H29寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

『どうか忘れないでください、子どものことを。』33

2017年04月24日 | 日記

 佐々木正美氏の著書から紹介しています。

 この言葉は、子どもに対していってはいけない言葉です。同じような言葉に、「大きくなったんだから」という言葉もあります。裏返しの言い方です。子どもの自尊心を傷つけるからです。子どもが自分に自信を持って行動することができなくなります。積み重なると修復が大変になります。

 ぜひ、お読みください。


 

【「もう赤ちゃんじゃないんだから」と言ってはかわいそうです】

 親の前でとてもいい子にしているのは、親を喜ばせたい、ということもあるけれど、やっぱりお母さんが怖いからなのです。それは子どもにとっては大きなストレスになります。いろんな我慢をしているのですね。うんと我慢していい子になっているから、そのストレスを保育園で発散することになります。

 つまりその子は、保育園だけで気を許しているということです。保育士に甘えて、なにか乱暴なことをして気持ちを発散させようとしているんですね。

 こうした「保育園だけで手がかかる子」というのは、ほぼ確実に小学校以降も、難しい子になります。

 こうした子に対して保育園はどうやって接するべきなのか、といったことを私たちは長く勉強会をつづけていますが、これはいくら考えても難しいことです。

 乳幼児の様子を保育園で見ていると、この子がどういう少年になり、青年になり、社会人になっていくだろうか、ということが、かなりはっきりと予測することができます。

 乳幼児期の問題は成長過程で本当に消えにくく、それはびっくりするほどなのです。できることならば乳幼児期になんとか問題の芽のようなものはつんでおきたい。

 だから、保育士さんは、子どもが安心して赤ちゃん返りができるように受け止める、といった接し方をします。「もう赤ちゃんじゃないんだからダメよ」ということは言わない。もちろん危ないことをしたら止めますけれど。それをつづけるうちに、少しずつ自立をしていく。それに従って乱暴をすることも減ります。

 ただ、本来親がやらなくてはいけないことを保育士さんが代行するというのはとても難しいことなのです。

 赤ちゃん返りをして、年齢不相応に幼い要求を保育士に求める子は、同時に弱い子を叩いたりする攻撃性を見せます。それはつまり、依存と反抗です。

 ゆとりのある保育園であれば、メインでその子を見守り、1日のうちのできるだけ多くの時間を個別に寄り添ってやるということをします。あるいは、こうした子を数人、集める形で専任の保育士が見ることもある。けれど、朝から晩までこれをしつづけることはなかなかできないのです。


<太田コメント>

 私は、小学校の教員をしていたころ、小学校で問題行動を起こす子どもは、どうしても繰り返してしまうことがありました。学校の指導だけでは無理なのです。そして、保護者の方に来ていただき話もしていましたが、なかなか改善は難しいということを感じていました。やはり、乳幼児期が大事だと。

 問題行動は子どもの行動です。でも、子どもは、それをしたくてしているのではありません。そうしてしまう。自分の意志ではどうにもならない行動をしてしまう。虐待、ネグレクトはその典型でした。そこまでいかなくても、保護者の方の厳しさが、子どもの行動に現れているということがありました。その原因が、保護者の養育にあるようなケースがたくさんありました。

 だから、今現在、保育所で仕事をしているということです。少しでも、乳幼児期の養育の大事さをお伝えし、少しでも、子ども自身が不安を感じることなく成長してほしいと考えているからです。微力ですがそうしていきたいと思っています。そして、今年8年目になりました。

 毎年、修了式のあいさつの中に次のような言葉を伝えます。「小学生になったんだから」という言葉は禁句です、と。

 小学生になって子ども自身もうれしいのです。でも、小学生になったからと言って、中身が成長しなければ、すぐにできるようにはなりません。形が先行するわけではないのです。だから、成長を待つ。見守ることが大事だと。

 佐々木氏の言葉を借りて、保護者のみなさんにお伝えしながら、子どもが毎日楽しく登園してほしいと願っています。それが、子ども自身の成長につながるからです。そして、それが、保護者の方の願いでもあると思っているからです。

 お伝えする機会は、文章でうまく伝わるか不安なところはありますが、できうる限りそうしていきたいとブログでお伝えしているということです。参考にできるところはそうしていただければと思っています。ただ、私が願うのは、子どものより良い成長・発達しかありません。繰り返しますが、毎日、楽しく保育所に通えるようにとしたい、集団保育を楽しんでほしい、と思っているだけです。

 ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« すみれ組が防火パレードに参... | トップ | 今週の予定です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。