西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

マニアック  監督/フランク・カルフン

2013年07月02日 23時08分02秒 | 西京極シネマ
【出演】
 イライジャ・ウッド
 ノラ・アルネゼデール

【ストーリー】
真夜中の町で女性のみがターゲットにされた猟奇殺人が次々と発生し、犠牲者は全員、毛髪ごと頭皮をはがされていた。マネキンの修復師フランクは生身の女性を愛することができない上に、誰にも言えない恐ろしい秘密を抱えていた。そんなある日、彼は仕事の芸術性をわかってくれる美しい女性カメラマンのアンナと出会い、彼女こそ運命の女性と信じ込んでいたが、アンナは友人以上の感情を持っておらず…

【西京極の評価】
徹底した一人称視点で80年代のカルト映画をリブートした佳作。お話自体はまぁよくある幼少期のトラウマを持ったサイコ野郎が、トチ狂ってセクシー姉ちゃんを殺しては頭の皮を剥ぐというオリジナルの通りの展開。一人称視点にこだわる事で映像はアートっぽくなるし、観客を殺人鬼本人になった様な錯覚をさせようという狙いも良いと思う。ただオリジナル版の殺人の生々しさはなくなってしまった。主演のイライジャはなかなかの熱演ですが、ど~してもLOTRのフロドが指輪の呪いで気が変になった様に見えてしまいます…(苦笑)

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の方程式  監督/西谷 弘 | トップ | やりたい放題♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2014-09-23 11:28:55
このテの作品でPOVというのはなかなか新鮮で良かったと思いますが、
おっしゃる通りオリジナル版の生々しさはまったく感じられなかったですね。
ONE OF THE BROKENさんへ (西京極 紫)
2014-09-23 11:59:39
コメントありがとうございます。

オリジナル版の皮剥ぎシーンは
今観ると幼稚な特殊メイクながら迫力がありました。

さすがに主役がイライジャくんなので、
あまりドギツイ演出は出来なかったのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マニアック (シネマ名画座)
今日は『マニアック』についてです。
マニアック ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ウィリアム・ラスティグ監督による1980年の同名映画を、「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャ&「アーティスト」のトマ・ラングマン製作、「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッド主演でリメイクしたサスペンススリラー。 ロサンゼルスで両親が経営していた....
マニアック (Memoirs_of_dai)
変態サイコ野郎となったフロド 【Story】 ロサンゼルスで両親からマネキン店を継ぎ、マネキンの修復師として暮らすフランク(イライジャ・ウッド)。幼い頃のトラウマから生身の女性を愛せなくなった彼...
マニアック (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(10) 主要なアイテムに釣られまくって観に行ったものの
『マニアック』(イライジャ・ウッド版) (ラムの大通り)
(原題:MANIAC) ----『マニアック』? ニャんだか恐そうな映画。 えっ、でもイライジャ・ウッドが出てるの? 「そう。 実はこれ、ウィリアム・ラスティグが80年に作った 同名作品のリメイク。 一言で言えば、連続女性猟奇殺人者の話。 プレスではショッキング・バイオレ...
マニアック (銀幕大帝α)
MANIAC 2012年 フランス/アメリカ 89分 ホラー/サスペンス R15+ 劇場公開(2013/06/01) 監督: フランク・カルフン 『P2』 製作: アレクサンドル・アジャ 脚本: アレクサンドル・アジャ 出演: イライジャ・ウッド:フランク ノラ・アルネゼデール:アン...
マニアック (いやいやえん)
出たよ変なぼやけ…この配慮はいまさら誰得なの? 若い女の頭の皮を剥いで持ち去るという、残忍な連続殺人を繰り返す、マネキンしか愛せない男。 イライジャ・ウッド主演&製作、アレクサンドル・アジャ脚本という作品ですが、ゾンビやオカルトなどのP.O.Vとはまた...