西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

LIFE!  監督/ベン・スティラー

2014年04月05日 18時28分54秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ベン・スティラー
 クリステン・ウィグ
 シャーリー・マクレーン 
 ショーン・ペン

【ストーリー】
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。

【西京極の評価】
どうレビューしたらいいのか…う~ん。とにかく説明できないから観てください!としかいえない。いろんな事情から今の自分を変える為の一歩を踏み出せない男が、その一歩を踏み出したら一気に彼の周りの景色が変わっていく、それも素晴らしい方向に。出来過ぎっちゃあ出来過ぎなんだけど、この主人公なら許せちゃう。D.ボウイの「Space Odessey」とか80'sサウンドがそこここで使われていてカウンターな僕には堪りませんでした!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月馬鹿じゃなかった | トップ | 違いをみせた! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愛すべき ()
2014-04-07 17:51:45
ウォルター。我が身にも憶えがあるようなちょっとなさけないところがあって。入りこんで観てしまいました。
風景など圧巻で、映像も見ごたえありましたね。

(トラックバックに間違えて他の映画のまで送ってしまいました、、、すみません(-_-;))
夏サマへ (西京極 紫)
2014-04-07 23:14:40
コメントありがとうございます。

予告トレーラーを観た時から映像はすごいけど
どんな映画かさっぱりわからん…と思ってスルーしてました。
知人が「良かったよ~」と云ってくれたので
ようやく観る気になりましたが…宣伝しにくい映画ですね。

だれでも妄想くらいはすると思いますけど、実際にやるとなったら…
ウォルターみたいになかなか出来ませんけどね(^^;)

これからも宜しくお願い致します。

追伸:
別内容のトラバは削除しておきましたので、ご安心あれ!
ナイスな映画 (iina)
2014-04-08 09:47:38
不思議な映画でしたね。映像がダイナミックでこころに残る作品でした。

ベン・スティラーは、スケボーがうまいですね。
平凡な男どころか、巧みにスケボーしてましたし、職業人らしくネガをしっかり探し当てて、辞めさせられた会社に届けました。
iinaさんへ (西京極 紫)
2014-04-08 22:27:02
いつもコメントありがとうございます。

ベン・スティラーのスケボー、
アレ本当にやってるんでしょうか?
もし本当に乗れてるんだったら
冬季五輪のスノボハーフパイプの選手として
出られるんじゃないんでしょうか?

平凡な男の代表みたいな設定でしたけど
全然平凡じゃないですよね、考えてみれば…
スケボー (iina)
2014-04-09 08:46:06
おはようございます。

ベン・スティラーは、骨折してやめたスケボーを7,8年ぶりにやりたくなって主人公にやらせたらしいです。
WEB上でみつけた話なので、真偽のほどは責任もてません。 m(_ _)m

でも、どうみてもSFXで加工したようには見えなかったです。



iinaさんへ (西京極 紫)
2014-04-09 19:50:18
>ベン・スティラーは、骨折してやめたスケボーを7,8年ぶりにやりたくなって主人公にやらせたらしいです。

本当ならスゴいテクですよね。
ますます平凡じゃない…(^^;)
そうですよね、音楽 (のーぶる)
2014-05-21 09:31:59
トラバ、ありがとうございました。

私は、詳しくないのですが、オールド・ロックというか、音楽がいいですよね。

ヴァンパイア映画「トワイライト」も、サントラが良かったです。
でも、誰が歌ってるとか、年代ものか最近なのか、まるで分からないのですが。(笑)

「トム少佐」も。
のーぶるサンへ (西京極 紫)
2014-05-21 20:05:15
こちらこそ、コメントありがとうございます。

良かったですよね、デビッド・ボウイの「Space Odessey」。
♪トム少佐♪のアレです。
あそこであの使われ方は意外でしたが、
結構ハマっていたと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
LIFE! (本と映画、ときどき日常)
監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー     ショーン・ペン     クリステン・ウィグ 雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真のネガがみつからない。 その為、妄想癖のある写真管理部の主人公がそのネガを送ったカメラマンを探しに旅に出る。 俺....
「LIfe」、普通のサラリーマンの大冒険映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ サラリーマンに飽きて冒険したい人 ☆☆☆☆ 毎日 同じ生活を繰り返していますか 仕事で大きな失敗をしたことがありますか 自信をなくしていませんか 空想することはありませんか 自分を変えたいと思いますか これ、予告編のお題目ですが、上...
『LIFE!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショ...
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・...
LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty (勝手に映画評)
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく....
LIFE! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
「LIFE!」 ちょっとした新しいこと (はらやんの映画徒然草)
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に
映画「LIFE!」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/3/24、109シネマズ木場。 スクリーン8。 前回F列で後ろ過ぎ感があり、通路直後のE列を選択。 高さ的にはちょうど。 シアター入口に「通常版、3Dではありません」とあったが、 この映画に3D版は元々ないのでは。 それとも注意書きはこの映画の事で....
『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで...
LIFE! (こんな映画見ました~)
『LIFE!』---THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY---2013年(アメリカ) 監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー 、クリステン・ウィグ、アダム・スコット 、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニ....
LIFE! (だらだら無気力ブログ!)
ラストと景色は良かった。
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
LIFE! (映画的・絵画的・音楽的)
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ....
LIFE!~ひとりインセプション 5の3乗 (佐藤秀の徒然幻視録)
デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャ ...
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
ベン・スティラー監督・主演、クリステン・ウィグ、ショーン・ペン『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』"THAT IS THE PURPOSE... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ジェームズ・サーバー『虹を掴む男』をベン・スティラーが監督・主演で映画化した『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』物語・雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォ
LIFE! (あーうぃ だにぇっと)
LIFE!@よみうりホール
『LIFE!』 (Fish On The Boat)
ベン・スティラー主演・監督の映画『LIFE!』を観てきました。 人によって大きく好き嫌いが分かれそうだけど、大好きな映画でした。 ベン兄やんは良い仕事しますねー。励まされるような映画。 主人公が子どもの頃にスケボーが得意だったってあったけども、 僕も子どもの頃...
LIFE! (とりあえず、コメントです)
地味で真面目で堅実な生き方をしていた主人公が思いがけない旅に出る物語を描いた映画です。 ベン・スティラーが走り出す予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 現代なのにファンタジーのような感覚になるような、ワクワクと楽しくなる物語が繰り広げられて...
『LIFE!』 2014年2月17日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな まさか仕込みじゃないよね 【ストーリー】  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技...
『LIFE!』 (時間の無駄と言わないで)
いや~良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
LIFE! (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.foxmovies.jp/life/ 元ネタのジェームズ・サーバーの短編小説とそれを映画化した『虹を掴む男』(1947)は観ていない。 ベン・スティラーが主演ということで観てきた。 岡村の吹き替えも気になったんだけど、関西弁はダメだろうというこ...
「LIFE!」:もっと名作たり得たのでは? (大江戸時夫の東京温度)
映画『LIFE!』は、いかにも『フォレスト・ガンプ』的な名作狙いで、結局そのライ
『LIFE!』 (ラムの大通り)
(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY (我想一個人映画美的女人blog)
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...
『LIFE!』 (こねたみっくす)
リアルを楽しむ。それが人生だ! 「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する ...
【 LIFE! 】世界を見よう!今を楽しもう! (映画@見取り八段)
LIFE!~ THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY ~     監督: ベン・スティラー    出演: ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルド 公開: 2014年3月19日 20...
LIFE! (はるみのひとり言)
一足早く試写会で観ました。雑誌「LIFE」誌の写真管理部に勤務しているウォルターさん。変わりばえのしない平凡な毎日の繰り返し。想いをよせる同僚のシェリルと接触しようとデートサイトに登録するも上手く行かず。そんなウォルターさんは、自分がスーパーマンになったか...
■LIFE! (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第340回「明日への活力を与えてくれる作品でした。」 多くの映画を観ていると、同時に多くの予告編を観ることになります。その予告編の中で時々とても良く出来た予告編に出会うことがある。その全てが映画本編も良く出来た映画とは限らない。予告編がとても良く出来て....
LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty (映画の話でコーヒーブレイク)
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し....
LIFE! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン この映画には「!」がある。 [Story]雑誌「LI...
LIFE! (試写会) (風に吹かれて)
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著
LIFE! (Rain Rain Drops)
「LIFE!」 主人公は平凡でちょい冴えない、しかもというかだからこそと言うべきか、空想癖を持つ男・ウォルター(ベン・スティラー)。 映画のようなヒーローになって片思いの彼女に告白したり、上司に堂々とタテついたみたりと、冒頭からそれはそれは邪気も無い空想を....
LIFE! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
LIFE! (Some Like It Hot)
■「LIFE!/The Secret Life Of Walter Mitty」(2013年・アメリカ) 監督=ベン・スティラー 主演=ベン・スティラー クリステン・ウィグ アダム・スコット シャーリー・マクレーン ショーン・ペン  ダニー・ケイ主演のクラシック「虹を掴む男」(1947)...
「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
LIFE! (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  主演のベン・スティラーが監督も努めた作品で、ダニー・ケイの「虹を掴む男」リメイク作品だそうです。吹き替え版では主人公役にナインティナインの岡村隆史が声をあてているようなのでここは字幕を選択。  主人公のウォルター(ベン・スティ...
No.022 「LIFE!」(2013年 114分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー    クリステン・ウィグ    アダム・スコット アポロシネマ8のレイトショーでの鑑賞 祝日のレイト・・・それも三連休の最初の夜だけにそこそこに人がいます 主演のベン・スティラーは日本では名前だけではピン....
LIFE! (悠雅的生活)
トム少佐。みかんケーキ。Stretch Armstrong。
[映画『LIFE!』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
LIFE! (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ: 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ....
LIFE! (映画と本の『たんぽぽ館』)
なんてステキな心の開放感! * * * * * * * * * * 「LIFE」は1936年に創刊され、2007年まで形を変えながら出版されたグラフ誌。 その最後の時期を想定したストーリーです。 この写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、 臆病....
LIFE! (心のままに映画の風景)
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真...
「LIFE!」 (ゆっくり歩こ。)
これは映画館で予告が流れるたびに観たい~!と思ってました ベン・スティラーはまぁまぁ好きな俳優さん 大げさに演技するのではなく、静かに演じて笑わせるところがグ~ です いつもはコメディ路線の感じなんですが この作品は・・・ 何だか感動しそう~? とイメ...
「LIFE!」 (prisoner's BLOG)
ジェームズ・サーバーの再映画化とか、「虹を掴む男」(山田洋次のではないよ)のリメークとかいうのは、あまり当たらないのではないかと思わせるくらい発想も技法も新しい。 「虹を掴む男」のサミュエル・ゴールドウィンの息子のジュニアと孫のジョンがプロデューサーに....
人生の真髄~『LIFE!』 (真紅のthinkingdays)
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られて...
ありえへんLIFE! (ノーブル・ノーズの花の穴)
映画「LIFE!」を観た。いきなり妄想が始まって、いきなり現実に戻るので、シーンとすると、心臓が止まりそうになる。この時の脳波を調べたら、すごい事になってたと思う。主人公目線で、画面に入り込むと、外国人キャストが、日本人に思えてくる。自分が、その国に...
映画『LIFE!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-29.LIFE!■原題:The Secret Life Of Walter Mitty■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:3月22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:ベン・スティラー◆ベン・スティラー◆クリステン・ウィグ◆...
空想が現実に勝るとき (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
LIFE! (銀幕大帝α)
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
LIFE!/ライフ (いやいやえん)
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
LIFE! (チケット持って、おさんぽ行こう)
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY !(2013) メディア: 映画 上映時間: 114分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(FOX) 初公開年月: 2014/03/19 ジャンル: ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 映倫: G この映画には「!」がある。
LIFE! (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン....