なにかあるもの

ゆれ動く文化領域の時空間をたしなむブログ

レトロ世紀

2017-01-30 21:33:04 | 釣り道具






















世紀の文字に反応した人はかなりコアな釣人です
約四十年位前の旧オリンピック社の世紀ハヤヤマベ1号十八尺です 本来は渓流竿ですが私はメバル竿に使っています
最近釣り具の整理をしていたら出て来ました 当時使用していた仕掛け・ハリも出て来ました
四十年前のハリは100円でしたそれがいつのまにか値段が50円ずつ上がって今では250~300円です
こんなところにも日本経済の影響を発見出来ますね。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漁港ぶらり | トップ | 明王院の印象ー2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釣り (だじゃれ伯爵)
2017-03-31 14:32:17
四十年前の釣り針100円でしたが、今では250~300円です
こんなところにも日本経済が吊り上がっています
お久しぶりです (鉄板男)
2017-03-31 21:44:42
コメントありがとうございます

釣り道具も高くなりました 四十年前の3倍にはなっているのでは
庶民のささやかな楽しみもお金がかかります
もう少し暖かくなったら釣りスタートです。

コメントを投稿

釣り道具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。