H29寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

4月誕生会をしました

2017年04月21日 | 日記

 4月の誕生会をしました。はじめて全員が集まっての集会となります。この時期ですから、特にひよこ・いちご組の1歳児は一緒にいられればいい、お遊戯室にいればいい、泣いてしまったらお遊戯室から出ればいい。とりあえず、はじめのセレモニーは参加、その後は状況を見て参加ということにしています。

 誕生者は16名。これもこれまでにない人数です。やはり、149名ですから、多い月はこのくらい、少ない月は10名ぐらいとなります。だから、セレモニーも少しスピードアップして進めました。新入児が多いということもあり心配もありましたが、全然心配する必要はありませんでした。これまでと同じようにすすめることができました。

 はじめは、セレモニー。一人一人名前を聞いて年齢を聞き、好きな食べ物を言ってもらいました。みんなの前で自分の名前を言うことさえも大変と思っています。こうして全員の前で主役になるのが、この誕生会の日です。大事にしたいイベントです。そして、ここでも、1年ごとに成長を感じる機会にもなります。昨年はこうだったけど、今年はこうだねと。

 インタビューの後に誕生カードを渡し、写真を撮り、みんなで歌を歌いました。人数が多いとこれも迫力があります。その後職員の出し物。今回はアンパンマンのパネルシアター。こうした機会が毎回あります。ここでも、子どもたちがどう見ているかということが気になっていました。これが良かった。子どもたちは、職員の出し物にくぎ付けでした。問いかけに返事をして楽しむ姿が。1歳児の子どもたちも、前でも、後ろでも、おんぶしても、しっかり見ているのです。おもしろいものは見るのです。良かったと思いました。

 そして、最後は私のギターで一緒に歌いました。これも心配でした。新入児が半分弱ということで、一緒に歌ってくれるか。全然大丈夫でした。みんな元気に歌ってくれました。1歳児の子どもが私の横で曲に合わせて踊っていてくれたのもうれしかった。自分の場所ではじっとしていられず、ギターを弾く私のそばまで来ていたのです。

 はじめての誕生会は大成功でした。1歳児は参加しないという考え方もあるでしょう。無理せずに参加。できるだけ参加とさえすれはいい。子どもたちは楽しいものは楽しいと表現してくれる。ある意味、1歳児は誕生会が楽しいかどうか、出し物が楽しいかどうかのバロメーターになると思っていました。

 今回の給食はクラス毎です。これも少しずつ慣れてくると、クラスを少しずつ分けて異年齢で食べることもあります。そして、大きなイベントの時には全員で食べることもあります。いろいろなシシュエーションで大人数で食べる経験もしていきます。これも楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 全員写真を撮りました | トップ | すみれ組防火パレードについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。