H29寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

すみれ組が苗植えをしました

2017年05月17日 | 日記

 すみれ組が花壇と畑に苗植えをしました。朝雨が降ってどうかなと思っていましたが、雨があがり大丈夫。苗を買って来て、畑に植えました。これがうれしかった。さすがすみれ組の子どもたち。よく話を聞いて、自分たちでできるようになっていることにうれしく思いました。昨年のもも組の時とは違う、一番上という成長を感じました。

 数日前から、畑に何を植えたいかを聞いていました。そして、買うものに合わせてグループを作り、アグリに買い物に出かけました。アグリでは、お目当ての苗を探して、グループ毎にレジに持って行き、お金を出して買い物をしました。

 

 みんなで買いものに行くのは初めて。こうした経験もすみれ組になるとします。家庭ではどうかわかりません。経験をしている子どもとそうでない子どもがいるでしょう。たぶん、まだこの年齢では一人ではいかないでしょう。もしかしたらはじめてという子どももいたかもしれません。

 それぞれのグループでレジに苗を持って行き、それぞれを袋に入れてくれました。ご協力いただきました。

 帰ってくると、私と苗植えをしました。はじめは、園庭の花壇にミニトマトを植えました。3本。これは、園庭で遊んでいる時に食べていいことになります。でも、はじめに植えたすみれ組が一番に食べ、その後他のクラスも食べていいことにしています。これがおもしろい。給食で食べないミニトマトも、園庭では食べるなんてこともあります。園庭で食べたおかげで食べられるようになったという話もあります。

 ミニトマト3本の苗の植え方を子どもたちに教えました。汲んだ水を入れて、その中に苗を入れて土をかぶせます。大人には簡単ですが、子どもには難しいです。子どもたちは、私の話、植える子どもの様子をよく見ていました。そして3本を植えました。

 

 つぎに、裏の畑に行って、きゅうり、なす、ピーマン、枝豆の種を植えました。ミニトマトの苗を植えるのをよく見ていたので、できるかもしれないと、それぞれのグループに任せました。水を入れて苗を入れて土をかぶせるのです。すると、子どもたちはそれなりにやるんです。よく見ていたことが良かったよう。これが良かった。結構任せても大丈夫と。後で手直しすれば大丈夫ですから。でも、あまりしなくてもよかったのです。

 枝豆の種も植えました。さて、大きくなるかどうか。プラス、事前にじゃがいもも植えてありました。時期が遅くなっているので植えておきました。

 これは、お泊り保育の時に、夏野菜カレーを作るための食材。購入するのでなく、畑に植えて野菜を調達しようということなのです。さて、これができるかどうか。タイミングが合わないということもあるのですが、それも楽しみにして植えました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リズムをしていました | トップ | 毎日天気予報を見ています »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。