石造物』(厚木市教育委員会昭和47年発行)に掲載されており、今月号の『黄色いチラシ』はそのことなどを載せています。
 
 4日(日)の6月例会では、華厳ヒオウギ広場でヒオウギ花見会名物の「ちりめん山椒」に使う山椒の青い実摘みをする予定ですが、雨が少ない今年は育ち具合が心配されます。
 同様に、鹿避けネット内のヒオウギも水不足なのではと…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 松石寺尾根② 松石寺尾根④ »