十勝の山里で山遊び

十勝の豊な自然を紹介するページです
豊富な自然の中で気ままに過ごし
至福の時を満喫してます

春の小川

2017年04月21日 | 生き物-魚類
小川の辺を歩くと
小川のふちを歩くと生き物が水中に泳いでます。
産卵のためでしょうか群れてました。

昨日まで増水していた水位が下がって出て来た
川縁にまた奴が歩き回ってます。


ドジョウ
本流から遡上したらしくドジョウが群れになって
泳いてました。
産卵に来たのでしょう。



アライグマの足跡
昨日まで雪や霙が降って増水していた小川も水位が下がりました。
なんと水が引いた砂場にはアライグマが歩き回って足跡を残してます。
役場の指示で猟友会の方が仕掛けた箱罠には全く入りません。
賢い生き物です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小川の生き物

2015年07月29日 | 生き物-魚類
小川に動く魚?
一度完全に干上がった小川に降雨で小さな流れが戻った。
川を歩くと小さな生き物がピピっと動いて逃げます。
カジカノ稚魚だと思い込んでましたが少し違う様に感じます。

ドジョウやヤツメの幼魚とも違う気がしてます。
カジカにしては頭部と胴体の比率が違いますね。
正体を知りたいけれど分かりません心がモヤモヤしてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑で金魚救出

2015年07月11日 | 生き物-魚類
スイレン池が渇水
雨不足でしてスイレン池の水量も激減してます。
底の方に僅かに水が残っていてドブの様な場所に金魚が
住んでます。
このままでは金魚も死滅するでしょう。


金魚救出
家内が網で8匹の金魚をすくいポリペールに救出を行いました。
暫くはポリ樽で過ごして貰います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイレン池の金魚たち

2015年03月18日 | 生き物-魚類
スイレン池の金魚
昨年11月に氷結が始まったスイレン池は、この所の暖気で
水量も増え氷も解けて薄くなりました。

氷の下に赤い金魚
無事なのか心配された金魚が飴色になった氷の下に透けて見えた。
厳寒の冬を生き抜いてくれました。
11月に確認した6匹の金魚は全部<生きているのかな?


氷すくい
池の氷を取り除く為に割った氷を金魚すくいでは無く
雪掻きを用い氷すくいです。


真っ赤な金魚
氷が無くなった部分には真っ赤な金魚が太陽を浴びたいのか
大きな金魚が出て来た。


濁った池に見える金魚
氷をとるのに掻き混ぜたので池は濁ってますが8匹の金魚です。
あれれ増えたのかな?


水が澄んだ池
水が澄んだ池を覗くと何と9匹の金魚です。
毎年越冬する度に凍死する金魚が居るのに今年は全部生き延びました。
数を減らしたと思って居た金魚は落ち葉の下に隠れていて、秋口には9匹生きていたのです。

今年もボウフラを沢山食って蚊を退治して欲しい金魚たちです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年12月26日 | 生き物-魚類
年末のデパート
用があって久々に帯広の街へ出掛けた、時間潰しに暮れのデパートに入った。

年末の店内
平日のお昼近くなのに買い物客でそれなりに賑わっていた。
私の様に見るだけ客も居たのかな?


〆飾り
店内にはお供え餅や繭玉、〆飾り等が並べられて年末で有る事を
実感出来ました。
年配のご夫婦は真剣に〆飾りを選んでます。


白樺の巨木
山小屋の傍には1本の大きな白樺が生えてます。唐松林だったこの場所で
とても大きくて立派な巨木な為に切らずに残りました。

白樺の大木
白樺の寿命は短いと聞きます。通常20年~80年 調べる物によって
差が有り過ぎです。
この木は周囲のカラマツから推定して50年は経過しているでしょう。


木肌
白樺とは呼べない程、褐色化した木肌です。
幹は私の腕を回してやっと指先が届くほど太いものです。

白樺の樹皮にはベチュリンと呼ばれる抗菌効果のある物質が含まれて
いる様でして、木質が朽ちても樹皮は抗菌物質に守られ残るらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加