西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

舞妓はレディ  監督/周防 正行

2014年09月20日 00時21分52秒 | 西京極シネマ
【出演】
 上白石 萌音
 長谷川 博己
 富司 純子
 田畑 智子

【ストーリー】
古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者の「センセ」こと京野が、鹿児島弁と津軽弁が混ざった彼女に関心を寄せたことから、晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になる春子だったが…

【西京極の評価】
京都が舞台で『Shall we ダンス?』の周防監督となれば、京都人としてその出来栄えを観ない訳にはいくまい…と期待して観に行きました。初々しさとキレの良いダンス、日本舞踊にと、多彩な新人・萌音チャンに感心したし、京都出身の岸部一徳と、姉御・富司純子の存在感もあり、かなり楽しめましたが、イケズで気難し屋の京都人ならではのツッコミどころもかなりありました。まずミュージカル仕立てにした理由が解らない。舞妓・芸妓がテーマなら唄も踊りもあるから必然性のない場面で歌わなくてもイイ。それから草刈民代に主役以上の見せ場を用意し過ぎ。どんだけ嫁好きやの、周防監督。文句ばっかりゆうて、ほんますんまへん。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーモニー  伊藤計劃/著  ... | トップ | ぼんやりした試合 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一風変わった映画。 (しげもり)
2014-09-20 04:49:49
京都の舞妓世界を知らない者には、様子がよくわかりました。
京言葉を学ぶ姿は特に。
ミュージカル仕立てなのはユニークですが、違和感があったのは事実です。
”舞妓はレディ音頭”が頭に残りました!
ミュージカル仕立ては必然だとか (ゆの字)
2014-09-20 06:31:28
こんにちわ。
ミュージカル仕立ては花街のしきたりを説明するのには膨大な文章が必要になるのでメロディーに乗せることでの難題がクリアできたとテレビ番組で言ってました。
それは成功していて、まんまと感動出来ましたけど、ただ、物語の盛り上がりが感じられなかったのが残念でした。
ラストで「センセ大好き」と叫ぶまでヒロインが教授に恋心を抱いていたことさえも伝わらなかった。
でも、こーゆー映画として見れば十分面白かったです。

みなさまへ (西京極 紫)
2014-09-20 09:11:09
コメントありがとうございます。

しげもりサン>
京都に住んでいるとお茶屋のしきたり等について
ある程度知識があるので、ちょっとしつこいなと感じましたが、
京都以外の方には必要な部分だったのかもしれませんね。
京都に生まれ育った僕ですが、いまだに「おおきに」「おたのもうします」は使うたことおまへんな(笑)
「すんまへん」は使います(笑)

ゆの字サン>
なるほど、長台詞より歌詞の方が早い、と。
それは納得しましたが、肝心の歌詞と楽曲がいまいちフィットしていなかったですね。
この辺がディズニーとの違い、ノウハウの差でしょうか。

どうしても地元が舞台なので、評価が厳しくなってしまいます。
その点はご理解くださいませm(_ _)m
Unknown (ふじき78)
2014-09-20 22:34:59
何で萌音ちゃんがそんなに舞妓になりたいかが伝わらなかったよ。血か、舞妓の血がそうさせるのか?
ふじき78サンへ (西京極 紫)
2014-09-21 08:58:31
コメントありがとうございました。

>何で萌音ちゃんがそんなに舞妓になりたいかが伝わらなかったよ。

そうですね。
何もかもが“ソコは察してくださいね!”と云われている様な感じでした。
富司純子の昔話より、お母さんの話を語った方が
その辺の心情が伝わったのではないかと。

>血か、舞妓の血がそうさせるのか?

舞妓って遺伝するんでしょうかね?(^^)
オマージュ (sakurai)
2014-09-26 21:14:52
というのとも違いますよね。
「マイ・フェア・レディ」を借りて、好きなように作った・・って感じ。
舞妓さんについては、長年温めていた企画だそうですので、かなりの思い入れはあったようですが、若干自己マンが無きにしも非ず、に感じましたです。
なにはともあれ、夫婦仲が良くて何よりです。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2014-09-27 00:10:40
コメントありがとうございます。

田舎臭い女の子を淑女(舞妓)にするってところが
「マイ・フェア・レディ」なんでしょうね。
ちょっとタイトルがオヤジギャグっぽいダジャレですけど。

>なにはともあれ、夫婦仲が良くて何よりです。

たしかに(^^)
でも民代さんの踊りは日本舞踊じゃないですね。
リズムがモダンダンスのリズム。
巧いのは解るんですけど…どうしても出したかったんだろうなぁ。
こんにちは (楽母)
2014-09-27 15:35:22
TBおおきにさんどすぅ。
私ね、こういうのただひたすらあんまり深いこと
考えなしに浸ってましたわ(笑) すんまへん。
萌音ちゃんが可愛かったし、周りを固める役者さんも
良かったし、言わはるように、監督の奥さん、目だってはりましたけど。
ほんま言うと、京都の映画やったら今年は『太秦ライムライト』の方が好きどした。
ほな、おおきに。 今後ともよろしゅうお頼のもうします~。
楽母サマへ (西京極 紫)
2014-09-27 15:43:57
これは、これは、京言葉でのコメントありがとさんどす(^^)
楽母さんも京都の方なんですよね。

『太秦ライムライト』観損ねちゃったんですよね。
評判イイですよね、あの映画。
レンタルされたら観てみます。

こちらこそ、よろしゅうおたのもぅします(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『舞妓はレディ』観てきた (よくばりアンテナ)
全然観るつもりはなかったのですが、2~3日前にTVで 宣伝のために出ていた主役の上白石萌音さんが歌を披露していて 興味がわいたので観ることに。 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。春子...
『舞妓はレディ』 (2014) (相木悟の映画評)
京文化を照射する、はんなりミュージカル登場す! 周防作品のハイ・クオリティぶりを実感しはするのだが、いまいち心躍らない一作であった。 本作は、我が国が世界に誇るエンターテインメントの旗手、周防正行監督作。何やら監督が20年来、温めていた念願の企画なの....
『舞妓はレディ』は『マイ・フェア・レディ』と全然違う! (映画のブログ)
 オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えているが)。  粗野で下品な花売り娘を、立派なレディに仕...
『舞妓はレディ』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 周防正行 出演: 上白石萌音 、長谷川博己 、富司純子 、田畑智子 、草刈民代 、渡辺えり 、竹中直人 、高嶋政宏 、濱田岳 、中村久美 試写会場: 東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 舞妓がひとりしかいなくなってしまった京都の小さな花...
舞妓はレディ (あーうぃ だにぇっと)
舞妓はレディ@ニッショーホール
『舞妓はレディ』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡■鑑賞日 9月14日(日)■劇場...
舞妓はレディ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。周防正行監督。上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳 ...
「舞妓はレディ」、地方出身娘が舞妓デビュー (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 周防監督好き、京都好き ☆☆☆☆ 「マイフェアレディ」を、もじったシンデレラストーリー。 おまけに、ミュージカル仕立てとあるから斬新。 京都にあこがれを持った周防監督が、長年温めていた映画というから、年季が入っている。 おかみさんに...
映画『舞妓はレディ』★舞妓版『マイ・フェア・レディ』with京都の雨 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162467/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   映画レビュー (ネタバレ表示)しました。以下とほぼ同じ。       京都育ちでない女の子(春子...
「舞妓はレディ」ダジャレです…(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[舞妓はレディ] ブログ村キーワード 周防正行 監督 最新作 「舞妓はレディ」(東宝)。全編是、京都がテンコ盛りの映画でございます。 京都“下八軒”。現役の舞妓が1人しかいないという悩みを抱える、この小さな花街のお茶屋“万寿楽(ばんすらく)”に、或る日1人の少...
舞妓はレディ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。主演は、半年...
舞妓はレディ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う~んだったかな~。ミュージカル仕立てで楽しめるんだけど。なんかいま...
『舞妓はレディ』 2014年8月30日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舞妓はレディ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は色んな意味で賛否がありそうだ 予告では舞子はレディ♪と・・・テンポの良い音楽が流れ記憶に残る。 【ストーリー】  古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押...
『舞妓はレディ』をトーホーシネマズ渋谷6で観て、あの歌は何なのかふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】   違和感を感じてしまったのは、 劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。 多分、それは呼吸を意識 ...
舞妓はレディ (映画と本の『たんぽぽ館』)
京都の雨は盆地に降る * * * * * * * * * * 本作は題名を見ただけでも明らかですが、 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の日本版ともいうべき作品です。 舞妓が一人しかいなくなってしまった京都の小さな花街、下八軒。 老舗のお茶屋・万寿...
「舞妓はレディ」:垢抜けなさも芸の内? (大江戸時夫の東京温度)
映画『舞妓はレディ』は、(往年の)周防正行監督らしい「ニッポンの不思議な異世界」
「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします (はらやんの映画徒然草)
劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、
『 舞妓はレディ 』京都の雨は大がい盆地に降るんやろか (映画@見取り八段)
舞妓はレディ      監督: 周防正行    キャスト: 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳、小日向文世、妻夫木聡、松井珠理奈、武藤十夢、大原櫻子、...
映画:舞妓はレディ オールスターキャストで飾る、周防ワールド・エンタテイメント! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。 ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。 なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。 一方で近作は「それでもボクはやってない」 とてもヘビ....
映画「舞妓はレディ」 (FREE TIME)
映画「舞妓はレディ」を鑑賞しました。
舞妓はレディ (迷宮映画館)
ご夫婦円満で、何よりでございます。
『舞妓はレディ』 (キュートなバアサンになるために)
     公式サイト  舞妓がたったひとりしかいない京都の下八軒という小さな花街に鹿児島弁と津軽弁を話す少女西郷春子が舞妓になりたい、とやってきた。 誰の紹介もなく あまりにもひどい訛りのためはじめは断られるが 言語学者の京野が春子の方言を直し、舞妓に....
舞妓はレディ  (そーれりぽーと)
周防正行監督最新作は、なんと舞子さんを夢見る少女を描いたミュージカル?『舞妓はレディ』を観てきました。 ★★★★ ミュージカルかな?と思わせる予告編でしたが、がっつりミュージカルでした。 しかも、タイトルで『マイ・フェア・レディ』へのリスペクト感じさせて...
『舞妓はレディ』 (soraの日常生活)
『舞妓はレディ』、観ました。 ある日突然一人の女の子が京都に舞妓になりたいってやってきて、 舞妓になる為に住み込みで修行するんですがなかなかうまく行かず。 彼女が舞妓になりたいというのには理由があって・・・。 主演の上白石萌音ちゃんが初々しくて可愛か...
「舞妓はレディ」見習いとなり厳しい稽古指導を受けた先に待っていた舞妓になるための覚悟としきたり (オールマイティにコメンテート)
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危 ...
「舞妓はレディ」 (prisoner's BLOG)
タイトルは「マイ・フェア・レディ」の駄洒落なわけで、チケット買う時ちょっと恥ずかしかったぞ。 しかし内容、というよりドラマの骨格は根本的に違い、パロディの類でないのはもちろん、人間の捉え方はむしろ対照的ですらある。 「『マイフェアレディ』は『フランケン...
舞子はレディ (Break Time)
今週も、終わろうとしています・・・
花街のことがよくわかって、違った意味で感心 (癒し系!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日は久しぶりに暑かったです。わが町では、真夏日を記録したようで、ほんとに季節外れの暑さでした。 さて、今日は、昨日の見たレイトショーを。 『舞妓はレディ』 題名から察しがつくように、『マイフェアレディ』をオマージュした、舞妓に...
『舞妓はレディ』('14初鑑賞69・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 3) 9月22日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 15:20の回を鑑賞。
舞妓はレディ (銀幕大帝α)
2014年 日本 135分 コメディ/ミュージカル 劇場公開(2014/09/13) 監督: 周防正行 脚本: 周防正行 振付: パパイヤ鈴木 出演: 上白石萌音:西郷春子 長谷川博己:京野法嗣 富司純子:小島千春 田畑智子:百春 草刈民代:里春 渡辺えり:豆春 竹中直人:富....
舞妓はレディ (いやいやえん)
【概略】 舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。 ドラマ・ミュージカル 舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。 失礼ながら田舎娘にしか...
「舞妓はレディ」 上白石萌音、草刈民代、渡辺えり、竹中直人他 ( まるちゃんの めざせ!快適スローLife)
「舞妓はレディ」? 「マイフェアレディ」のシャレかい ミュージカルですから、突然、歌や踊りが始まります。 ちょっとびっくりしますが、まあ、エンターテインメントです。楽しみましょう。 上白石萌音さんが、とってもかわいいです 歌もすごく上手彼女のための作...
舞妓はレディ (ただの映画好き日記)
京都の歴史の古い花街・下八軒。かつては大変なにぎわいを見せたこの花街も、いまは舞妓がひとりしかいないのが、悩みのタネ。