カジノやめ給食を あす投票横浜市長選 伊藤候補で実現訴え

2017年07月29日 20時46分14秒 | 日記

 

写真

(写真)聴衆の声援に応える伊藤ひろたか市長候補(右から3人目)と野党国会議員ら=28日、横浜市中区・桜木町駅前

 激戦の横浜市長選(30日投票)で市民と野党の共同候補、伊藤ひろたか氏=無所属新=を市長にして、カジノ誘致中止、中学校給食を実現する新しい市政をつくろうと、「新市長とワクワクする横浜をつくる会」は28日夕、桜木町駅北口で宣伝しました。

 伊藤氏を支援する市民らがマイクを握り、宣伝カーの周りではシール投票を行い、「カジノより中学校給食を」とアピールしました。

 野党各党から次々に応援弁士が駆け付けました。日本共産党の塩川鉄也衆院議員は「伊藤さんは、市民が望まないカジノはやめさせ、給食を実現する。こんなにわかりやすい政策はない」と強調。市民と野党の共同で勝利した仙台市長選の結果に触れながら「伊藤ひろたか市長の誕生で、横浜でも安倍暴走政治にノーの審判を下そう」と訴えました。さいとう和子衆院議員は「伊藤さんで横浜の未来を開こう」と語りました。

 民進党の江田憲司代表代行は「横浜は、本当は待機児童ワーストワン。“ゼロ”などとうそをつく市長は変えよう」と述べ、自由党の樋高剛県連代表は「新潟県知事選でも最後に逆転した。仙台市長選も市民と野党の共闘候補が勝った。横浜でも実現しよう」と話しました。社民党の森英夫県連福祉委員長も訴えました。

 伊藤候補が駆け付け、「横浜を次の世代につなげる街づくりを私にやらせてほしい」と訴えると、大きな拍手が湧き起こりました。

 一方、現職の林文子候補(71)=自民党、公明党推薦=は、27日の街頭演説で中学校給食について「手作りのお弁当を持たせたいお母さんはいる。完全給食にするとできなくなる」などと、市民多数の願いに背を向けました。

私たちも電話で支持を訴えました。

 最後の最後までがんばろう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和行進 | トップ | 北朝鮮の弾道ミサイル発射に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。