西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ボーン・レガシー  監督/トニー・ギルロイ

2012年10月04日 00時37分10秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ジェレミー・レナー
 レイチェル・ワイズ
 エドワード・ノートン

【ストーリー】
CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロンが訓練を積んでいた。このボーンによる事件の余波でその「アウトカム計画」も明るみになる事を恐れた上層部は、関係者の抹殺を指示。かろうじて生き延びたアーロンは、研究者のマルタを訪ねるが、彼女もまた命を狙われていた。

【西京極の評価】
とにかく最初から最後まで走りっぱなしの逃げっ放し。そのせいでわずかながら存在するドラマ部分、会話部分が余計にかったるく感じてしまうのは仕方ないのか?そもそも僕はマット・デイモンが好きでないせいか“ボーン”シリーズ過去3作を観てません。なのでバックボーンがまったく分ってないのです。それでも単純に追っかけあいのシーンは楽しめましたし、今回マット・デイモンから主役をバトンタッチされたジェレミー・レナーは僕の好きなタイプなので、もしまた彼が主役で続編が作られたら観ても良いな~と思いました。ヒロインのレイチェル・ワイズも個性的な顔立ちで必死さがあって良いです。CIAはそこまでどんくさくないと思う…

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くまもとサプラ~イズ!! | トップ | 楊令伝 (十三~十五 完結)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えぇえええ! (sakurai)
2012-10-09 15:14:24
ボーン、見てないのですか!
それはもったいない。ぜひ見てください。
この際、マットが得手かどうかは気にせず、あれはよくできてる話だと思います。
知ってるからかもしれませんが、ボーンとあまり関係はないかなあと。結構独立した話だなあと思いました。
アクションはすごかったけど、サクサク感がもうちょっとほしかったかなあと感じました。
セリフに頼らず、先読みの行動で、見る方にわからせちゃうってのが、ボーンのうまさかな。

モンテ、這い上がれそうにないです。。。
来季もJ2かあ~。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2012-10-09 23:11:20
そうなんです、
ボーンシリーズ過去3作は観てないのです。
こないだも「スプレマシー」をTVで放映していたので
途中まで観ていたのですが、途中で用事が出来て…
今度落ち着いて観てみます。

「レガシー」サクサク感、足りませんでしたか?
僕はまぁまぁサクサク進んでたと思ったのですが…

モンテ、まだ諦めるのは早いでしょう。
残り6試合勝って、プレーオフ圏内には入りましょう。
…と、直接対決が済んだので気楽に言ってますが…(^^;)
小説「ボーン・レガシー」 (KGR)
2012-10-24 10:56:11
未読ですが、ジェイソン・ボーンの3部作に続く後日談だそうです。
一般人として暮らしていたジェイソン・ボーンが新たに何者かに命を狙われる。

将来、ジェイソン・ボーンの続きがやりなくなったらどうすんのかな、と気になりました。

ボーンとのつながりを意識させたいのはわかりますが、タイトルを変えた方が良かったかも。
KGRさんへ (西京極 紫)
2012-10-25 01:37:10
ジェイソン・ボーン3部作の後日談があるのですか?
それだとたしかにタイトルが被っちゃうと困りますね(苦笑)
その場合「ボーン・ビギンズ」とか「ボーン・リターンズ」とか
タイトル変えちゃうんでしょうかね?
いずれにしてもマット・デイモンがその気にならないと
実現しなさそうですが…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボーン・レガシー (あーうぃ だにぇっと)
ボーン・レガシー@TOHOシネマズ日劇3
ボーン・レガシー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
大ヒットしたマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズ三部作の脚本家トニー・ギルロイが今度はメガホンをとり同じ世界観、同じ時系列の中で新たな暗殺者アーロン・クロスを主人 ...
ボーン・レガシー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) エドワード・ノートンの存在感がひときわ目立った。
映画 『ボーン・レガシー』 (向う岸)
allcinema 『ボーン・レガシー』 ジェイソン・ボーンの死闘の裏で動いていたもう一つの 国家的陰謀を同時進行で描いていたのか。 表沙汰に出来ない国家の計画を全て停止し、計画に関わった工作員たちを 次々と殺害して行くが、主人公のアーロン・クロスは組織の追求....
ボーン・レガシー (そーれりぽーと)
むさ苦しい顔してるのに何故かハリウッドに好かれてブレイク中のジェレミー・レナーが“ボーン”の新シリーズを継いだ『ボーン・レガシー』を観てきました。 ★★★ さすがに“ボーン”シリーズが面白く変わった2作目『ボーン・スプレマシー』と3作目『ボーン・アルティ...
ボーン・レガシー (だらだら無気力ブログ!)
前半、ちょっと退屈・・・。
ボーン・レガシー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://bourne-legacy.jp/ ボーン3部作の裏側を描いた作品らしい。 ボーン3部作を観てから本作を観ようと思っていたんだけど、公開までに間に合わず。 本作だけを観て話が判るでしょうか? 最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドスト...
映画:ボーン・レガシー The Bourne Legacy 007の強敵が復活(笑)3連作越えのアクションが炸裂しまくり (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ボーンに続き、トレッドストーン作戦から膿みのように誕生した 新キャラクター。 演じるのは、最近超売れっ子の、ジェレミー・レナー(写真 左) 彼は、ここんとこ急激に超売れっ子に。 「28週後...」→「ハート・ロッカー」で正に爆発(笑)、続く「ザ・タウン」でい...
ボーン・レガシー (Akira's VOICE)
CIAは人間兵器を作りすぎ。  
ボーン・レガシー (ただの映画好き日記)
CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、
ボーン・レガシー (風に吹かれて)
計画はトレッドストーンだけではなかった俺の名前はNo.5 公式サイト http://bourne-legacy.jp監督・脚本: トニー・ギルロイ  「フィクサー」 CIAの極秘プログラム「トレッドス
ボーン・レガシー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOURNE LEGACY】 2012/09/28公開 アメリカ 135分監督:トニー・ギルロイ出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョーン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン ジェイソン・ボーンは氷山....
『ボーン・レガシー』 (こねたみっくす)
ボーン・シリーズの亜流として期待せずに見れば面白いが、新たなるボーン・シリーズとして少しでも期待して見ると終盤までは結構退屈。 シリーズの正式な続編にして、ジェイソン ...
ボーンレガシー (うりぼうのシネ煉獄)
 この映画… なんか… 「ナイト&デイ」とストーリー一緒じゃない?<emoji id="278">  ということで「ボーンレガシー」”ボーンの遺産”観てきました。  wikiによれば、当初同名小説を基にマット・デイモン主演で4作目が作られる...
映画「ボーン・レガシー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ボーン・レガシー」観に行ってきました。マッド・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが活躍する「ボーン」シリーズ3部作の裏で同時進行していた、CIAの計画を巡る戦いを...
ボーン・レガシー / The Bourne Legacy (勝手に映画評)
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』に繋がる、CIAの極秘プログラムを描いた映画。本来の原作に、同じ『ボーン・レガシー』と言うタイトルの作品もありますが、この作品はその原作をベースにしておらず、全く別の物語と....
「ボーン・レガシー」みた。 (たいむのひとりごと)
ジェイソン・ボーンのシリーズと世界を同じくして”アルティメイタム”と同時期に起こっていた別の話であり、”ホーク・アイ”が記憶に新しいジェレミー・レナーが主演ということで楽しみにしていた作品。・・だった
No.5 ~『ボーン・レガシー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOURNE LEGACY  ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の逃亡により、CIAの極秘計画が白日 の下に晒されようとしていた。国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード ・ノート...
★ボーン・レガシー(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE BOURNE LEGACY ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった 映時間 135分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/09/28 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 世界中で大ヒットした“ボーン”シリーズ3部作の続...
No.325 ボーン・レガシー (気ままな映画生活)
記憶を失ったスパイ、ジェイソン・ボーンの戦いを描いたロバート・ラドラム原作、マッド・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・ス ...
■ボーン・レガシー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第281回「新たに現れたその男は、新たなシリーズと成り得るか?」 マット・デイモン主演で記憶を無くしたCIA工作員の戦いを描いたボーン3部作。テンポの良い展開と良く練りこまれた脚本で大ヒットしました。そんなシリーズのスピンオフ的作品「ボーン・レガシー」...
ボーン・レガシー (The Bourne Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン”シリーズ。ただまぁ、スタジオがそう易々とヒットシリーズを手放すわけもなく、第4作...
ボーン・レガシー (こみち)
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが    うまく描かれてお...
[映画『ボーン・レガシー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆実は、この「ボーン」シリーズ、初めての鑑賞であった。  前三部作からは主役が代わったとのことで、物語も仕切りなおしで、とっつき易いかなと思い、見た。  最初は、前作との絡みで分かりにくかったが、どうにか理解できていると思う。  簡単に言うと、CIAと...
『ボーン・レガシー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ボーン・レガシー」 □監督・脚本 トニー・ギルロイ □脚本 ダン・ギルロイ □原案 ロバート・ラドラム □キャスト ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、       アルバート...
ボーン・レガシー (迷宮映画館)
意外性が薄れた感じがしたかなあ。
ボーン・レガシー (映画と本の『たんぽぽ館』)
決して飽きない加速度的緊張感とアクション                 * * * * * * * * * * 「ジェイソン・ボーンは氷山の一角に過ぎなかった。」 ということで、 ジェイソン・ボーンシリーズと同じ世界観で繰り広げられるもう一つのストー...
ボーン・レガシー ぶっ飛びおもろーいっ!さすが! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=40 -5-】 マット・デイモンの「ジェイソン・ボーン」3部作は観ていない、しかし、ジェレミー・レナーが好きなので観てみるのだ。  CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカ...
ボーン・レガシー (みすずりんりん放送局)
 『ボーン・レガシー』を観た。  【あらすじ】  最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を...
「ボーン・レガシー」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ジェイソン・ボーンは、氷山の一角に過ぎなかった~ 2012年  アメリカ映画    (2012.0928公開)配給:東宝東和    上映時間:135分監督:トニー・ギルロイ原作:ロバート・ラドラム原案:トニー・ギルロイ脚本:トニー・ギルロイ/ダン・ギルロイ衣...
映画『ボーン・レガシー』 (とらびし秘宝館)
監督 トニー・ギルロイジェレミー・レナー (Aaron Cross)レイチェル・ワイズ (Dr. Marta Shearing)エドワード・ノートン (Retired Col. Eric Byer)ジョアン・アレン (Pam Landy)デヴィッド・ストラザーン (Noah Vosen)スコット・グレン (Ezra Kramer)アルバ....
ボーン・レガシー (538ねん。)
今日の東京は昼前からドット雨が降ったり止んだりの日 骨折の固定を外す判断のため病院に雨の隙間縫って行き どううやら外してもらうことができまして 急激に普段に戻っちゃ駄目とは言われましたけど チョイ浮かれキミの雰囲気で映画に・・・ 骨折する前当たりからジェイ...
「ボーン・レガシー」 (prisoner's BLOG)
主役がマット・デイモンからジェレミー・レナーに変わったのは、同じ役で役者だけ変ったのかと思ったら違うのね。脇の人物も一部だぶっていて、同じ世界で別の主人公を立てた番外編。明らかに続きがある終わり方だけれど、どうつなげるのでしょう。 ジェイソン・ボーンは...
「最強のふたり」 (prisoner's BLOG)
うまく邦題をつけたものだと思う。障碍者ものにありがちな暗さも明るく前向きといった紋切り型も回避したし、内容もその通り。 障碍者といっても大金持ちあるいは大金持ちでも身体が動かないのでは、といった足し算引き算で人間を見ていないのが明るいところ。 ただ、片方...
アメリカ映画「ボーンレガシー」、ジェレミーレナー主演のボーン映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆      アクション好き ☆☆☆ これ、マッドデイモン主演で評判のボーンシリーズの番外編的な映画。 ボーンシリーズで、関係があるんだけど、別人の話で、ちょっとややこしい。 冒頭、海中でもがくシーンから、訓練らしいが、浮上すると雪原の滝...
ボーン・レガシー (B-scale fan's log)
公開中 トニー・ギルロイ監督     出演 ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、     レイチェル・ワイズ 他 新評価 3.0 予想外の事態の発生で猛烈に忙しかった9月。 家でも映画を見ていないので、 やっと時間が出来た(作った)のでふらり劇場に。...
映画『ボーン・レガシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロ...
ボーン・レガシー (銀幕大帝α)
ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった。 -感想- え?なにこれ。 すっごく普通なんですけど。 新鮮さも無ければ斬新さも無い。 在り来たりのアクション映画。 面白くない訳ではないけれど、これといった見所が余り無いのは考え物やなぁ。 展開も画で見せ...
ボーン・レガシー (いやいやえん)
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA...
ボーン・レガシー (RISING STEEL)
ボーン・レガシー / THE BOURNE LEGACY 2012年 アメリカ映画  ユニヴァーサル製作 監督:トニー・ギルロイ 製作:フランク・マーシャル  パトリック・クローリー  ジェフリー・M・ワイナー  ベン・スミス 製作総指揮:ヘンリー・モリソン  ジェニ...