西宮サドベリースクールTwitterブログ

西宮サドベリースクールは「カリキュラム・テストなし」「子どもたちによる学校運営」による21世紀スタイルの学校です。

歴代(れきだい)のコンビニ

2011年05月26日 | ふりがな無し
  [写真(しゃしん)は先代(せんだい)のコンビニ。現在(げんざい)のコンビニは5/18のブログをご覧(らん)ください]

 スクールの新(あたら)しいプロジェクト「東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)チャリティーコンビニ」。チャリティーというのはスクール初(はつ)の企画(きかく)ですが、これまでにもスクール内(ない)でコンビニを経営(けいえい)するというのは何度(なんど)も繰(く)り返(かえ)されてきました。

 スクール内(ない)で小(ちい)さなお店(みせ)を作(つく)るといっても、企画(きかく)する子(こ)ども達(たち)で千差万別(せんさばんべつ)です。またいろいろな失敗(しっぱい)を繰(く)り返(かえ)しながら改善(かいぜん)されてきました。
 最初(さいしょ)の頃(ころ)はコンビニにパンやおにぎりを置(お)いたことがありました。確(たし)かにコンビニとしてはよくある商品(しょうひん)ですが、何(なん)せスクール内(ない)で買(か)う人数(にんずう)が限(かぎ)られているので売(う)れ残(のこ)って、賞味期限(しょうみきげん)を守(まも)るために赤字(あかじ)で売(う)るハメに。その後(あと)は日持(ひも)ちのする缶(かん)ジュースやカップラーメン、お菓子(かし)などを売(う)るようになりました。

 また、スクールの中(なか)の棚(たな)を使(つか)ってコンビニプロジェクトをやるということで、安価(あんか)ながら棚(たな)の場所代(ばしょだい)をスクールに納(おさ)める事(こと)が条件(じょうけん)に付(つ)けられることもあります。そうなると子(こ)ども達(たち)は利益(りえき)の確保(かくほ)に加(くわ)えて場所代(ばしょだい)を稼(かせ)ぐ必要(ひつよう)が出(で)るのでなかなか大変(たいへん)です。

 そんな中(なか)、場所代(ばしょだい)という経費(けいひ)をなくす努力(どりょく)をした男(おとこ)の子(こ)もいました。その子(こ)は大(おお)きめのアタッシュケースに商品(しょうひん)を入(い)れ、時間外(じかんがい)はアタッシュケースを片付(かたづ)けることで場所代(ばしょだい)を納(おさ)めずに済(す)んだのです。


 スクールの歴史(れきし)の中(なか)でプロジェクトとしていくつものコンビニが開店(かいてん)しました。その数(かず)だけ子(こ)ども達(たち)の学(まな)びがあったわけです。


>> ぐら (スタッフ)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月26日(木)のつぶやき | トップ | 歴代のコンビニ »
最近の画像もっと見る

ふりがな無し」カテゴリの最新記事