西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ROOM237  監督/ロドニー・アッシャー

2014年05月07日 22時09分25秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 ビル・ブレイクモア
 ジェフリー・コックス

【ストーリー】
スタンリー・キューブリック監督のホラー映画『シャイニング』は、雪山にある冬期になると閉鎖されるホテルに管理人として訪れた作家の男が、邪悪な力に魅了される物語。この映画史に残る名作の謎を、キューブリックの作品群とキューブリック研究家のコメントによって解き明かす。

【西京極の評価】
スタンリー・キューブリックの作品に思い入れのある方限定ムービー。逆に云えば思い入れのない人は観ちゃダメな映画。5人のキューブリック好きが、『シャイニング』の映像を深読みしまくる、しまくる(笑)映画に込められたテーマがホロコーストだったり、アポロ計画の陰謀だったり…ホントかウソかはさておき、『シャイニング』の中に不可解な映像や意図的に仕組まれたサブリミナル効果などがあることが解っただけでも楽しめました。思い起こせば僕が『シャイニング』を観たのは高3の冬。それまでホラー映画なんて劇場で観るモンじゃないと思っていたのに、この映画だけは観ようと思ったんだよな~。これが本当の意味で僕とホラー映画の出会いだったのだなーと再確認しました。今でも『シャイニング』は僕の中でのベスト・ホラー・ムービーです。もいっぺんDVD見直そうっと♪

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆★★★★
 演出/演技 ☆☆★★★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドミノ式(?)フリーキック | トップ | アメイジング・スパイダーマ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヨーゼフ)
2014-05-08 00:27:36
私もシャイニングは大好きです。キューブリック好きには外せない作品ですね。ちなみに公開時は私は小学生。リアルタイムで観ていたにしても良さが分からない世代ですかね。

とにかくジャックニコルソンが西川のりおに見えていました(笑)
ヨーゼフさんへ (西京極 紫)
2014-05-08 20:39:52
ヨーゼフさんも『シャイニング』ファンですか!?
じゃあこの映画楽しめますよ、きっと。

ジャック・ニコルソンが西川のりお…あ~ちょっと似てるかもね。
つくつぼーし!つくつくぼーし!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ROOM237 (痩せたいVSでも食べたい)
『ROOM237』 "ROOM 237” (2012・アメリカ・1h43) 監督 : ロドニー・アッシャー スタンリー・キューブリック監督作品『シャイニング』には多くのメッセージが隠されていたとする人たちの主張。 『シャイニング』を事細かく深読みする人たちがその事に...
ROOM237 (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  スタンリー・キューブリックの代表作の1つ「シャイニング」(1980)。  いまなお人を惹きつけるホラーの傑作ですが、本作は「シャイニング」の熱狂的なファンによる分析を集めたドキュメンタリー映画。  冒頭いきなりテロップで「本作....
No.016「ROOM237」(2012年 103分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ロドニー・アッシャー この映画を見たのがかれこれ一週間前でした この映画見た後に風邪で寝込むという不覚をとり今までほったらかしでした・・・ 中学生の時に劇場で見た「シャイニング」と言う映画は鮮烈な印象を残す傍ら、ラストのワンカットに子供には意味....
「ROOM237」 (prisoner's BLOG)
映画「シャイニング」に関する五人五様な解釈のドキュメンタリーなのだが、これがどうもこじつけを通り越してトンデモの域に入っていて往生する。もう少しマジメな研究かと思っていた。 「シャイニング」の冒頭の空にキューブリックの顔が見えるとか、どう見てもスキーヤ...