SPECTACLE DIARY

かわいいお客様や今日あった症例などを紹介しています

円錐角膜のお客様

2017年04月06日 09時42分53秒 | 医療用眼鏡
円錐角膜のお客さんが眼鏡調製に来店されました

年齢は16才の男性
ハードコンタクト(円錐角膜用)をしていて
今回眼鏡は初めて調製します。

オートレフで測ると
右眼は測定できるのですが
左眼はエラーが出てほとんど取れません。



左眼の画像です。

通常白い円がきれいな〇(丸)になるのですが
円錐角膜や角膜疾患がある方はいびつな円になります。

この画像からも左眼は乱視も強そうだし
眼鏡で視力は出にくいだろうと予測できます。

検査すると度数は以下のような感じでした
RV=(1.0×S+0.50D C-2.00D AX40°)
LV=(0.7×S-2.25D C-3.25D AX115°)

左眼はコンタクトでの視力は(1.2)ありますが
眼鏡では(0.7)が限界でした。

度数の差は円錐角膜の進行具合による
眼軸長の変化からきたものです。

上記の度数ではテスト装用時、違和感を感じるということで
左の近視の度数を緩めて調製しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お客様紹介 | トップ | 眼鏡処方箋の書き方(近近両用) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療用眼鏡」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。