西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン

2014年12月25日 21時22分23秒 | 西京極シネマ
【出演】
 マーティン・フリーマン
 イアン・マッケラン
 リチャード・アーミティッジ
 オーランド・ブルーム
 エバンジェリン・リリー
 リー・ペイス

【ストーリー】
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリンらは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり…

【西京極の評価】
児童文学のくせに現実的でスッキリしない原作のラストをピーター・ジャクソンが見事にまとめてくれました。ビルボ、トーリン、バルド、そして原作には登場しないゲストキャラのレゴラスやジャクソン監督オリジナルのタウリエル、それぞれに見せ場を用意し、1作目2作目の伏線回収、飽きの来ない戦闘シーン、LOTR3部作につなげる演出まで、非の打ちどころのない仕上がり。ああ…長い長い旅が終わったのだなぁとしみじみしました。年末にきて今年4つ目の満点評価です!

【総合評価】 ☆☆☆☆☆(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆☆
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イロイロ更新しました | トップ | 今年のサンタのプレゼントは... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
連続技を 連続シーンに (iina)
2014-12-29 11:35:25
>1作目、2作目の伏線回収、飽きの来ない戦闘シーン、LOTR3部作につなげる演出まで、非の打ちどころのない仕上がり。
連続技アクションを、巧みに連続シーンに仕上げていました。

原作のラストはスッキリてなかったのですか。しかし、本作を平和に着地させました。

iinaサマへ (西京極 紫)
2014-12-29 12:32:58
いつもコメントありがとうございます。

>原作のラストはスッキリてなかったのですか。

原作ではトーリンの変貌、強欲っぷりがハンパなく、
スマウグの呪いという設定もなかったもので、
「ここまでみんなで協力してきたのに、最期コレはないわ!」って感じだったもので…
児童文学だったら普通、竜を倒して宝物を手に入れて、
みんな幸せになりました、メデタシ、メデタシ…ですよね?
それがそうならないでドワーフ、エルフ、人間との戦争になってしまうところがなんとも英国のニヒリズム。

>しかし、本作を平和に着地させました。

映画の方はトーリンが最後に男気をみせて、
名誉回復して終わるので良かったです。

今年も残り少なくなりました。
良いお年をお迎え下さい。
Unknown (なお)
2015-01-10 22:42:58
西京極 紫の館さま

TBありがとうございました(^^)
本当に終わってしまいまいましたね。
心に残る物語、今後何度も観返す作品です。
あとは、EE発売を楽しみに…
なおサンへ (西京極 紫)
2015-01-11 09:34:21
こちらこそコメントありがとうございます。

終わりましたね~、ビルボとフロドの旅の物語が…
またフロド3部作をDVDで観直そうと思いつつ、まだ果たせていませんw

次、ジャクソンは「タンタンの冒険」の2作目を監督する様ですが、
僕あんまり好きじゃないんですよね、フルCGって…
へーへーへー (sakurai)
2015-01-22 09:57:31
そうなんだ。
原作、挑戦しようかと思ったのですが、早々にあきらめました。
映画で満足なんで、これで◎!
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2015-01-22 23:09:59
>原作、挑戦しようかと思ったのですが、早々にあきらめました。

原作小説のファンであるピーター・ジャクソンが
自分で納得できる改変を施したのだと思いますが、
その効果はあったと思います。
原作「ホビット」には出てこなかったタウリエルとレゴラスが効いてますね。

原作読まなくても大丈夫ですよ。
押さえるべきところはちゃんと押さえてますし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ホビット 決戦のゆくえ・2D字幕版 (テレビ徒然記)
や、やっと見に行けました! スマウグが湖の町を襲う所から始まる本作。 バルドが鉄の矢でスマウグを倒したのはカッコ良かったんですが、あっさり倒されちゃったかなあとも 感じてしまいました。オークとの戦いもあるからね…あまりスマウグのシーンが長くなるのも、と...
『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014) (相木悟の映画評)
名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! 壮大なシリーズの幕引きと前シリーズへのブリッジという意味では、文句のない豪勢な一本ではあるのだが…。 J・R・R・トールキン著のファンタジー小説の古典の映画化として、歴史に残る傑作となった『ロード・オブ・ザ・リ...
ホビット 決戦のゆくえ (佐藤秀の徒然幻視録)
必死剣鳥刺し 公式サイト。原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ ...
映画 『ホビット 決戦のゆくえ』 (向う岸)
allcinema 『ホビット 決戦のゆくえ』 スマウグから故郷を奪還したドワーフ、竜に焼かれた街の 再建費用を求める人間、先祖伝来の宝を奪い返そうとする 森のエルフの三つ巴に、サウロンの命を受けたアゾクの闇の軍勢が 襲いかかる。 大勢の兵士が入り乱れる大合戦シ...
ホビット 決戦のゆくえ (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』 (水曜日のシネマ日記)
『ホビット』3部作の最終章です。
ホビット 決戦のゆくえ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは
ホビット 決戦のゆくえ  2D字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
竜スマウグから故郷を取り戻した一行が、黄金を狙う者達の襲撃を受けて戦いを繰り広げる。黄金の魔力に取り付かれた王が攻める敵を前にして目覚める葛藤がしっかりと描かれていたので、その後の戦いのシーンを引き立てていた。見終わったあとの充実感は格別だった。
映画「ホビット 決戦のゆくえ」 (FREE TIME)
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れませ...
「ホビット 決戦のゆくえ」 (或る日の出来事)
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。
『ホビット 決戦のゆくえ』観賞してきました。 (デタうま)
『ロードオブザリング』の前譚「ホビット(の冒険)」3部作のラストである、 『ホビット 決戦の行方』を観てきました。 原作:ホビットの冒険(J・R・R・トールキン) 監督:ピーター・ジャクソン キャスト:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン等 『ロー...
ホビット 決戦のゆくえ (Akira's VOICE)
戦うしかないのであります!  
『ホビット 決戦のゆくえ』 (こねたみっくす)
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...
ホビット 決戦のゆくえ (ただの映画好き日記)
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリンらは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。
ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた....
ホビット 決戦のゆくえ 3D (そーれりぽーと)
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 怒りに震えるドラゴンがエスガロスの街を急襲する前作のラストシーンに直接繋がって始まる本作は、最初から...
ホビット 決戦のゆくえ (だらだら無気力ブログ!)
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。
ホビット 決戦のゆくえ (もののはじめblog)
ことし映画55本目に、「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章を観た。 邪龍スマウグ(竜)は、怒りに燃え町を襲う・・・。 3Dは疲れるので、2Dで観たクライマックスの戦闘シーンは、一同が恰好よく暴れまわる。すごいシーンをよく撮...
「ホビット 決戦のゆくえ」、3Dによる大バトルは圧巻です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ ファンシー大バトル好き ☆☆☆☆☆ ホビット第2作は、DVDで鑑賞していたので、今回は思い切って3D吹き替え版で鑑賞。 なにしろ、登場人物が多いのと、その関係が複雑なのでシンプルに楽しんだ。 145分の大作、なおかつ3部作の最終章。...
■ホビット 決戦のゆくえ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第366回「今までの襲いかかった睡魔は何だったのか?」 「ロード・オブ・ザ・リング」から続くこのシリーズ。1本につき約3時間の長丁場。とても好きなジャンルだし、わくわくして劇場へ足を運ぶのですが、どういうわけなのか途中で猛烈な睡魔が毎回襲いかかります。....
ホビット 決戦のゆくえ(2014) THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 144分 (極私的映画論+α)
 どれがお好きですか?(笑)
『ホビット決戦のゆくえ』 (キュートなバアサンになるために)
    公式サイト  やっと完結しました!! こうして数年に渡る映画だと細かなストーリーや登場人物を忘れてしまっています。  穏やかな暮らしをしていたホビットのビルボは魔法使いのガンダルフや竜に国を奪われたドワーフたちと旅に出た。 そして竜の棲んでいたド....
映画『ホビット 決戦のゆくえ』本予告 (癒し系!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日もめちゃくちゃ寒いですね。天気がいいのは関東だけで、今シーズンの冬は、この先が思いやられます。 さて、今日は帰りがけに映画を観てきました。 映画『ホビット 決戦のゆくえ』本予告 ロードオブザリングの前日譚(たん)で、ホビット...
WOOD JOB! (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:DVD  「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口監督による最新作。劇場公開時から評判がよくて観たいと思っていた作品でやっと観賞できました。  監督の得意とする「知られざる職業もの」。  なんとなくあるのは知っているがその実情をしらな....
No.468 ホビット 決戦のゆくえ (気ままな映画生活)
J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章。ビルボ・バギンズ、トーリン・オーケンシールドら旅の一行は ...
『ホビット 決戦のゆくえ』 (beatitude)
はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な...
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。指輪が象徴するものって、葉っぱ系?(笑)原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志です...
ホビット 決戦のゆくえ [見た目ドワーフ監督は技巧より男気で泣かす] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
78点(100点満点) 2014年1月4日、丸の内ピカデリーにて鑑賞 思ったより感動してしまったホビットの完結編。第一部と第二部はちょい盛り上がりに欠けていた感じが否めないのだけど、最後まで付き合ってよかったと思った。 というよりそこそこ次が気になるように作ってき...
「ホビット 決戦のゆくえ」 (ゆっくり歩こ。)
戦いのシーンが多いです 空には暗い雲がかかり、石・岩だらけの城、氷・雪・・・ とっても寒そう~! 今回はドワーフの王、トーリンが金の山に心を奪われ・・・ すっかり変貌してしまったトーリンはどうするのか? エルフ族の王が軍隊を率いてきた 闇の軍....
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった!  (50代ベテランママの節約と稼ぎ方(100万円稼ぎ突破中))
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった! 2014年は、少ししか映画館に行かなかったので、今年はもう少し、見てきたいな~って思ってます  2015 ...
「ホビット 決戦のゆくえ」 竜の病 (はらやんの映画徒然草)
ピーター・ジャクソンの「ホビット」3部作の完結編です。 前作ではビルボやドワーフ
ホビット~決戦の行方 (シネマ日記)
前作からまだかまだかと待っていたせいで随分長い間待たされていたような気になっていたんですけど、前作のレビュー書いたのは今年の3月でした。いよいよ中つ国での冒険が本当に終わってしまいます。前回スマウグヴェネディクトカンバーバッチがバルドルークエヴァンスた...
ホビット 決戦のゆくえ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ホビット 決戦のゆくえ '14:米 ◆原題:THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES ◆監督:ピーター・ジャクソン「ホビット 竜に奪われた王国」「ラブリーボーン」 ◆出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、オーランド・ブルーム、ルーク・エヴァンス...
ホビット 決戦のゆくえ (迷宮映画館)
ここはきちんと決まりをつける。大納得。
『ホビット 決戦のゆくえ』を見ました (カットハスツイン店長まさおの「1分では読めない日記」)
月曜日の夜にレイトショーで 『ホビット 決戦のゆくえ』を見ました。 ホビット三部作の最終話です。 前作までの内容は主人公でホビットのビルボ・バギンズが ドワーフたちと一緒にドワーフの故郷を竜から取り戻す 旅に出て、故郷に戻って竜と戦ったところまでです。 ...
ホビット 決戦のゆくえ (いやいやえん)
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦い...
ホビット 決戦のゆくえ (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) 監督: ピーター・ジャクソン 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン 脚本: ピータ...