西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ホビット 竜に奪われた王国  監督/ピーター・ジャクソン

2014年03月19日 00時52分30秒 | 西京極シネマ
【出演】
 マーティン・フリーマン
 イアン・マッケラン
 リチャード・アーミティッジ
 オーランド・ブルーム
 エバンジェリン・リリー

【声の出演】
 ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ)

【ストーリー】
ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いのガンダルフや屈強なドワーフの一行と共に、たった一頭で一国を滅亡に導くと伝えられる邪悪な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を奪取すべく旅に出る。竜の潜む山を目指す道中、巨大なクモの大群や凶暴なオークたちが一行の行く手を阻むように次々と立ちはだかり…

【西京極の評価】
前作と同様、映像も世界観デザインも素晴らしい。が、「LOTR」3部作、特に1作目を観た時のインパクトは得られなかった。今回初登場のスマウグの造形やアニメーションが決してバルログに劣っている訳ではない。映像に関して自分の評価のハードルは上がってしまったのだ。それは仕方ないとして、今回の脚本は巧いと思った。原作のエピソードを大胆に削ぎ落としつつ、代わりにオリジナルエピソード、タウリエルを巡るレゴラスとキーリの恋の三角関係を盛り込んだのは大正解。次回作ではキーパーソンとなるバルド(ルーク・エバンス)も登場したし、原作を読んだ僕ですが、ラストがどうなるのか今から楽しみです。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/16 第3節 栃木SC戦 (京... | トップ | 3/22 第4節 カターレ富山戦 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すこしだけ (iina)
2014-03-20 09:55:27
>原作のエピソードを大胆に削ぎ落としつつ、代わりに ・・・ 三角関係を盛り込んだのは大正解。
はじめにけなして、むずかしい言いまわしをして褒め直すほど、ホビットの大ファンなのですね。
そして、見つけたのですね、「勇気を」ではなく原作を読んだ見返りを・・・。

こんなことを書くと、ちょびっとシャイになります。<謝意>

駄洒落て失礼しました。

iinaさんへ (西京極 紫)
2014-03-21 00:32:40
コメントありがとうございます。

はい、御推察の通り、
LOTR原作大好きです(^^)

なんだかんだ云って、
次回完結編を期待しています。

僕自身おっさんなので駄洒落OKです!(笑)
原作 (sakurai)
2014-03-22 16:41:14
いずれ、読もう、読もうと思いつつ、結局いまだに読んでおりません。
本を読む気力がだんだん無くなってきつつあって、まずいわ。
で、何も知らない自分ですが、とっても面白かった〜よ!です。
そこまでやらんでもいいのに・・というピージャクの自己満足っぽいオタク度も、ますます磨きがかかってきたような気がします。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2014-03-22 23:32:24
コメントありがとうございました。

本当にピージャク監督(マネしたw)のこだわりを感じますね。
原作を自分なりの解釈で映画にしています。
原作読もうが、読むまいが、楽しめると思います。
評価はちょっと厳しめにしてますが、
完結編で☆5つ…をつけたくなる内容を期待しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ピーター・ジャクソン監督『ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit : The Desolation of Smaug)』"ゆきて帰りし物語"が待ち遠しい! (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロード・オブ・ザ・リング(以下「LOTR」)3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした前日譚を描く3部作・第2弾『ホビット 竜に奪われた王国(The
ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ 、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー 【解説】 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ...
ホビット 竜に奪われた王国 (2D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 敢えて2Dをチョイスしたが十分迫力は伝ってきた。
ホビット 竜に奪われた王国 (佐藤秀の徒然幻視録)
ここは佐渡島かよ 公式サイト。原題:The Hobbit:The Desolation of Smaug。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ア ...
映画『ホビット 竜に奪われた王国』★竜の炎に燃え〇〇に萌えまくる(*^_^*) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161234 ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、それほどでもないです ^^; ) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem...
ホビット 竜に奪われた王国 (to Heart)
原題 THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 161分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/エイダン・ターナー/...
「ホビット 竜に奪われた王国」 (prisoner's BLOG)
ドラゴンと宮殿の巨大感の出し方がすごい。すごすぎて、人間の大きさであんな巨大な仕掛けを動かせるのかと思うけれど、なんだか勢いで強引に押し切っている。 ドラゴンが飛び立つ前の金きらきんな姿がまるっきりキングギドラなんだなあ。頭はひとつだけれど。 役者が「....
ホビット 竜に奪われた王国 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ!
『ホビット 竜に奪われた王国』 (2013) (相木悟の映画評)
アクション満載、疾風怒濤の第2章!ではあるのだが…?! ファンタジー・アドベンチャーという面白さでいえば、他の追随を許さないクオリティをさすがに誇ってはいるのだが…。 本作は、J・R・R・トールキンのファンタジー小説の古典『指輪物語』の前日譚『ホビットの...
『ホビット 竜に奪われた王国』 (こねたみっくす)
試される勇気。その結果はいつ見れるの!? 大して物語は進んでいないのに、何だこの冒険心をくすぐり続けるワクワク感は!しかもギムリの名前が出てくるなど徐々に『LOTR』の影が見 ...
映画「ホビット 竜に奪われた王国」(3月15日) (Flour of Life)
遅ればせながら、ホビットの第2章を見てきました。朝イチ9時50分の回だったけど、割と人は入ってました。それだけ字幕版の需要があるってことかな?
ホビット 竜に奪われた王国 3D (そーれりぽーと)
いよいよドラゴンと対峙!『ホビット 竜に奪われた王国』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚であるこの『ホビット』シリーズ。 いかにも序章だった前作は、面白くはあるものの『ロード・オブ・ザ・リング』の人気に依存して...
ホビット 竜に奪われた王国 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】今回は竜に乗っ取られた王国へたどり着くま
『ホビット 竜に奪われた王国』をトーホーシネマズ六本木7で観て、首2本付けて出直してこいやふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★こっちもなげー】    副題が小説の『スマウグの荒し場』から『竜に奪われし王国』に変わった事で、原作マニアが残念がってるけど、私は分かりやすくなって ...
ホビット 竜に奪われた王国 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug/ シリーズ1作目『ホビット 思いがけない冒険』のレビューはコチラ。 時間の都合で3D吹き替え版で鑑賞。 ホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガン...
ホビット 竜に奪われた王国 (Akira's VOICE)
開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w  
ホビット〜竜に奪われた王国 (シネマ日記)
前作「ホビット〜思いがけない冒険」から1年以上が経って忘れているところがある状態で見に行くのはイヤだったので、1作目をレンタルで見直してから行きました。今回は3部作の真ん中なので、始まりも終わりも中途半端になってしまう運命ですがそれは仕方がないですね。...
「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・ ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。 ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・ (かなりDisってます。ロー...
映画「ホビット 竜に奪われた王国」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれた。客入りは大混雑の満席。3D字幕版で映画は上映された。
ホビット 竜に奪われた王国 (ただの映画好き日記)
小さくて臆病なホビット族のビルボ・バギンスと、勇敢なるドワーフの一行。固い友情で結ばれた仲間たちは、ドワーフの王国を取り戻すため、危険な旅に乗り出す。
『ホビット 竜に奪われた王国』 (beatitude)
魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビ...
『ホビット 竜に奪われた王国』 (ラムの大通り)
(原題:tHE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG) 「う〜ん。 最近、ブログから遠ざかりすぎだなあ。 またまた間があいちゃった」 ----そうだよ。 いくら一時期より数が減ったからって まだまだあんなに観ているのに…。 ほら、ツイッターではけっこう呟いているのに。 ...
「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 (はらやんの映画徒然草)
おもしろかった〜。 ピーター・ジャクソンの作品らしく、例によって2時間半以上の長
映画 『ホビット 竜に奪われた王国』 (向う岸)
allcinema 『ホビット 竜に奪われた王国』 3D吹き替え版で鑑賞。 ドワーフ一行はガンダルフと別れ、迷いの森で レゴラスらのエルフに捕らえられ、脱出し、 湖の町を経てスマウグと対決する、という流れ。 ハイライトは樽で流されての脱出劇。 あのシークエンスは最...
『ホビット 竜に奪われた王国』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  一年前に観た映画の続編です。 前作ではドラゴンとの戦いの前に作品が終わってしまい、消化不良の映画になっていました。  今回はドラゴンと戦ってスッキリできるかな、と思っていたのですが・・・ ホビットのビルボとドワーフ達はドワーフの王国を取り....
「ホビット 竜に奪われた王国」 (ゆっくり歩こ。)
竜のスマウグをカンバーバッチさんが演じるってことで どんな感じ? とちょっと楽しみに そしてエルフ族のレゴラス 今までの感じとは違ってとても冷たい雰囲気のレゴラスでした それはそれでまた良かったりするのですが 今回は女エルフのタウリエルがめっちゃカ....
映画「ホビット 竜に奪われた王国」 (FREE TIME)
映画「ホビット 竜に奪われた王国」を鑑賞しました。
ホビット 竜に奪われた王国 (迷宮映画館)
なんか知らんけど、圧倒された。
ホビット 竜に奪われた王国 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケ....
ホビット 竜に奪われた王国 (心のままに映画の風景)
魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン) に誘われ、トーリン(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフ達と、かつての王国があった“はなれ山”を目指していたホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、闇の森で巨大クモに襲われるが、間...
ホビット 竜に奪われた王国 (書く.com)
待望の第二作。
[映画『『ホビット 竜に奪われた王国』を観た(もはやメモ書き)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆安定した面白さ。  世界大戦の「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに比べ、それでもスケールが大きいと言える竜退治の物語は、中つ国の描写を丹念にしていて、世界観が広がる。  主人公のビルボは、優等生のフロドに比べ、今風の三枚目で、現代にあっている。  ...
ホビット 竜に奪われた王国 (試写会) (風に吹かれて)
三元中継で次回につづく 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug2月28日公開 監督: ピーター・ジャクソン ホビット
『ホビット 竜に奪われた王国』 を観てきました (BD総天然色・魔人スドォの匣)
『ホビット 竜に奪われた王国』 【ストーリー】 :ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いのガンダルフや屈強なドワーフの一行と共に、 たった一頭で一国を滅亡に導くと伝えられる邪悪な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を奪取すべく旅に出る。 竜の潜む山を目...
映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て (kintyre's Diary 新館)
■14-27.ホビット 竜に奪われた王国 3D■原題:The Hobbit:The Desolation Of Smaug■製作年、国:2013年、アメリカ・ニュージーランド■上映時間:161分■料金:2,100円■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作・脚本:ピーター・...
ホビット 竜に奪われた王国 (空色のきもち)
ホビット3部作の2作目。 ロード・オブ・ザ・リングより前のお話。 今回はレゴラスも出てくるよ、てなわけで、劇場鑑賞へ。 ゼログラビティを観にいった時に予告編をみて、これは3Dでみてみようかしら、 3Dを選ぶということは、必然的に吹き替えね。 これは私自身の....
ホビット 竜に奪われた王国 [監督:ピーター・ジャクソン] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
60点(100点満点) たぶん凄いことになる第3部へのつなぎのエピソード
ホビット 竜に奪われた王国 (チケット持って、おさんぽ行こう)
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG (2013) メディア: 映画 上映時間: 161分 製作国: アメリカ/ニュージーランド 公開情報: 劇場公開(ワーナー) 初公開年月: 2014/02/28 ジャンル: ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 映倫: G 邪悪な竜、...
ホビット 竜に奪われた王国 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 前作が思いがけない面白さでワタクシ的満足度も上々だったので、第二章となる今作もじゅ〜〜ぶん期待して観させて頂きました。 てかまぁ、よっぽどのことがない限りずっこけることもないだろーなぁ〜と。 で....
ホビット 竜に奪われた王国 (いやいやえん)
三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。 イケメンが多く出演しているので目の保養にも。原作にはいないレゴ...
ホビット 竜に奪われた王国 (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...
「ホビット 竜に奪われた王国」、すごい龍が暴れまくります (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ ファンタジー映画ファン、特に「ロードオブザリング」ファン ☆☆☆☆ 不朽の名作を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前章となる「ホビット」3部作の第2部。監督は、いずれもJ・R・R・トールキン。 「ロードオブザリング」を引き継い...