H28 寒河江市立にしね保育所

ゆっくりおおきくなあれ

もも組とすみれ組がチューブすべりを楽しんできました

2017年02月09日 | 日記

 朝から、テンション高めの子どもたち。チューブ滑りに行ってきました。

 少し降った雪がちょうどいい感じ。天気も晴れることもあり。でも、気温が高めということがあり、あまり滑りは良くない状態でした。でも、子どもたちは十分楽しんできました。

 毎年実施している、もも組とすみれ組のチューブすべり。昨年は、インフルエンザの子どもがたくさんいて延期して、もも組とすみれ組が別々に行きました。そんなこともありました。

 

 今年は昨年ほどでないので実施。子どもたちが楽しんできました。チューブすべりのコースは50Mぐらいはあるでしょうか。それが坂にあるわけです。だから、それを1回滑ったら登ってこないといけない。登ってこないといけないわけです。これが大変。

 でも、それはこどもたち。登っては滑ることを繰り返しました。直線コースは滑る。速い。そのスピードは最高です。こうしたスピード感はめったに味わうことができません。だから、はじめての子どもは、怖いということもあります。でも、だんだん慣れてきて、何度も滑ろうとするのです。

 この感覚を味わわせたい、楽しんでほしいというのが願い。もも組とすみれ組で行くことになれば、2回行くことになります。2年目は楽しみが倍増すると思っているのです。

 この感覚は、先日研修を受けたものでは、前庭感覚というそう。バランスやスピードを感じる感覚です。これが脳の発達には重要という話。いろいろな遊びが全部はいるのだけど、こうしたスピード感は特別です。ぜひ、幼児のうちに味わってほしいものです。大人になるとどうしても鈍くなる感覚の一つですから。

 一人で滑った後は、2人で、3人で、4人で、とつながっていきます。これも楽しい。直線コースではものすごいスピードになるのです。やったものだけが味わえる感覚でしょう。

 くねくねコースも楽しみました。まっすぐでなく、くねくね。これが好きで何度も滑る子どももいました。また、直線のスピードとは違うんですね。

 途中でアメタイムの休憩を入れました。アメをなめ終ると早速滑る子どもたちも。楽しんできました。お昼寝も、いつも寝つきが良くない子どもも寝たそう。あれだけすれば当然でしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもたちの様子です2/8 | トップ | 2月誕生会を延期しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL