十勝の山里で山遊び

十勝の豊な自然を紹介するページです
豊富な自然の中で気ままに過ごし
至福の時を満喫してます

ヨーグルトメーカーで納豆作り

2017年06月18日 | 食品加工
市販品に近付ける工夫
自家栽培している大豆を味噌や豆腐、納豆にして消費している
何度か納豆を作っているが市販品の様に皺の有る納豆に仕上がらない
水分が多いからだと感じて一番簡単なヨーグルトメーカーで
試し作りして見た。


大豆を水に浸す
これは一昼夜で今迄と同じ工程だ。


圧力鍋で蒸した
圧力鍋で煮た物を使っていたが今回は圧力鍋に金網のザルを入れて
蒸して見た。
納豆菌液をまぶしてヨーグルトメーカー付属のストレーナー(網籠)に
豆を入れた。

温度42℃で24時間保温設定だ。
極力豆の水分を減らそうと言うのが狙いです。



保温時間到達の状態
真上にキッチンペーパーを乗せ3度程、交換したせいか
以前より水分が少ない様に感じた。


網籠に入って出来上がった納豆
余分な水分は保温容器の下に落ちます。
保温中は上に乗せたキッチンペーパーが蒸発した
水分を吸着させました。



容器底に溜まった水分
余分な水分は菌の増殖に悪影響を及ぼすので
網籠を使ったのは正解でしょう。


容器に移して冷蔵
出来上がった納豆を容器に移し替えて冷蔵庫で半日熟成
強力な糸を引く納豆の出来上がりです。


夕食に試食
今までは納豆の香りや糸を引いても市販品とは違い
水分過多の製品でしたが一歩市販品に近付いた製品が出来上がりました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再防除 | トップ | ランクルのウィンチは強力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL