H29寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

すみれ組とお母さんの絵を描きました

2017年04月20日 | 日記

 毎年恒例になっている、お母さんの絵を描きました。描いたものは、連休から母の日まで、マックスバリューに貼られることになります。

 昨年は、もも組でお母さんの絵を描いています。ここ数年はもも組とすみれ組で描いているものを貼ってもらっています。

 私は、みんなに描いてほしいと思っています。絵はそれぞれ自由に描かせると描ける子どももいますが、描けない子どももいます。どうしても自由に描くということが難しいのです。これは大人でも同じ。子どもも同じように難しいのです。

 だから、私は、これまでの教員生活の中でも、酒井式描画指導法で描かせてきました。絵が好き嫌いに関係なく、描くことができる。子ども自身が、結構描けた、自分で描けた、うまく描けたと思えるようにしたいと思っているからです。

 私が描いた見本を見ながら、同じように描けばいい。これも子どもによっては抵抗がある子どもがいます。少しずつ描き進めるのですが、描けない、失敗したと言ってやめてしまうのです。そこを「大丈夫」「OK」と言って自信を持たせて描き進めるというやり方です。

 だから、子ども自身が自信を持てる指導法と言えます。そして、全員が描けるということです。

 酒井式指導法には、顔の書き方があります。鼻→口→目(形→目玉→まつ毛→まゆ毛)→耳→髪の毛→ほお・あごの順です。これで描くことで、顔が小さくならないのです。そして、動きがある顔になる、生き生きとしてくるのです。子どもによって個性が出て来るのです。

 すみれ組と一緒に描きました。さすがすみれ組でした。昨年とは大違い。ちゃんと指示を聞いて一緒に描きました。大きな成長に感動でした。これから、1対1で、絵の具で彩色をします。出来上がりをお楽しみに。

 

もも組の時にお母さんの絵を描いて時の様子も合わせてご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/nishineh28/e/2f834e4ddb3f6573a026b3955cae01c7

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お花見を延期しました | トップ | もも組とお母さんの絵を描き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。