十勝の山里で山遊び

十勝の豊な自然を紹介するページです
豊富な自然の中で気ままに過ごし
至福の時を満喫してます

アライグマ

2017年05月18日 | 動物-野生
遂に捉った捕らえられたアライグマ
役場にお願いして仕掛けて頂いた箱罠に遂に
アライグマが入って捕獲されました。

初回は黒猫が入り次はエゾタヌキで足跡は
有れども肝心のアライグマが入らなかった。

足跡の見間違いかと心配したけれど本物の
アライグマが居たのを確認して安心しました。


捕えられたアライグマ

おっちゃんこして可愛く見えるけれど
近寄るとフーフーと私に威嚇してきます。
慣れないとエゾタヌキと見間違いそうです。


先日放したエゾタヌキ
5月6日に箱罠に入ったエゾタヌキです。
アライグマと見比べて下さい似てますね。



アライグマの手

アライグマの後足

アライグマの尻尾
独特の縞模様ですエゾタヌキの尻尾にも縞は有るが
不鮮明な色です。


アライグマの尻尾



アライグマは役場の方が処分して下さいました。
役場の職員の方には判別の仕方等を親切に教えて
頂き駆除して貰い感謝です。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょいと釧路へ | トップ | ルバーブ収穫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (どらねこ)
2017-05-19 12:04:02
顔だけでは見分けがつきませんね。
アライグマはただ生きんがための行動なのですが、人間の経済活動や在来種への圧力を考えると致し方ないのでしょうね。合掌
Unknown (ミッキー)
2017-05-19 23:33:50
どらねこ様
顔は似てます初めて見たら見分け出来ないかも
性質はアライグマは気性が荒くタヌキは温和です。
人間の勝手で日本に持ち込まれたアライグマは
気の毒です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL