西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

そうせい…で視聴率が獲れたら、世話ぁない

2015年12月13日 21時24分20秒 | 日々の雑感
評判最悪のNHK大河ドラマ花燃ゆ、ついに最終回。

“イケメン大河”だとか
“幕末志士の育て方”だとか
女性層を獲り込もうという狙いは解らなくもないが、
そのステレオタイプのキャッチコピーでは
「私たちをバカにしないでよ!」って逆に反感を買うでしょ。

歴史好きの我らオジさん族は
“吉田松陰の妹”であろうと
“久坂玄瑞の妻”であろうと
歴史的にみればあきらかに脇役である杉文(すぎ・ふみ)を
主役に選んだ時点で盛り上がるわけゃあないと思っていた。
案の定、最後まで盛り上がらなかった。

結果的には新規層からも既存大河ファンからもソッポを向かれた形。
序盤『花より男子』で中盤『大奥』、ラストは『仁-じん-』と軸がブレブレ。
あきらかな制作側の失策です。
少なくとも主演の井上真央のせいではない。

楫取素彦役の大沢たかおも、なんとなく「仁-じん-」のイメージがかぶって…
この人、演技に幅がないんじゃ…ゴニョゴニョ

歴史に詳しくない人に向けて作られた内容にもかかわらず、
松陰の母親・滝(壇ふみ)の口癖の「世話ぁない(心配するな、大丈夫)」や
毛利藩主・敬親(北大路欣也)の口癖「そうせい」なんてマニアックな台詞だけは
不自然なほど使いまくってるのもゲンナリした。

同じNHKで幕末を舞台にした朝ドラ「あさ」が好評なのも
比較されて気の毒だった。

ナレーションは最初から最後までシャア(池田秀一)だったwww

異例のシーズン途中での打ち切りまで話題に上ったが
なんとか予定通り最後までやれたのだから、まぁ良しです。
真央ちゃん、お疲れ様でした。

来年は三谷幸喜脚本の「真田丸」。
こっちはキャストも題材も期待出来るので楽しみだ!
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育成型クラブの成果は? | トップ | 007 スペクター  監督/... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎週録画か… (HARUKI)
2015-12-14 12:25:48
もともとあまりドラマは見ないので、大河も子供のとき以来ほとんど見ていません。なにしろ普通のドラマと違ってワンクールが長いので…。
ですが!!
ご贔屓の内野聖陽が出るときと三谷が脚本のときは、見るんです(笑)。
おかげで風林火山は全話、録画で乗り来ました(滝汗)。
真田丸もおそらくそうなると思います。試合も日曜日になるし、ほとんどオンアタイムでは見られないと思うので(悲)。土曜日だか金曜日に前の週を見る、という暮らしになりそうな予感です。

いや大河の1年は長いです(涙)。せめて半年にしてほしいです。←おいおい
HARUKIさんへ (西京極 紫)
2015-12-15 00:47:29
コメントありがとうございます。

僕もあんまりドラマは観ませんが、大河と朝ドラだけは
ここ十年くらいは録画してまとめ観してます。

来年の「真田丸」には家康役で内野聖陽さん出ますね。
さて「エースをねらえ!」の宗方仁を超えられるでしょうか?ww

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹として生きた美和は群馬での役割を終えて残りの人生を素彦と共に生き抜いた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」最終話は素彦と美和は鹿鳴館を訪れて群馬に鉄道を建設してほしいと働きかける。素彦と美和のロビー活動のおかげで群馬に鉄道が敷かれる事が決まり、迎賓館も ...
【花燃ゆ】第50回 「いざ、鹿鳴館へ」感想(最終回) ツイッター「花燃ゆ反省会会場」まとめ (ドラマ@見取り八段・実0段)
『花燃ゆ』(はなもゆ)は、2015年(平成27年)1月4日から12月13日まで放送されたNHK大河ドラマの第54作である。 物語の主役は吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文(後の楫取美和子)である。主演を務めるのは、大河ドラマ初出演となる井上真央。兄である松...
【花燃ゆ】第50回(最終回) 「いざ、鹿鳴館へ」ドレスで光の世界!未来へ王手 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
鹿鳴館の舞踏会にやってきた美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)。夫婦となって初めて臨む社交の場で二人はダンスを踊る。そして楫取は群馬の鉄道開通の実現に向けて実業家らと交渉、美和は女性が学ぶことの必要性を貴族の婦人たちに訴える。半信半疑の女性たちの中で...
花燃ゆ 最終回~すべては美和さんのおかげ、県令様のおかげ(笑) (平成エンタメ研究所)
 最終回は、主人公は素晴らしい! という話でしたね。  美和(井上真央)のおかげで、群馬の女たちは学ぶようになり、自分で考える力や生きる力を持ち、単に生活のためでなく、誇りをもって働けるようになった。  鹿鳴館の婦人たちも美和の話を聞いて、わずか数分で「...
花燃ゆ - 2015年大河ドラマ 井上真央 (新ドラマQ)
花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日~12月13日 [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 若村...
花燃ゆ 第五十回(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『いざ、鹿鳴館へ』「いざ、鹿鳴館へ!ドレスで光の世界へ乗り出し未来王手かける」 内容ついに夫婦となった美和(井上真央)と素彦(大沢たかお)ふたりは、元徳(三浦貴大)安子(田中麗奈)の計らいで、鹿鳴館にやって来た。そこで伊藤(劇団ひとり)ら、懐かしい人た...