SPECTACLE DIARY

かわいいお客様や今日あった症例などを紹介しています

レックスペックスの加工

2017年03月07日 21時20分55秒 | 日記
スポーツ用ゴーグル、レックスペックスに
度数を入れて作製しました。




このお客さんはサッカーを習っている7才のお子さんで
現在弱視で治療中です。

遠視もそこそこあるのでサッカーをするときも
眼鏡をしなくてはなりません。

度数は
R=S+4.00D C-0.75D 20°
L=S+5.00D C-1.75D 150°

PD52.0mm

このフレームはカーブが強いですから
レンズを注文するときにカーブを指定します。

レンズもカーブがつけやすいように球面レンズにして
PDが狭いので偏心して注文します。

そして型に合わせて機械で削っていくのですが
レンズのヤゲン(山)を出来るだけ前に立てます。


少し大きめに加工しヤスリで削っていきます。

削るときに傷がいかないように保護テープをレンズに貼り
ヤゲンの後ろの部分をヤスリでけずり段差をつけます。

しっかり削らないとフレームにひっかかり綺麗にレンズが収まりません。
レンズもすぐ外れてしまいます。




ひたすら削ること2時間弱。
ようやく完成です。


レックスペックスの加工は終わった後どっと疲れがでます。

それだけ神経をつかう加工なんです。














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輻湊不全用累進レンズ | トップ | フリッパーレンズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。