西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海 (3D吹替版)  監督/トール・フロイデンタール

2013年11月04日 19時51分10秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ローガン・ラーマン (声:宮野真守)
 ブランドン・T・ジャクソン (声:林 勇)
 アレクサンドラ・ダダリオ (声:渡辺麻友)
 ダグラス・スミス (声:木村良平)

【ストーリー】
ギリシャ神話でも知られる海の神ポセイドンと人間の母の間に生まれた、ハーフゴッドのパーシー。謎のクリーチャーに襲われた彼は、それをきっかけに人間界と神々の世界の境目にあった結界が破られ、ハーフゴッドの世界を守るタレイラの木が枯れようとしているのを知る。また、その裏にはポセイドンらによって封印された神々の父クロノスの復活が関与していた。彼の邪悪なパワーを食い止め、世界を救うべく、パーシーと仲間たちはその鍵となる黄金の毛皮を探し求める冒険に出発する。

【西京極の評価】
続編は作られないんじゃないかと思っていたらありました(^^;) 前作はハリポタと設定が似過ぎている点を厳しく評価したのですが、今回の続編は評価を上げました。今回もギリシャ神話ネタ満載で面白いです。この先どうなるかは分りませんが、今のところは変に重苦しい展開にはなりませんし、最後まで楽しく観られました。こういう陽気なファンタジーは…アリでしょう。今作の注目は新しく仲間入りしたキュクロプスのタイソン。憎めないキャラは次回作以降も注目です。日本語吹替え声優として参加したAKBまゆゆも、ふなっしー(苦笑)もまずまず合格点。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/3 第39節 ヴィッセル神戸戦... | トップ | 一刀斎夢録 (上・下)  浅田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 『アメリカン・パイパイパイ!』の時間が合わず本作をチョイス。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (だらだら無気力ブログ!)
普通に面白かったけど、続編出来た頃には綺麗さっぱり忘れてるだろうな。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS】 2013/11/01公開 アメリカ 106分監督:トール・フロイデンタール出演:ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ジェイク・アベル、ダグラス・スミス、スタンリー・トゥッチ 世界は<ギリシャ神話...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海/ローガン・ラーマン (カノンな日々)
リック・リオーダンの人気ノベルを原作にしてギリシャ神話の神と人間との間に生まれた半神(ハーフゴッド)の少年、パーシー・ジャクソンが繰り広げる冒険劇を描いたアクション・フ ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神:魔の海 (風に吹かれて)
弟は一つ目小僧 公式サイト http://www.foxmovies.jp/percy原作: パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2/魔海の冒険 (リック・リオーダン著/ほるぷ出版)海の神ポセイドン
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海 ★★★ (パピとママ映画のblog)
人間と海神ポセイドンの血を引く「半神半人(デミゴッド)」の少年パーシー・ジャクソンの活躍を描いたファンタジー「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(2010)の続編。封印された先代の神々の王クロノスの復活を阻止するため、パーシーは魔の海に隠された黄金の...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  約3年前に上映された映画の続編になります。 前作を観てから 原作をすべて読みました。 しかし、原作は児童図書なのでちょっと恥ずかしい思いをしながら図書館で借りたことを思い出しました。  前作では自分が半神半人(ハーフゴッド、前作ではデミゴ....
[映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆前作を見ていたハズなのだが、あんまし覚えていない。  主人公がポセイドンの落胤で、水にずーっと潜っていられるのと、ゼウスやポセイドンが気楽に人間界で過ごしているのが面白かった記憶がある。  同時期に公開されていた『インモータルズ』や『魔法使いの弟子』...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
リック・リオーダンの<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズの2作目『魔界の冒険』の映画化作品で、前作の監督クリス・コロンバスは製作総指揮にまわり、トール・フロイデンタールがメガホンを取った。ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、ア...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」  わかりやすい冒険ファンタジー (はらやんの映画徒然草)
前作は劇場では観ずにDVDで観賞しましたが、今回は劇場で。 とは言っても積極的に
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (銀幕大帝α)
PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS 2013年 アメリカ 106分 アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2013/11/01) 監督: トール・フロイデンタール 『グレッグのダメ日記』 製作総指揮: クリス・コロンバス 出演: ローガン・ラーマン:パーシー・ジャクソン ア...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (いやいやえん)
あれ?前作と設定で違う部分がある…。なんだか変…と思ったら、監督が違うのね! パーシーは見事に大人になりました。前作から3年。子供の3年は短いっしょ。 あと思うところはまたAKBの吹き替えかよ!ってところなんですが…「声優」という職業があるのになんで...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 (ただの映画好き日記)
ギリシャ神話の海の神<ポセイドン>と人間の母との間に生まれた<半神(ハーフゴッド)>のパーシーは、不気味な<予言者>の言葉から世界が危機にあることを知る。