H28 寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

アンケート集計結果のお知らせ その4

2016年10月25日 | 日記

(3)遠足・園外保育について

<保護者のご意見・ご感想>

・子どもたちが楽しめるものを企画・準備してくださり、子どももとても楽しみにしています。

・いろんなところで連れて行ってもらい、いろんな経験をさせてもらい、大変ありがたく思います。

・家庭ではなかなか連れて行けない場所に連れて行ってもらい、お友達とのお出かけもうれしいようです。

・年齢ごとに合わせて、たくさん遊べる場所で、子どもたちも大満足です。

・日程もちょうどよく、その年齢に合わせた行先になっていると思います。事前に先生方が出向いてくださり、いろいろとリサーチしてくださっているのを知り、子どもたちが当日楽しめるよう、気持ちを高められるよう配慮してくれているのだなとうれしく思いました。

・家ではなかなかできないことをしていただいて「○○に行こうね」と子どもがまた行きたいといつも話してくれます。いろんな所に行けとても幸せです。

・季節に合った園外保育があって、子どもが自然を感じ取るようになった。遠足も年齢にあっていて、少しチャレンジ的なところもあり、子どもが「◯◯できた」と成長して帰って来ていてうれしく思う。

・当日を迎えるまでの子どもの指折り数える姿がとても印象的で、よっぽど楽しみになんだろうなあとひしひし伝わります。きっと、先生方からの事前学習的なエピソードもあり、子どもたちの盛り上がりにつながっているんだろうなあと感謝しています。

・通園以外で園バスを使わせていただいて、色々な所に行けて娘は幸せだと思います。ありがとうございます。

・いろいろな所に連れて行っていただき、子どももとても喜んでいますし、大変ありがたいと思います。来年から人数が増えると聞きました。今でも大変な思いをして、園外保育に連れて行っていただいていると思いますが、人が増えても、ぜひ、今のように子どもたちを楽しませてほしいです。

・行事同様、早い段階でお知らせがあるので、私たちも子どもが楽しめるように、忘れないように準備できるので、助かっています。遠足や園外保育があった日に、子どもに「どうだった」と聞くと、自分なりに一生懸命伝えようとするので、よっぽど楽しかったんだろうなあと思っていました。いつも興奮しながら話してくれます。

・子どもがたくましくなっていくのを毎回感じます。

<太田コメント>

・年2回の遠足を楽しんでできるように、準備をしています。家庭でも、楽しめるように、いろいろな準備をしていただいていることに感謝です。一緒に盛り上げてくださるから、子どもたちも楽しめるのだと思います。ありがとうございます。

・ある程度、遠足の場所が年齢毎に決まってきました。いろいろな条件を考え、子どもたちが満足して遊べる場所を選びたいと思っています。子どもたちの笑顔がたくさん見られる場所、いろいろなことを経験させられる場所となっています。

・園外保育は、季節を感じられるものをタイムリーに経験させたいと思っています。だから、計画的には行っていますが、急に行くということもあります。できるだけ、事前に準備が必要なものがある場合は、お伝えするようにしていきます。

 

(4)ブログについて

<保護者の方のご意見・ご感想>

・活動の様子を文字だけでなく、写真で見ることができるため、とてもいいなと思います。

・保育所での様子を知ることができ、写真も家では見れない姿だったりするので楽しみにしています。

・毎日仕事前に見るのが日課になっています。子どもたちの家庭とは違う顔を見られるので楽しみにしています。元気に楽しく過ごせているか?という親の不安を和らげてくれるツールだと思います。

・日常について、ブログを通して知ることができるので、子どもと話を共有することができうれしいです。また、急な連絡などもブログで確認できるのでありがたいです。

・お泊り保育では何回もチェックしてしまうほど。こんな便利なシステムがあり、恵まれていると感じます。ブログに反省させられ、○○してみようかなと考えさせられることがたくさんです。できているかと言われるとできていないのですが、やってみようかなと、自分がかわってみようという気持ちにさせてもらえます。知っているのと知らないのでは違うなあと思います。ちょっとずつ変わっていけたらなと読ませていただいています。

・親だけでなく祖父母なども見ることができ、よく見させていただいています。

・日常の保育所での様子がわかり、親としての在り方など勉強させていただいている。

・日々の保育の様子や予定など、いつも確認できるような状況にありありがたく思います。

・パソコンの前でブログを見ながら弁当を食べるのが、唯一の会社での癒しのひとときです。毎日楽しみにしています。

・毎日見ています。一日に数回見ることもあります。保育所での様子を写真で見ることができるので、いつも楽しみにしています。子育てについても不安だらけなので、とても参考になっています。

・毎日の更新を楽しみにしています。写真もたくさんあり、子どもたちの様子がよくわかり安心できます。H23年ブログから始まってから、ずっと毎日欠かさずブログを見ています。H25には子どもは保育所にいなかったのですが、子育てについてのブログもあり、勉強になることが多く、毎日見ていました。

・文章だけでなく、写真で活動の様子を見ることができるのでとてもうれしいです。まら、災害時にも活用できるように練習しており、「もし」に備えていてとても良いなと思います。

・保育所の様子を毎日ブログで見ることができるので、毎朝楽しみにしています。

・なかなか子どもが話してくれないことも、ブログを通して何をしたかを知れるので、すごくありがたいです。

・おたよりは無くしてしまうと見れないけど、ブログを見ることで、ちょっとした時間でも見れるので働いている私たちにはとても助かります。

・とてもまめに子どものことが教育などなどに関して書いていただき、毎度参考にさせてもらっています。が、なかなか読むのが追い付かない時があります。子どももブログの写真を楽しみにしています。

・今週の予定のアップ大変助かります。仕事で忙しい時、すぐに確認できるので安心です。ブログで保育の様子もわかるため、写真のアップも楽しみにしています。子どもも自分の写真を見て喜んでいます。

<太田コメント>

・おおむね好評でありがたいです。おたよりをアップしていることで確認できるというご意見がありましたので、アップできるように心掛けます。一番は、保護者の方に、保育所の様子をお知らせするというのがねらいです。文章は適当に読んでいただき、写真を楽しんでいただければと思います。

・保育所としてのねらい、所長としての願い、情報提供などを含めてさせていただいています。利用できるものを利用する、スルーするところはスルーするということで結構です。

 

(5)その他

<保護者の方のご意見・ご感想>

・子どもが楽しく過ごしている様子がうれしい。先生もあった時に様子を教えていただけて安心してお願いできる。

・来年から、2クラスずつになるという点について、娘は来年すみれ組になるで、いろいろな行事があることを、今から楽しみにしています。何とか行事の縮小だけは避けていただきたいです。また、仲の良い友達とクラスが別になる点について、2クラスになるとはいえ、基本的に活動は一緒なのでしょうか?まるっきり別行動になるんでしょうか?その点を明確にしていただきたいです。

・上の子の時はバス通園でした。なかなか保育所に行く機会がありませんでした。今通っている子は祖母の送り迎えにしています。私が休みの日、迎えで保育所に行くのが楽しいです。祖母も保育所に行って先生と話したり、先生の名前を覚えたり楽しいと話しています。子どもだけでなく、親も、祖母も楽しく保育所に行けていると思います。

・ママの飲み会があり、全く知らない人ばかり、ドンドン広がりが出て、子どものことを離したり、行事でもお互いの子どもを応援できたり、楽しくなってきました。ママ同士が仲良くなれる機会ありがとうございました。

・今年ありました、母親だけの飲み会、ぜひ、毎年恒例にしてほしいです。他のお母さん、先生たちと仲良くなれる最高の場です。お母さんの日々のイライラもだいぶ和らぎます。

<太田コメント>

・次年度からのことは次年度ということになります。もちろん、これまでと変わるわけではありません。基本的には、これまでを維持しながら、できないところは、新たな方法を考えるということになります。2クラスになるということで、様々なご意見があるでしょう。そうなった場合は、子どもの成長・発達を考え、それぞれのお子さんにとっていい選択をしていきます。また、どの程度の人数から2クラスが適当なのかということも検討しています。私は、現在のところ、担任は2名でないと、これまで同様の保育ができないと考えています。また、人数が20名以下では、集団として少ないと考えています。しかもその際は担任が一人になります。子どもにとって負担になると思っています。ただ、20名程度で2人の職員の確保は運営上できません。人数が決まった段階で考えていくしかありません。1月中には決めます。しばらくお待ちください。

・母親だけの飲み会の継続のご意見がありました。ご要望にお応えできるようにしていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アンケート集計結果のお知ら... | トップ | すみれ組がお茶会に行ってき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL