西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

悪の法則  監督/リドリー・スコット

2013年11月27日 22時51分02秒 | 西京極シネマ
【出演】
 マイケル・ファスベンダー
 ペネロペ・クルス
 キャメロン・ディアス
 ハビエル・バルデム
 ブラッド・ピット

【ストーリー】
メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称・カウンセラーは、恋人ローラとの結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のライナーと手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリーも交えて新ビジネスに着手する。その仕事は巨額の利益を生むはずが…

【西京極の評価】
色々なレビューを読むと「難解」だの「退屈」だの厳しめの評価が目立った本作。それでも予告編を観た時から「コレは僕の好きな映画だ!」と直感して観に行くと決めていました。で、感想。面白かった!退屈なんかしなかった。この弁護士がやろうとしていた裏ビジネスとは何だったかとか、組織の黒幕は誰だったのかとか、確かに不明瞭なところは多々ありましたが、この手の闇組織を題材にした場合、あまりはっきり全貌が分かるとリアリティがなくなる。訳が分らない事で主人公により感情移入出来ました。訳が分らない事こそ怖さなのです。そして普段は依頼人の相談役となる弁護士が、追い詰められて色んな人間に「どうすればいい?」と訊いて回るこの皮肉な展開。原題『THE COUNSELOR』ってのが最高のブラックユーモアとなっています。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/24 第42節 栃木SC戦 (... | トップ | 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相互リンクのお願い (stepmonrin)
2013-11-29 10:18:48
はじめまして西京極 紫の館の作者さん。

この場をお借りしてで申し訳ございません。
「サッカーバカだす!」のブログ記事を書いているstepmonrinです。

今日は、相互リンクのお願いでコメントさせていただきました。

ご訪問させていただき、是非、相互リンクしてもらえればと思いコメントいたしました。

西京極 紫の館の作者さんのブログは、こちらのブログにリンクさせていただきましたのでご確認お願いします。

私のブログは、
「サッカーバカだす!」
URL⇒http://step-monrin.jugem.jp/ ←ブログURL
になります。

宜しければで結構ですので、ご検討よろしくお願いします。
stepmonrinさんへ (西京極 紫)
2013-11-30 09:18:59
はじめまして、stepmonrinさん!
サイト拝見致しました。
サッカー愛にあふれてますね~!

相互リンク、了解しました。
早速こちらもリンクさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
悪の法則 (そーれりぽーと)
リドリー・スコットがメガホンを撮った、豪華キャストの犯罪映画と言うことで期待していた『悪の法則』を観てきました。 ★★ 1クールドラマを2時間にまとめてみたけど、語る場面や見せ場ばっか繋いでしまったせいで脈略端折り過ぎてさっぱりわからない、ナレーションを...
悪の法則~カーセックスの本当の意味 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Counselor。コーマック・マッカーシー原作、リドリー・スコット監督、マイケル・ファスベンダー、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム ...
悪の法則 (だらだら無気力ブログ!)
イマイチ面白みに欠ける。
『悪の法則』 (こねたみっくす)
ホンモノの悪を甘く見るな。 目的のためなら手段は選ばない、人命も気に掛けない、そして言い訳も常識ではなく理にかなったもの以外は通じない。それがホンモノの悪。 全編を通し ...
悪の法則 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.foxmovies.jp/akuno-housoku/ 予告に惹かれるものはなかったんだけど、嫁にせがまれて、吹替え版で鑑賞してきた。 でも、ヤフー映画の評価が60件で2.54てどうなのさ? メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイ....
悪の法則 (本と映画、ときどき日常)
監督 リドリー・スコット 出演 マイケル・ファスベンダー     ベネロペ・クルス     キャメロン・ディアス お金の為に麻薬ビジネスに足を踏み込んだ有能な弁護士。 彼や、その仲間達が否応なしにも堕ちていくお話。 豪華キャストです。 上記以外にも、ブ....
悪の法則  ★★★ (パピとママ映画のblog)
マイケル・ファスベンダーにブラッド・ピット、ペネロペ・クルスにキャメロン・ディアスにハビエル・バルデムという豪華スターが共演した心理サスペンス。欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険なわなにハマり否応なく堕(お)ちて行く...
悪の法則 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE COUNSELOR】 2013/11/15公開 アメリカ R15+ 118分監督:リドリー・スコット出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット 罪を、選んだ。 [Story]メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称....
「悪の法則」 (ここなつ映画レビュー)
超豪華キャスト。マイケル・ファスベンダーが霞む程。ハビエル・バルデムにブラッド・ピット、キャメロン・ディアスにペネロペ・クルス。監督は超大物のリドリー・スコット。 邦題は秀逸。正に「悪の法則」によって、抗おうとしても抗う事のできないその定め。すべか...
悪の法則 (みすずりんりん放送局)
 『悪の法則』を観た。  【あらすじ】  メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と手を組み、裏....
悪の法則 / The Counselor (勝手に映画評)
監督がリドリー・スコットで、出演俳優陣がマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピットと言う錚々たるメンバー。凄い作品が予想されるんですが・・・。 いやぁ、一体全体どう言う映画なんですかね? って...
『悪の法則』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「悪の法則」 □監督 リドリー・スコット□脚本 コーマック・マッカーシー□キャスト マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、       ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット■鑑賞日 11月17日...
■悪の法則 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第329回「超一流のキャストを使って、超一流のB級映画を観たかんじ。」 先週の土曜日にミニシアター系の映画館で「トランス」を鑑賞してしまったので、観たい映画が重複してしまいました。劇場の窓口の直前までどちらを観るか悩み続けていました。「悪の法則」と「キ....
悪の法則 (映画的・絵画的・音楽的)
 『悪の法則』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作に主役級の俳優が5人も揃って出演するというので興味を掻き立てられ(注1)、映画館に足を運びました。  映画の原題は「Counselor(弁護士)」で、映画の中でも単にカウンセラーと呼ばれる弁護士の男(マイケル・...
カウンセラーの失敗~『悪の法則』 (真紅のthinkingdays)
 THE COUNSELOR  メキシコ国境の町、エル・パソ。若くして成功した弁護士(マイケル・ファスベン ダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を考えていた。自らを過信した 彼は、麻薬絡みの危ないビジネスに手を染める。  ↑ いつも...
悪の法則 (シネマ日記)
ま、当然キャストの豪華さプラスリドリースコット監督ということで見に行きました。下調べせずに行ったのですが、「ノーカントリー」のコーマックマッカーシーが書いた脚本だったのですね。あー、分からんはずやわ。あれだけ評判の良かった「ノーカントリー」、ワタクシは...
[映画『悪の法則』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆悪くないが、これは、商業ベースに乗せたいだろう作品としては厳しい気がした。  完成度もいいのだが、私が求めるリドリー・スコット監督の姿は微塵も感じられなかった(どなたか、バカな私に教えてくれ^^;)。  予告編で、「誰が悪か?」みたいにキャッチコピー...
「悪の法則」 人と運命、獣と弱肉強食 (はらやんの映画徒然草)
本作が始まる時「劇中のスペイン語は制作者の意図により字幕が出ない」という内容のお
「悪の法則」 (prisoner's BLOG)
商業映画の枠を踏み越えてひとつの文体を貫徹した映画。 脚本のコーマック・マッカーシーの存在が、セリフだけでなく映画そのものの文体を獲得し、商業ベースで作られる基礎になっていると想像する。 結果として、芸術とも娯楽ともつかないという評価も表裏一体で張り付く...
「悪の法則」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Counselor )つまらない。“何かあるぞ”と思わせて、実は“何も無い”という困ったシャシンである。せいぜいが“人間、ヤバいことに手を出さずに地道に生きるのが一番”といった退屈な道徳論もどきが転がっている程度。リドリー・スコット監督もいよいよ...
悪は操り、操られる (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「悪の法則」を鑑賞しました。 弁護士は実業家のライナーと手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリーも交えて新ビジネスに着手する それは裏社会ビジネス、しかしその計画が崩れ始め・・・ 悪に手を染め追いつめられていく、ただそれだけのス....
悪の法則 (銀幕大帝α)
THE COUNSELOR 2013年 アメリカ 118分 サスペンス/犯罪 R15+ 劇場公開(2013/11/15) 監督: リドリー・スコット 『プロメテウス』 製作: リドリー・スコット 出演: マイケル・ファスベンダー:カウンセラー ペネロペ・クルス:ローラ キャメロン・ディアス....
【映画】悪の法則…内容もキャメロン・ディアスの顔も怖い名作 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
お久しぶりです。 さて、最近の一番大きな出来事… 2014年6月22日(日曜日)にルンバ(※ロボット掃除機)を買ったことでしょうか。 なかなかの優れモノです ダイソンで人間が15分掃除するより、ルンバが数時間掃除続ける方が部屋は確実に綺麗になります。割とお高い買...
悪の法則 (いやいやえん)
「黒幕は誰だ」という煽り広告が全然違う内容の話(黒幕が誰かなんてメインの話ではない)。小難しいと聞いていたが、そうでもなかった。しかも台詞回しがやたらと思わせぶりなのがなんだか嫌な感じだ。一瞬の隙で文言に翻弄されストーリーに追いつけなくなる。 婚約...
悪の法則 (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:CS、字幕  リドリー・スコット監督、豪華キャストで描かれるサスペンスドラマ。2013年。  あの「ノー・カントリー」の原作者による書き下ろし脚本、それを豪華キャスト、リドリー・スコット監督で映画化!とくれば期待せずにはいられない!!  …と...