H29寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

リズムをしていました

2017年05月17日 | 日記

 未満児(3歳未満児)のひよこ・いちご・めだか組がリズムをしていました。にしね保育所では、保育の中にリズムを取り入れています。6月と11月に講師の方を呼んで研修もしています。子どもたちが楽しんで体を動かす、とてもいい内容です。これが全クラス同じ曲でできるのです。だから、みんなでできる。子どもたちの年齢でその違いが出て来る。発達がわかるのです。これも魅力です。

 めだかの子どもが一番上。昨年までは一番下ですから、上の子どもたちの姿を見てきました。それが一番上ですから、たぶん張り切ってやってくれたことでしょう。

 ひよこといちごははじめて。さて、どうか。でも、結構できるんです。曲の雰囲気に乗って体を動かすことができます。まず、はじめてですから、大人の真似をしてできるようになり、5年間かけて少しずつレベルが上がってきます。まずは、自分の体をコントロールできるようになること、自分が思ったように動かせるようになることのが狙いとなります。これがかわいいんですね。見せたいです。運動会で見せることができるかどうか。お楽しみに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 藤の花を食べる会をしました | トップ | すみれ組が苗植えをしました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。