西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー

2014年12月27日 20時58分31秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ベン・アフレック
 ロザムンド・パイク
 ニール・パトリック・ハリス

【ストーリー】
ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。嘘をつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け…

【西京極の評価】
結婚って結局は夫は夫を演じ、妻は妻を演じることで成り立つ契約なのでしょうか?それにしても女って怖いな~。自分が仕事してる時、嫁さんが何してるかなんて本当に知らないし、嫁さんの交友関係なんて結婚してからはほとんど知らんモンな~。全然映画のレビューっぽくないコメントになってますが、この映画を観て思い浮かべたのは自分の嫁さんの顔。この映画のエイミーみたいな性格だったら…あ~怖い!映画の中も怖いですが、このお話の後ニックはどうなっていくんだろうと考えるとさらに怖くなる。サスペンスだと思ってたら実はホラーでした(苦笑)デヴィッド・フィンチャー、最近復活してきたナ!

おまけ:ベン・アフレック、顔デカイww

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベイマックス(日本語吹替版) ... | トップ | My Best Movie 2014 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (楽母)
2014-12-28 11:47:13
TBありがとうございました。
私も一応女だけれど(笑) 女って怖いって思いました。
普通、あれほど策を弄します??

って、そう言っちゃえばお終いか(笑)
楽母サマへ (西京極 紫)
2014-12-28 16:10:12
こちらこそ、コメントありがとうございます!

>私も一応女だけれど(笑) 女って怖いって思いました。

同じ女性でもやはり怖いですかww
普通あそこまで執着しませんよね。
でも、女性の中にはそういう部分が隠されている様な気はします。
男にはそこが謎であり、魅力であり、脅威でもある、と。
映画鑑賞 (iina)
2015-01-03 09:43:58
>サスペンスだと思ってたら実はホラーでした(苦笑)
そのように騙されるのが、映画の妙味かと思えます。^^
ホントは、何も知らなくて映画鑑賞するのが、愉しむ一番の方法だと思います。

映画評に「サイコロジカル・スリラー」なんて感想がありました。ついひろって拙宅の記事に置きました。(^^ゞ

iinaさんへ (西京極 紫)
2015-01-03 12:53:05
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

>ホントは、何も知らなくて映画鑑賞するのが、愉しむ一番の方法だと思います。

おっしゃる通りですね。
期待したものと違ってガッカリする映画も多々ありますが、
「ゴーンガール」の場合は間違いなく知らない方が愉しめますね。

>映画評に「サイコロジカル・スリラー」なんて感想がありました。

なるほど、それは言い得て妙ですね!
女はね… (なお)
2015-01-12 23:54:14
西京極 紫さま

TBありがとうございました。
ザッツ マリッジ! には女の私もビビりましたが、口から裏返っても生きられるイキモノがオンナなので(笑)、ああいうのもアリかと

アカデミーが気になりますね♪
なおサンへ (西京極 紫)
2015-01-14 00:22:37
コメントありがとうございます。

>口から裏返っても生きられるイキモノがオンナなので(笑)

ま、マジすか!?
お、女ってそういう生物なのですか!?
ガ、ガーン!!!!(@_@)

たとえそうであっても
男としては気づかないまま人生を送りたい…
原作もの (sakurai)
2015-01-22 09:50:01
物語には異論はないっす。
ああいうのもありだなあと。
でも、あんだけ計算高いのに、あの選択はそうは思わなかったな。
なんせ、アンドロイドのロザムンドがらしかった。
そこですね。

やっぱベンちゃん、顔でかい。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2015-01-22 23:04:13
>でも、あんだけ計算高いのに、あの選択はそうは思わなかったな。

まず、血だらけなまま車運転して家に帰ってくるってのがリアリティなさすぎ。
過剰演出だな、とwww

ただ、そういう事をやりかねない女っていうのが怖い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゴーン・ガール~イカレタ女 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ギリアン・フリン原作、デヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、 ...
ゴーン・ガール (あーうぃ だにぇっと)
ゴーン・ガール@新宿明治安田生命ホール
ゴーン・ガール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F)(11) こういうミステリー映画は大好き(笑)
『ゴーン・ガール』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Gone Girl 監督: デビッド・フィンチャー 出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー 、キム・ディケンズ 公式サイトはこちら。 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年...
「ゴーン・ガール」:不安で不快な2時間半 (大江戸時夫の東京温度)
『ゴーン・ガール』=日産女子。 あ、気にしないでください。さて本題。 世の中で大
ゴーン・ガール (シネマと虎とグルメたち)
寒い! 冷たい風も吹きつける! それでも定期の診察日なので通院しなくてはならない。 意を決して家を出る。 ついでに映画館はいつものパターン。 忘年会も控えているし、孫達も帰ってくる。 クリスマス・パーティやら新年の準備やらでも忙しくなる。 どうやら、これが今....
『ゴーン・ガール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月...
ゴーン・ガール/ベン・アフレック (カノンな日々)
劇場予告編で流れる「She」にまんまとすっかりやられてしまいましたが、『ノッティングヒルの恋人』のようなロマンチックストーリーというわけではなさそうです。『ソーシャル・ネ ...
映画『ゴーン・ガール』★GONE~その先まで行ってしまう面白さ(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166127/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作: ギリアン・フリン のネタバレ→ コチラ     予告編は、結婚 5 年で、失踪した妻エイミー...
劇場鑑賞「ゴーン・ガール」 (日々“是”精進! ver.F)
“結婚”とは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412120002/ ★USA版★数量限定グッズ★DVD等と並べて飾ってください★ゴーン・ガール 映画ポスター (GONE G...価格:12,800円(税込、送料別)
『ゴーン・ガール』 げに恐ろしきは女なり? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などのデヴィッド・フィンチャー監督の最新作。  原作はギリアン・フリンが書いた同名のベストセラー小説で、ギリアン・フリンは脚本も担当している。  5年目の結婚記念日。美しく完璧な妻エイミー(ロザムンド・パイク...
ゴーン・ガール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
誰もがうらやむ若い夫婦に突然妻の失踪事件が起き、夫に妻殺害容疑がかかる。マスコミの煽り立てるような報道は夫の立場を悪くして、観客もそれに引き込まれる。ところが、待っていたのが仰天境地の展開だ。すごい衝撃的な映画の誕生に遭遇してしまった。
『ゴーン・ガール』 (2014) (相木悟の映画評)
二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチャー監督作。ギリアン・フリンの同名ベストセラー小説の映画....
ゴーン・ガール (Akira's VOICE)
夢も希望も無いのである。。  
『ゴーン・ガール』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.12.04 『ゴーン・ガール』(試写会)@TOHOシネマズ市川コルトン TOHOシネマズの試写会企画・・・ だったと思う!で当選 全国のTOHOシネマズで同時開催される試写会で、都内では3か所で意外に不便だったので、TOHOシネマズ市川コルトンで応募。倍率も低そうだった....
『 ゴーン・ガール 』完璧な結婚 (映画@見取り八段)
ゴーン・ガール~ GONE GIRL ~     監督: デヴィッド・フィンチャー    キャスト: ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、キム・ディケンズ、パトリック・フュジット、エミリー・ラタコウス...
ゴーン・ガール (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...
「ゴーンガール」、行方不明になった女です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ サイコサスペンス好き、女の怖さわかる人 ☆☆☆☆☆ 怖い女の話とだけ聞いていたので、最初、全然、怖い女出てこない。でも、夫の行動が不審だったり、映像的に何かあるなと思わせる演出でひきつけられてしまった。 そしてラストまで、148分の...
ゴーン・ガール/GONE GIRL (我想一個人映画美的女人blog)
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...
ゴーン・ガール (♪HAVE A NICE DAY♪)
すすす凄い ななな何がって。。。あの方が。。。ぞー パリパリパリ~~(背筋が凍ってる音でございます) このストーリーの進み具合が面白かったわー 途中で、そういう事だったのか!と判明するんですね。 そこから後半へと突入~! 面白かった。 凄いわー そして突然...
ゴーン・ガール (映画好きパパの鑑賞日記)
 ネタバレせずに、この傑作映画の素晴らしさを伝える自信がブログ主にはありません。結婚している人、もしくは、結婚について思いがある人はこのブログに限らず、予備知識を一切いれず、「She」が流れる予告編だけみて映画館にいきましょう。鑑賞後、ウィキペディアをみ...
ゴーン・ガール (ダイターンクラッシュ!!)
2014年12月14日(日) 13:50~ TOHOシネマズ日本橋7 料金:1200円(TOHOシネマズデイ+TCX) パンフレット:未確認 欲を言えば、もうひと捻り欲しかった。 『ゴーン・ガール』公式サイト ストーカーを残虐に活用するビッチっぷりはなかなかに爽快なのだが、どうや...
【映評】ゴーン・ガール [オンナという怪物] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
87点(100点満点) 女を怒らせたらいかん。男は女に生かされている。飼い主は女なのだ。
『ゴーン・ガール』 2014年12月14日 TOHOシネマズ市川  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゴーン・ガール』 を鑑賞しました。 年末にTOHOでパスポートゲットするから待とうかと思ったけど やっぱり待てませんでした 【ストーリー】  ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に...
『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! やべえ。こええ。 人間が人間に対して恐怖を抱くのは、 その人間の内 ...
■ゴーン・ガール (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第367回「デヴィッド・フィンチャーの凄さを再認識させられた作品」 2014年最後の作品がこの作品で本当に良かったと思っています。作品を観る前はこんな風には思っていませんでした。「セブン」や「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴンタトゥーの女」など数々の....
ゴーン・ガール (2014) GONE GIRL 149分 (極私的映画論+α)
 ロザムンド・パイク・・・いい意味で老け(熟れ)ましたね(笑)
「ゴーン・ガール」 (セレンディピティ ダイアリー)
デヴィッド・フィンチャー監督の最新作、「ゴーン・ガール」(Gone Girl)を
「ゴーン・ガール」☆「あの妻」はどこに? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
少子化問題が叫ばれる中、少子化どころか結婚する人がますます減りそうなこの映画。 ああ、恐ろしやおそろしや。 この恐ろしさはすぐそこに潜んでいる・・・・
No.466 ゴーン・ガール (気ままな映画生活)
「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。「アルゴ」のベン・アフレックを主演に、ロザム ...
「ゴーン・ガール」 (ゆっくり歩こ。)
エイミーの真顔が恐いです 何考えているのかわからないところが・・・ミソ! エイミー役の女優さん、何度か見たことあるのであーあの人か、って思うのですが はて?・・・何の映画に出てたっけ と 調べてみました 名前はロザムンド・パイク  変わった名前で....
『ゴーン・ガール』 (こねたみっくす)
妻の選び方次第で結婚が人生の墓場になる。 妻の殺害嫌疑を掛けられた夫を追うサスペンスフルな予告編とは違い、本編はまさに理想と現実の夫婦像の差を見事に描いたブラックなド ...
ゴーン・ガール (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ゴーン・ガール '14:米 ◆原題:GONE GIRL ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ソーシャル・ネットワーク」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 ◆出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、...
ゴーン・ガール (試写会) (風に吹かれて)
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:
ゴーン・ガール (海外ドラマ☆SFワールド)
ネタバレあり。ニックの妻エイミーが失踪する。殺人事件なのか?それとも何者かに連れ去られたのか?
『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・
「ゴーン・ガール」みた。 (たいむのひとりごと)
デビッド・フィンチャー監督×ベン・アフレック主演のサスペンス作品。5年目の結婚記念日の妻の完全失踪に夫の黒い関与疑惑。リアルに有りそうな、ワイドショーネタそのものって感じの内容にどんな結末が待っている
ゴーン・ガール  (to Heart)
原題 Gone Girl 製作年 2014年 上映時間 148分 映倫区分 R15+ 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周....
「ゴーン・ガール」 (prisoner's BLOG)
「レボリューショナリー・ロード」以来の夫婦生活・地獄篇。 失踪以前と以後が交錯することで、ロザムンド・パイク扮する妻の姿がちょっとヒッチコックの「めまい」のようにどこかリアルであるとともに悪夢の中の存在のように見えてくる。 昔だったらジェームス・スチュ....
ゴーン・ガール ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。監督は、『ソーシャル・ネットワ....
ゴーン・ガール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GONE GIRL】 2014/12/12公開 アメリカ R15+ 149分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン 本当に大切なものはいつも失って初めてわかる ギ...
ゴーン・ガール (ただの映画好き日記)
ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。
ゴーン・ガール (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デヴィッド・フィンチャー 【出演】ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ/キャリー・クーン 【公開日】2014年12月12日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 結婚5周年の記念日。誰もが羨む...
ゴーン・ガール (そーれりぽーと)
奥さんが行方不明になって、冤罪でマスコミに追われて…『ゴーン・ガール』を観てきました。 ★★★★★ 冒頭に書いたような物語を、とても魅せる演出で描いて、さすがこう言う起伏の少ない映画で有ってもさすがデヴィット・フィンチャーやなぁなんて思っていたら、一転...
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ (はらやんの映画徒然草)
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
『ゴーン・ガール』 (soraの日常生活)
『ゴーン・ガール』、観ました。 予告を観て「奥さんが可哀想」って感じで観に行ったのですが、 なんと、 話はそうではなく・・・。 うまく出来た予告ですね。 まんまと騙されました(笑) 自分も女ですが、女の人って怖いですね。 でも、男も自分勝手だと思います....
ゴーン・ガール (映画と本の『たんぽぽ館』)
怖すぎる結婚生活 * * * * * * * * * * 結婚5周年の記念日に妻エイミー(ロザムンド・パイク)が失踪。 自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。 警察は夫ニック(ベン・アフレック)に疑いをかけ、捜査を進める。 メディアがこの事件を取り上...
映画 『ゴーン・ガール』 (向う岸)
allcinema 『ゴーン・ガール』 おっかねえズラ、おっかねえズラ。 もはやこれまでか、と思ったらそこから 逆転につぐ逆転が巻き起こる。 ピカレスクロマンとしての高揚感たっぷり。 とは言え録画を全て調べたら 供述の矛盾が浮かび上がると思うんだけど。 夫婦が共...
ゴーン・ガール (心のままに映画の風景)
ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し、警...
映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあま...
映画「ゴーン・ガール」(ネタバレあり) (monta’s diary)
まだ2週と少しなのに、上映館、時間が合わず久し振りに「グランベリーモール」の109シネマズで鑑賞。 もう“エイミー”が怖い怖い自作自演の失踪劇が周到すぎるし 自分の為ならどんなことでもしてしまう所なんて本当に恐ろしい女と思ったよ。 親が完璧なエイミーを書い...
映画「ゴーン・ガール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/28、109シネマズ木場。 スクリーン7(木場ではシアター7と言う) 中央通路前のF列を選択。まずまず。 ** ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、キム・ディケンズ、タイラー・ペリー * 結婚5年目の記念日でもある7月のある日、ニック・ダ...
ゴーンガール (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  デビッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク(「アウトロー」のヒロイン役の人)共演のサスペンススリラー。  中睦ましい夫婦のはずが、結婚記念日に妻が失踪。夫はメディアに情報の提供を呼びかけるが、夫に不利な証...
ゴーン・ガール / Gone Girl (勝手に映画評)
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ~(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に卒...
恐怖炸裂!『ゴーン・ガール』 (水曜日のシネマ日記)
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男の物語です。
ゴーン・ガール 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『ソーシャル・ネットワーク』などで知られる 鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の新作で ベン・アフレックとロザムンド・パイクが共演 したスリラー『ゴーン・ガール』が公開 されましたので観に行ってきました。 ゴーン・ガール 原題:GONE GIRL 製作:2014アメリカ...
ゴーン・ガール (だらだら無気力ブログ!)
その辺のホラーより怖いわ~。
映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあま...
『ゴーン・ガール』 (beatitude)
アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった....
ゴーンガール (夏の雨)
ゴーンガール観ました。 2014年  アメリカ 監督 デビット・フィンチャー 出演 ベン・アフレック     ロザムンド・バイク     ニール・パトリック・ハリス     タイラー・ベリー    裕福な家庭で育った美人で教養のある女性とパーティーで知....
ゴーンガール (シネマ日記)
激しくネタバレしています。予告編を見て面白そうだったし、ベンアフレックもデヴィッドフィンチャー監督も気になるので見に行くことにしました。結婚5周年の記念日に忽然と自宅から姿を消した妻エイミーロザムンドパイク。自宅のリビングに争ったような跡を見つけた夫ニ...
ゴーン・ガール (こんな映画見ました~)
『ゴーン・ガール』---GONE GIRL---2014年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーンギリアン・フリンの同名ベストセ....
知能犯のわがままじゃん。(爆)~「ゴーンガール」~ (ペパーミントの魔術師)
※ネタばれを含みますので、未見の方はスルーしてくださいね。※ ごっつ頭がいいのね。・・・とまずひとこと。 あたしゃ~、単純に古畑みたいな展開で その謎解きでもするんかいなとおもってたから 最初スルーしたんだわさ。 そしたらま~、見に行ったひとが「結婚し...
「ゴーン・ガール」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Gone Girl )キャストの力演で何とか最後まで見ていられるが、ミステリー映画としては上等ではない。プロットの練り上げが完全に不足している。オスカー候補という声もあるらしいが、この程度ではまず期待出来ないだろう。  ミズーリ州の片田舎に暮らすニック...
ゴーン・ガール (迷宮映画館)
フィンチャーと、なかなか相性が合わない。
ゴーン・ガール (Gone Girl) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実...
「ゴーン・ガール」 (ここなつ映画レビュー)
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているの...
ゴーン・ガール GONE GIRL (まてぃの徒然映画+雑記)
5年目の結婚記念日に、突如姿を消した妻エイミー。夫のニックは警察に届け出て、さらに大規模な捜索ボランティアも結成される。エイミーの両親が、エイミーが子供のころからモデルにした本を書いていて、エイミーは全米に知られた少女だったこともあるのだ。 失踪現場に...
ゴーン・ガール (Some Like It Hot)
■「ゴーン・ガール/Gone Girl」(2014年・アメリカ) ●2014年放送映画批評家協会賞 脚色賞 監督=デビッド・フィンチャー 主演=ベン・アフレック ロザムンド・パイク ニール・パトリック・ハリス ※結末に触れる部分があります  デビッド・フィンチ...
恐ろしき夫婦愛? (笑う社会人の生活)
16日のことですが、映画「ゴーン・ガール」を鑑賞しました。 結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう、自宅のキッチンから大量の血痕が発見された 警察はアリバイが不自然な夫ニックに疑いをかけ、メディアも事件を取り上げ ニックは全米から疑いの目....
ゴーン・ガール (銀幕大帝α)
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
ゴーン・ガール (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年の話題作にして、主演女優ロザムンド・パイクがアカデミー主演女優賞ノミネート。 何だかタイミングが合わず見損ねた本作、やっとDVDで鑑賞しました。 妻の失踪というサスペンス映画が、中盤からホラー映画へと変貌! まさかこんなストーリーだったとは! すっかり、...
ゴーン・ガール (いやいやえん)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手の全てを共有する事など出来ない。「何を考えてる?」それはわからない。