西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

高慢と偏見とゾンビ  監督/バー・スティアーズ

2016年10月11日 22時49分39秒 | 西京極シネマ
【出演】
 リリー・ジェイムズ
 サム・ライリー
 ジャック・ヒューストン

【ストーリー】
18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するという事件が発生。田舎で生活しているベネット家の、エリザベスら5人姉妹はカンフーを駆使してゾンビと戦う毎日を過ごしていた。ある日、エリザベスは大富豪の騎士であるダーシーに出会うも、高慢な振る舞いに嫌気が差す。やがて、二人は共に戦うことになるが…

【西京極の評価】
原典である『高慢と偏見』をまったく知りませんので、どの辺まで原典に忠実でどこからがアレンジなのか分かりません。ですがゾンビ物の要素を入れたせいで面白くなったかと問われれば、恐らくあまり効果はなかったのでは?という他ありません。主演のエリザベス役のリリー嬢がなかなか凛々しくてイイ感じなので、それだけである程度満足はしました。ホラーテイストは低めです。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/8 第35節 ジェフユナイ... | トップ | CUTIE HONEY -TEARS-  監督... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2016-10-12 23:33:14
ワタシも原作知りませんでしたし
過去作の『プライドと偏見』も未見なので
比べようがないというのが残念でした(笑)
itukaサンへ (西京極 紫)
2016-10-12 23:43:24
コメントありがとうございます。

鑑賞後、原典である『高慢と偏見』についてWikiで調べてみました。
どうやら筋立てはほぼ原典に忠実なようです。
であれば、なかなか脚本家は巧くゾンビ要素を入れ込んだと言えそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
高慢と偏見とゾンビ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) アイパッチ姿の美形女戦士ってそうはいない(笑)
『高慢と偏見とゾンビ』 2016年9月23日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『高慢と偏見とゾンビ』 を試写会で鑑賞しました。 本日の2本目であるが、珍しく2本ともGAGAの作品であった。 【ストーリー】  18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大......
高慢と偏見とゾンビ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Pride and Prejudice and Zombies。ジェイン・オースティン原作の原作、セス・グレアム=スミス原作。バー・スティアーズ監督。リリー・ジェームズ、サム......
『高慢と偏見とゾンビ』 (時間の無駄と言わないで)
古典にゾンビを足したっていうインパクト勝負の出オチ作品だと覚悟して観に行ったけど、なかなかどうしてコレが面白い。 ゾンビがいる世界でちゃんと直球勝負で「高慢と偏見」......
高慢と偏見とゾンビ (あーうぃ だにぇっと)
高慢と偏見とゾンビ@よみうりホール
[映画『高慢と偏見とゾンビ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
     『高慢と偏見とゾンビ』 予告編 ☆・・・よく出来ています。 19世紀初頭に書かれたジェーン・オースティンの小説の、状況を借りただけの作品と思っていたら、ちゃ......
高慢と偏見とゾンビ/PRIDE+PREJUDICE+ZOMBIES (我想一個人映画美的女人blog)
ジェーン・オースティンによる恋愛小説の古典「高慢と偏見」に ゾンビの要素を取り入れる大胆なアレンジでベストセラーとなったセス・グラハム=スミスの同名小説を映画化 ......
『高慢と偏見とゾンビ』 (beatitude)
謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。そのウィルスに感染した者は、ゾンビとなって人々を襲い出す。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、お金持ちとの結婚に情熱を燃やす母......
高慢と偏見とゾンビ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PRIDE + PREJUDICE + ZOMBIES】2016/09/30公開 アメリカ 108分監督:バー・スティアーズ出演:リリー・ジェームズ、サム・ライリー、ジャック・ヒューストン、ベラ・ヒースコート、ダグラス・......
高慢と偏見とゾンビ (映画好きパパの鑑賞日記)
 19世紀のイギリスを代表する恋愛小説「高慢と偏見」にゾンビを加えるという奇想天外な発想の作品で、笑えながらもきちんとしたゾンビ映画にしているのは偉い。次は同じ主演のリ......
「高慢と偏見とゾンビ」、名作「高慢と偏見」にゾンビをプラス! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ 文学映画好き ☆☆☆★ ジェーン・オースティンによる恋愛小説の古典「高慢と偏見」を映画化した。そこにゾンビを加えたらどうなるか?が本作品。 感染する......
『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」 ......
高慢と偏見とゾンビ PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES (まてぃの徒然映画+雑記)
原作は相当有名らしいジェーン・オースティンの「高慢と偏見」、それをセス・グレアム=スミスがゾンビが登場するパロディホラー小説に仕立てたものを映画化。ナタリー・ポート......
高慢と偏見とゾンビ ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
ジェーン・オースティンの古典『高慢と偏見』をベースに、原文をほぼそのまま用いつつ、内容を過激なゾンビ・アクションに改変して話題を集めたセス・グレアム=スミスの同名マッ......