西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ロマンス  監督/タナダユキ

2015年09月14日 22時45分34秒 | 西京極シネマ
【出演】
 大島 優子
 大倉 孝二
 野嵜 好美
 西牟田 恵

【ストーリー】
鉢子は、特急ロマンスカーでアテンダントとして車内販売を担当している。その日も彼女は新宿駅を出発するロマンスカーに乗り込み、いつも通り真面目に仕事をこなしていた。するとどこから見ても怪しげな自称映画プロデューサーが乗っており…

【西京極の評価】
前もって云っておきますが、この映画に出てくる大島優子はカワイくないけど可愛いです。解り難いですか?AKB48時代のアイドル的カワイさは微塵もないけど、男として何かしてあげたくなる可愛さがある、という意味です。等身大の疲れた女の子を自然体で演じてます。大倉孝二も胡散臭いけど、どこか憎めない中年男を好演しています。すごく面白いという訳ではないけれど、観ていると癒される、そんな女性監督ならでは箱根周遊自分探しのロードムービーです。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆★★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝ち点1ひ~ろたっ♪ | トップ | (「・ω・)「ガオー  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

ロマンス/大島優子、大倉孝二 (カノンな日々)
タナダユキ監督が大島優子さんを主演に描くガーリーなロードムービー。予告編の雰囲気からすると初期のタナダユキ作品みたいなテイストでしょうか?なんでもタナダユキ監督が大島 ...
「ロマンス」:ロマンス要素はない映画です (大江戸時夫の東京温度)
映画『ロマンス』は、小田急グループの全面協力ってことで、ロマンスカーのPRはもと
ロマンス (勝手に映画評)
AKB48の元エース、大島優子のAKB卒業後初の主演映画。小田急ロマンスカーのアテンダントを描いているので、撮影に際しては小田急が全面的に協力。60000系MSEが撮影に使われています。って言うか、ロマンスカーって乗ったこと無いんだよなぁ。乗ってみたいなぁ。 なるほど...
ロマンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 大島優子主演、タナダユキ脚本・監督ということで、20、30代の女性が癒されるような作品だけど、おじさんからするとちょっと物足りなかった。大島優子もがんばっていたけど、多部未華子ほど踏み込んでいなかったし。  作品情報 2015年日本映画 監督:タナダユキ 出...
ロマンス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。タナダユキ監督。大島優子、大倉孝二、野嵜好美、窪田正孝、西牟田恵。小田急ロマンスカーで車中販売員を務める鉢子(大島優子)がなぜか一晩箱根周辺でアバンチュー ...
ロマンス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロマンス』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『紙の月』でなかなかの演技を見せた大島優子(注2)が主役というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、小田急の特急ロマンスカーのアテンダント(客室乗務員)の鉢子(大島優子)が車内販売をしていま....
映画 ロマンス (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    小田急ロマンスカーのアテンダント役に大島優子が挑戦!   しかも、ロマンスカーが舞台なので鉄道好きには   たまらない作品となっていました。   &nbsp...
ロマンス(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ロマンス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:小吉 2015年本目です。 【あらすじ】 小田急線の特急ロマンスカーでアテンダントとして働く北條鉢子(大島優子)はある日、乗客の映画プロデューサーを名乗る桜庭(大倉孝二)に...
ロマンス (Blue Blue Blue)
大島優子主演。 脇を固めるのが大倉孝二、西牟田恵ということもあり、 映画じゃくて舞台だったら、もっと面白かったんじゃないかな。 大倉孝二のボケが、舞台だったら客席大爆笑なんだろうけど、 映画館だと声を出して笑いづらい雰囲気。 エンディングも、舞台だったら...
『ロマンス』タナダユキ監督、大島優子、大倉孝二、野嵜好美、窪田正孝、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ロマンス』脚本・監督: タナダユキ出演 : 大島優子、大倉孝二野嵜好美、窪田正孝、他 物語・鉢子(大島優子)は、特急ロマンスカーでアテンダントとして車内販売を担当してい